乙女心 万里花

カードの使用制限に関するルール 対象カード (【ネオスタンダード/タイトル限定】デッキ1枚制限)
NK/W30-052
カード名:乙女心 万里花
カテゴリ:キャラクター
色:赤
レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《警察》《鍵》

【自】 記憶 このカードがアタックした時、あなたの思い出置場の「約束のペンダント」が2枚以上なら、あなたは相手に1ダメージを与えてよい。 (ダメージキャンセルは発生する)
【自】[② 手札を3枚控え室に置く] この能力は1ターンにつき1回まで発動する。このカードのバトル相手がリバースした時、他のあなたの《鍵》のキャラが2枚以上なら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードをスタンドする。

それでは楽様!また明日学校で!ごきげんよう!!

レアリティ:RR SP

  • ニセコイ収録
  • 14/08/09 今日のカード
  • 14/08/22 今日のカード

ヴァイスシュヴァルツでは数少ない、異なる2種類の非CXコンボ詰め能力(バーン・再スタンド)を持ったレベル3キャラ。

アタック時バーンの方は「約束のペンダント」を2枚以上思い出に送ることが条件となっている。再スタンドの方は、コストがストック2+手札3となっており、同系統の能力の例に漏れず非常に重い。が、再スタンド後の2回目のアタックでも上記のバーンが発動できるため、起き上がった場合の恩恵は他の再スタンド能力よりも頭一つ抜けて大きい。また、相手をリバースさせてからコストを払ってスタンドするタイプなので、スタンド後にリバースする心配もなく、無駄払いが起きないのも高評価。
相手をリバースさせるにあたっては、このカード自身のパワーが10000から上がらないため、後列から支援したうえで、なるべくパワーの低い相手を狙いたい。相手の舞台にパワーの高いレベル3しかいないのならば、初コイ 千棘などのパワーパンプや青の約束のペンダントを使うのも悪くない。
一方お化け役の千棘など各種美夏互換と、古典的な罠のようなリバース回避手段には無力な点に注意。

回収手段が豊富なニセコイでは手札に持ってくるのも容易だったことから、全盛期にはLv3になった途端に舞台にぞろぞろと登場し、たとえ相手がLv2であろうとも一瞬で勝負が決まることも多かった。(とあるの夏参照)

  • 環境がほぼニセコイ一色に染まったことを受けて行われた2014年末のカード使用制限ルールの改定によって、ネオスタンダード・タイトル限定で1枚制限に指定されることになった。ただし、「発売から制限がかかるまでの期間が短かった」との理由から、制限から翌2015年8月30日まで、カード名に「万里花」を含むキャラ、赤の約束のペンダント(NK/W30-071)、あなたのためなら…10年間の想いアドリブ交わした約束のみの構築(=いわゆる「キャラ単構築」)の場合に限り、例外的にこのカードを4枚投入することができた。

・関連カード
カード名 レベル/コスト スペック 備考
約束のペンダント 1/1 EV バーン条件
約束のペンダント 1/1 EV
約束のペンダント 1/1 EV
約束のペンダント 1/1 EV

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。