飛鷹型軽空母2番艦 隼鷹

※カードの使用制限に関するルール 対象カード (【ネオスタンダード/タイトル限定構築】使用不可)
KC/S25-028
カード名:飛鷹型軽空母2番艦 隼鷹(じゅんよう)
カテゴリ:キャラクター
色:黄
レベル:2 コスト:1 トリガー:1
パワー:6000 ソウル:1
特徴:《艦娘》《軽空母》

【永】このカードは相手の効果に選ばれない。
【永】他のあなたの《艦娘》のキャラすべてに、ソウルを+1。

商船改装空母、隼鷹でーすっ!ひゃっはぁー!

レアリティ:C

特徴《艦娘》への永続ソウルパンプと、アンタッチャブルをもつ軽空母。

全体ソウルパンプを永続で行えるというのは使用者側に大きなアドバンテージとなる。優勢ならば打点が大きく引き離せるし、劣勢で盤面が全枠チャンプになったとしても同等のダメージレースを行えるからである。
全体のソウルを上げるには、一般的にCXを使う以外にはレベル3のCIP能力くらいしか有用な手段がないことを考えると、一度出してしまえばその恩恵を永続的に得られるこの効果がどれだけ強烈なものかがわかる。

また、1つ目の能力によるアンタッチャブルも地味にいやらしく、バウンスやレベル2以下のトップ/ボトム送りの効果に選ばれないだけでなく、このカード自身のアタックに対してホラーは苦手互換のカードなどを使えないのも地味に響く。

同タイトル内の各方面にぶっ飛んだテキストを持つレベル3のカード群に隠れがちだが、ネオスタンではこのカード1枚で勝敗がひっくり返る可能性を秘めたパワーカードである。大和型戦艦2番艦 武蔵をはじめとする詰め能力を持つレベル3が多数存在しており、そのいずれとも親和性が高い。特にトーナメントシーンで活躍していた黄緑島風型のフィニッシャーである赤城型正規空母 赤城改のCX連動や武蔵との相性が非常に高く、山札の圧縮があまりよくない場合レベル2の半ばからでも相手を倒しにいけるほど。同タイトルを2014年上半期環境においてトップメタに押し上げていた要因のひとつである。

その他にも【メタ型艦これ】のキーカードである陽炎型駆逐艦7番艦 初風暁型駆逐艦2番艦 響や、奇跡の駆逐艦 雪風など擬似的にハンドアドバンテージやボードアドバンテージを稼げるカード群でのチャンプビートも凶悪で、特に相手のキャラが場に残るという事自体が前述の赤城改のCX連動の発動を助けるため相手としてはたまったものではない。このカード自体も島風型駆逐艦 島風天龍型駆逐艦1番艦 天龍改のCX連動などで容易に手札に加えられるため場に登場しない事の方が珍しい。

  • 上記の原因から、2014年上半期制限改訂においてドジっ娘 電大和型戦艦2番艦 武蔵との3種選抜に指定された。その後も活躍が続いたことから、WGP2014全国決勝大会直前の制限改訂において、ネオスタンダード/タイトル限定の禁止カードに指定された。

参考:英語版について
+ ...
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。