※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

ファイルを解凍する方法

 

ZIPファイルを解凍し、JPEGに戻して写真として見ることが出来るようにします。

 

ZIPファイルを解凍するには、解凍ソフトを導入しなければなりません。

 

 

「窓の杜」というWindows用オンラインソフトを紹介するサイトでダウンロードすることができます。

 

   窓の杜のトップページはこちら。

   圧縮・解凍・ランタイムはこちら。

 

 

どれを選べばいいかを決められない方は、以下の内の一つを勧めます。

 

 +Lhaca DLL不要のLhasa風圧縮・解凍ソフト

 

 LHAユーティリティ32 エクスプローラ風の圧縮・解凍ソフト

 

 Lhaplus 20種以上の圧縮形式に対応したDLL不要の圧縮・解凍ソフト

 
 

 


上記のソフトの名前を押すとダウンロードが始まります。

 

解凍ソフトを保存する場所は、どこでも自由です。

 

   ここを参考にするとわかりやすいかもしれません。

 

   また、使い方はここを参考にするとわかりやすいかもしれません。

 

詳しくは、ダウンロードしたソフトに同梱されている「Reedme」というテキストにあります。

 

このwikiにあるZIPファイルを、上記のように解凍すると、写真を見ることが出来ます。

 

その写真をお持ちのプリンターでプリントアウトして下さい。

 

あるいは、お持ちのメディアに移行して、写真屋さんの店頭でプリントアウトして下さい。

 

トップページへ戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー