最期のステージ

&autolink
SG/W19-071
カード名:最期のステージ
カテゴリ:イベント
色:赤
レベル:2 コスト:1 トリガー:0

あなたは自分の《音楽》のキャラを2枚まで選び、そのターン中、パワーを+2500し、次の能力を与える。『【自】[①] このカードのバトル相手がリバースした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室のキャラを1枚選び、手札に戻す。』

奏「翼……、思いっきり唄うとな、
すっげぇ腹減るみたいだ、ぞ――」

レアリティ:U
illust.

レベルがあがってコストもかかるようになり対象は《音楽》限定になったが、パワーパンプ効果が追加されたS級クエスト

回収効果を使用するためには相手リバースが必要なため、パワーパンプ効果が付随してきたのは非常に都合がいい。
2体とも効果を使用できれば相手のキャラを2体減らしつつ自分はキャラ2枚を回収、と多大なアドバンテージ差を稼げる。
なによりも同ターン内での使用制限や自動能力の発動制限もないため、ストックさえあれば1ターンに2、3枚連発する事で手札を減らすどころか逆に増やしながら相手の早出しを狩りにいけるというのが最大の強みである。
ネオスタン環境においても、早出しを用いずとも決着の時 クリス唄うことの喜び 翼といった高パワーキャラと組み合わせる事で容易に助太刀補正分を加えたパワーを超える事が可能。

とはいえキャラを2枚回収するために合計3コスト消費というのはなかなか重く、
この効果で回収したキャラは助太刀を除き次のターン以降にしか使用できない。
また、手札のキャラがパワーパンプ効果を追加しても相手のキャラを倒せないようなパワーが低いキャラばかりだった場合は
このイベントはほぼ死に札となってしまうし、相手が前列にキャラを1体しか残さなかった場合にはコスト効率が悪くなる。

このように決して万能ではないが、1枚でパワーパンプとキャラ回収を両立できる優秀なイベントであり、
使いどころを見極めれば勝利に大きく貢献してくれるだろう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。