乙女心 万里花

カードの使用制限に関するルール 対象カード (【ネオスタンダード/タイトル限定】デッキ1枚制限)
NK/W30-052
カード名:乙女心 万里花
カテゴリ:キャラクター
色:赤
レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《警察》《鍵》

【自】 記憶 このカードがアタックした時、あなたの思い出置場の「約束のペンダント」が2枚以上なら、あなたは相手に1ダメージを与えてよい。 (ダメージキャンセルは発生する)
【自】[② 手札を3枚控え室に置く] この能力は1ターンにつき1回まで発動する。このカードのバトル相手がリバースした時、他のあなたの《鍵》のキャラが2枚以上なら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードをスタンドする。

それでは楽様!また明日学校で!ごきげんよう!!

レアリティ:RR SP

  • 14/08/09 今日のカード
  • 14/08/22 今日のカード

発売前の早くからその危険性が問われていた、再スタンドと『記憶』を条件としたノーコストのバーンを兼ね備えている、とにかく詰めに特化したレベル3キャラ。

アタック時バーンの方は「約束のペンダント」を2枚以上思い出に送ることが条件となっている。このカードを3枚並べるだけで、2点×3回+1点×3回のアタックになる。クライマックスを使えれば、3点×3回+1点×3回となり、かつて猛威を振るったトラブルガール ハルヒを思わせる怒涛のアタックに。さらに再スタンドが成功すれば、そのままゲームエンドまで持って行ける確率はかなり高くなるだろう。

再スタンドの方は、コストがストック2+手札3となっており、同系統の能力の例に漏れず非常に重い。が、再スタンド後の2回目のアタックでも上記のバーンが発動するため、起き上がった場合の恩恵は他の再スタンド能力よりも頭一つ抜けて大きい。また、相手をリバースさせてからコストを払ってスタンドするタイプなので、スタンド後にリバースする心配もなく、無駄払いが起きないのも高評価。
なお、「約束のペンダント」が無くても再スタンド効果が使える点から、「約束のペンダント」選抜以外のデッキでも投入できる。
相手をリバースさせるにあたっては、このカード自身のパワーが10000から上がらないため、後列から支援したうえで、なるべくパワーの低い相手を狙いたい。相手の舞台にパワーの高いレベル3しかいないのならば、初コイ 千棘などのパワーパンプや青の約束のペンダントを使うのも悪くない。

しかし、このカードの最大の長所はどちらの能力にもクライマックスを必要しない事。回収手段が豊富なニセコイでは手札に持ってくるのも容易だったことから、全盛期にはLv3になった途端に舞台にぞろぞろと登場し、たとえ相手がLv2であろうとも一瞬で勝負が決まることも多かった。→マリオカート

  • 前述の性能から、このカードの能力が判明した時点から、あまりの強さに物議を呼んだ。
    • 今までのタイトルではイベントの回収手段がほとんど存在しなかったことから、テストプレイの段階で「このカードの能力は強力だが、イベントを2回使うのは相当困難である」と判断されたと思われる。ところが「約束のペンダント」自体の効果が汎用性が高く、さらにニタモノ 楽などの回収キャラが存在したことによって『記憶』達成が極めて容易になってしまい、実際の環境では、開発側の予想を大幅に上回る性能を発揮した。
    • 結果として、WGP2014日本国内優勝者の12人のうち9人、ベスト4進出者で見ても7割以上がこのカードを使用したデッキという結果となり、とあるの夏も顔負けの猛威を振るった。 これらの結果を受けてか、通常は大会全日程後終了後しか行わない「カードの使用制限に関するルール」の更新を、全国決勝大会直前に実施することが決定した。
    • 2014年12月22日、同29日発効として、ついに ネオスタンダード/タイトル限定で1枚制限 に指定されることになった。更に『記憶』の条件である各種「約束のペンダント」、『記憶』達成を容易にしていたニタモノ 楽、擬似リフレッシュ持ちの白衣の天使 小咲も3種選抜に指定された。

・関連カード
カード名 レベル/コスト スペック 備考
約束のペンダント 1/1 EV
約束のペンダント 1/1 EV
約束のペンダント 1/1 EV
約束のペンダント 1/1 EV

参考:英語版について
+ ...
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。