“Kaleidoscope”イリヤ

PI/SE18-17
カード名:“Kaleidoscope”イリヤ
カテゴリ:キャラクター
色:青
レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《マスター》《魔法》

【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時か『 チェンジ 』で舞台に置かれた時、あなたは2枚まで引き、自分の手札を1枚選び、控え室に置く。
【自】[手札の「クラスカード セイバー」を1枚控え室に置く] あなたのクライマックス置場に「クラスカード セイバー」が置かれた時、他のあなたの「“Kaleidoscope”美遊」がいるなら、あなたは自分の山札の上から1枚を、控え室に置く。そのカードのレベルが1以下なら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたのキャラすべてに、そのターン中、次の能力を与える。『【自】 このカードがアタックした時、相手に1ダメージを与える。』 (クライマックスのレベルは0として扱う。ダメージキャンセルは発生する)

美遊がしてくれたみたいに、私だって美遊の力になりたい!

レアリティ:R


【Kaleidoscope】デッキのキーカードで、登場時の手札補充と豪快なCXシナジーを持つLv3。手札補充によって対応CXクラスカード セイバーを手札に引き込みやすくなっている。
相方の“Kaleidoscope”美遊とは異なり、チェンジ元の夢見がちな少女 イリヤが+1000応援なので無理なく採用しやすく、詰めにかかるターンで一気に展開できるのが強み。
もっともチェンジ元はレベル2なので後半の効果との相性が悪く、無理にチェンジ元を採用する必要はない。

CXシナジーはアニメ最終回の原作再現による全体バーン付与。
「同名のCX2枚」「自分の場に“Kaleidoscope”美遊がいる」「山札の上のカードがレベル1以下でなければ使用できない」と条件がかなり厳しく設定されている。“Kaleidoscope”美遊のCIP能力やゲートトリガーを活かしてなんとしても発動させたいところ。ただし、こちらは“Kaleidoscope”美遊と違ってこのカード自身が前列にいる必要はないので、前列にソウル1のキャラを複数並べてアタックのソウルを調節したりもできる。
対応クライマックスを3枚、4枚所持して場のこのカード3枚すべてが条件を達成すると、1点バーンが6~9回飛ぶというとんでもない状況も発生する。
「経験」持ちが多いタイトルなのが辛いところだが、デッキトップをレベル1以下にするためになるべくデッキに投入するLv2位上のキャラ枚数は厳選していきたい。

2期ブースターでレベル1の後列候補として素直な気持ち クロのほか、デッキトップを確認できる“必然”? イリヤ料理は愛情 イリヤなどこのカードと相性の良いカードが多数登場。
これらのサポートカードをフル活用すれば難しいCXシナジーの発動にも大きく近づけるだろう。

・対応クライマックス
カード名 トリガー
クラスカード セイバー 1・門

・関連カード
カード名 レベル/コスト スペック 備考
夢見がちな少女 イリヤ 2/1 3500/1/1 チェンジ元
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。