※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【クラス】アーチャー
【真名】ゲルトルート・バルクホルン
【出典】ストライクウィッチーズ
【性別】女性
【属性】秩序・善

【パラメーター】
筋力:C+ 耐久:C 敏捷:E(B) 魔力:B 幸運:B 宝具:D

【クラススキル】
対魔力:C
 第二節以下の詠唱による魔術を無効化する。
 大魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。

単独行動:B
 マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。
 ランクBならば、マスターを失っても二日間現界可能。

【保有スキル】
巨人殺し:B
 自身より巨大な敵と戦い、打倒してきた逸話に基づくスキル。
 その豊富な戦闘経験により、巨大な敵と戦う際には、命中率・回避率・クリティカル率に補正がかかる。

怪力:C
 一時的に筋力を増幅させる。
 本来は魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性であり、バルクホルンは自身の固有魔法によって、このスキルを得ている。
 使用する事で筋力をワンランク向上させる。持続時間は“怪力”のランクによる。

魔力放出:C
 武器、ないし自身の肉体に魔力を帯びさせ、瞬間的に放出する事によって能力を向上させる。
 バルクホルンの場合、銃弾の強化や、ウィッチの持つ標準的な戦闘技術・魔力バリアという形で行使される。

【宝具】
『天に挑みし白狼の牙(フラックウルフ Fw190)』
ランク:D 種別:対人宝具(自身) レンジ:- 最大補足:-
 魔力を動力にする「魔導エンジン」により駆動される機械装置・ストライカーユニット。
 機械制御により魔力運用を効率的に行うことが可能で、これを装着することにより、飛行魔法を行使し空戦を行うことが可能。
 バルクホルンの愛用するフラックウルフは、元ウィッチの設計主任の下で開発されたこともあり、頑丈かつ操作性に優れた機体となっている。
 これを装着した際、バルクホルンの敏捷ランクは3ランク向上する(ランクB)。

『蒼天に舞え赤鉄の靴(Me262v1)』
ランク:D 種別:対人宝具(自身) レンジ:- 最大補足:-
筋力:B 耐久:B 敏捷:A 魔力:B 幸運:D 宝具:D
 かつてバルクホルンがテスト運用を行った、試作型のストライカーユニット。
 従来のストライカーユニットはレシプロ式となっていたが、本機はジェット式となっており、その他当時の最先端の技術が注ぎ込まれている。
 しかし本機には、装着者の魔力を過剰に吸い取り、かつ装着者が意識を失っても吸収し続けるという致命的な欠陥があり、そのままでの採用は見送られることとなった。
 燃費が悪く戦闘可能時間は極端に落ちるが、その分瞬間的な爆発力があり、上記のようにステータスがアップする(幸運のみ減少)。
 なお、本来は上記の問題点を改善したユニットの使用経験もあるのだが、実戦での使用記録がなかったため、宝具となるまでには至らなかった。

【weapon】
MG42S機関銃
MG131重機関銃
MG151/20機関砲
パンツァーファウスト
レヌスメタルMK108 30mm機関砲
レヌスメタルBK-5 50mmカノン砲
 戦闘時に用いる銃火器。下2つは重量の兼ね合いから、使用は宝具『蒼天に舞え赤鉄の靴(Me262v1)』発動時にのみ限られる。

ディアンドル
 南カールスラントの民族衣装。胸元の開けたブラウスとジャンパースカート、エプロンからなる。
 もちろん戦闘装束ではないが、これを着用した写真が、資料として残されていたため、所有していた。

【人物背景】
異次元から現れた謎の金属体・ネウロイ。
地球を侵攻するこれらを撃退するために結成された、第501統合戦闘航空団「ストライクウィッチーズ」のメンバーである。
帝政カールスラント(ドイツに相当する国家)出身で、19歳の姿で現界している。
激戦区カールスラントで戦い抜いた一流のウィッチであり、250機を超えるほどの撃墜数を誇る。
実妹をネウロイの襲撃から守れなかったことから、一時期は自責に駆られ死に急ぐような戦い方をしていたが、後に改善された。

絵に描いたような軍人気質で、生真面目かつ理性的に行動しようと己を律している。
ただし本質的には気が短い方であるため、カッとなりやすく、周囲からは説教臭いと思われがち。
とはいえ四六時中ガミガミと怒鳴っているわけではなく、何だかんだで部下の面倒を見たりもしている。
「戦闘中も常に二番機を視界に入れている」とは、戦友ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケの言。
実は極度のシスコンであり、いわゆる妹キャラの人間に対しても、何かと気にかけたり世話を焼きたがる癖がある。

固有魔法は「筋力強化」。他のウィッチに比べて身体強化魔法の効果が強く、瞬発的に怪力を発揮することも可能。
これ自体は直接的なネウロイへの攻撃手段となったり、特別な効果を得られたりするような魔法ではないが、
スタミナ向上による高い継戦能力の実現や、重量級の銃器を装備可能な積載能力の確保といった形で機能している。
この魔法でこれだけの戦績を残すことができたという事実が、バルクホルン自身の戦闘技術の高さを物語っていると言えるだろう。

【サーヴァントとしての願い】
ネウロイの侵略をなかったことにする

【基本戦術、方針、運用法】
サーヴァントとしての能力は平均的。強いて言うなら、空戦能力が最大の特徴か。
空を自在に飛べるという点は、単なる数値以上の利点となるため、これを活かして立ち回りたい。
マスターときっちり役割分担をして、連携を取って戦えば、十分な戦果を上げられるだろう。


添付ファイル