総評 > 魔法少女まどか☆マギカ

タイトル基本データ


作品番号

MM

エクスパンション

セット名 セット番号 エキスパンション形式 セット枚数 備考
魔法少女まどか☆マギカ W17 BP/TD 100
+TD限定5
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語 W35 BP 101
(新規100+再録1)

特徴

お茶の間から業界、そして世界にまで一大ムーブメントを巻き起こした魔法少女アニメがヴァイスシュヴァルツに参戦!

主要特徴は《魔法》。チェンジタイミングは「ドローフェイズ」。

その名の通り、《魔法》のキャラとその特徴にシナジーした効果が主となるタイトル。
本編で魔法少女サイドに踏み入っていないまどかママと上条くんとまどかの友達を除いて、ほぼ全てのカードが《魔法》を持っているのが大きな特徴。

発売当初は“戦い続ける”ほむらを軸とした圧縮耐久デッキが流行していたが、後に強固なパワーラインを持つ美樹 さやか・レベル応援の揺れ動く気持ち まどかからのチェンジに対応するアルティメットまどかの2種のCIP回復持ちを主軸に据えた回復耐久デッキがトーナメントシーンを席巻。
回復メタが登場した後もさやかの願い回復メタに引っかからないことから活躍が続き、PRとして配布された希望と諦念 ほむらによって高い詰め能力も得たことから、長らく追加パックの無かったタイトルでありながらトーナメントシーンで生き残っていた非常に稀有なタイトル。

2015年5月には劇場版・叛逆の物語のブースターが発売。新規のLv3としてクロック送りの“まどかのために”ほむら、CIP回復とバーンを持つ直感的なタイプ 杏子や早出しできる円環に導かれた者 さやかなどが追加。
他にも優秀な前列・後列が追加されており、デッキの選択肢が大幅に広がった。

デッキタイプ

タイトル屈指の強力な回収イベント魔法少女現るを使用する為に赤を加えた混色デッキが多く見られる。

【マミ軸】、【マミ&なぎさ軸】(黄)

黄色を主体としたデッキ。
バウンストリガー・銀の魔銃 マミによって相手の早出しを意識した構成が可能だったことから、早出しの蔓延したBCF2012決勝トーナメントにおいて活躍を見せた。


叛逆の追加によって、手札交換役のマミ&なぎさを筆頭として、各種アタッカーや全体1000パンプの“魔法少女たちのお茶会”マミとチェンジ先でショット持ちの“今が幸せ”マミなどが加わり、以前より格段に扱いやすくなった。

【まどか&ほむら軸】(緑)

最もカードプールが多い緑をベースとした構築。
Lv1帯は1/0/6000の隠された思い ほむらや1/1/7500になる弓の魔法少女 まどか、緑限定1/1/2500カウンターの希望を守る まどか、Lv2以降は擬似リフレッシュに加えパワーパンプを持つ時間遡行者 ほむらアルティメットまどかのチェンジ元でレベル応援を持つ揺れ動く気持ち まどかなど、終始高パワーのキャラを展開しやすい。


叛逆の追加では、“孤独な戦い”ほむらの絆で回収できる“誰かが望んだ姿”まどかのほか、“まどかのために”ほむら悪魔となったほむらの2種のクロック送り持ちレベル3などが追加されている。


【さやか&杏子軸】(青赤)

青と赤を基本色とした構築。回収手段が豊富なので安定したキャラ展開が期待できる。
1/0バニラの見滝原中学二年生 さやかと『絆』による回収+パワーパンプ1000をもつ林檎のおすそわけ 杏子のセットや、強制とはいえ1/0/6500の擬似クロックアンコールを持つ癒しの祈り さやかによってストックや手札の消費を抑えつつ高いパワーラインで舞台を維持できる。
レベル2以降は魔法少女現るによる回収で手札を整え、美樹 さやかさやかの願いの2種の回復リソースによって回復耐久を目指すこともできる。

キーカード

このカード自体は何の変哲もない1/0バニラだが、林檎のおすそわけ 杏子との組み合わせで高いパワーラインを生み出すことができる。
回収が容易なことからLv1帯のカードを通常のデッキより減らすことができ、魔法少女現るさやかの願いの2種のイベントを投入するためのデッキスペースを生み出せるのも大きな利点。

【魔法デッキ(MM)】

上記の【まどか&ほむら軸】と【さやか&杏子軸】を組み合わせたもの。
緑の時間遡行者 ほむら、青の美樹 さやかさやかの願い、赤の魔法少女現るなど各色のパワーカードが用いられる。
上述したパワーカードの組み合わせによって高いデッキパワーを生み出せるものの、各レベル帯の必須の色が全て異なる為に色事故が致命的で、使いこなすにはかなりの経験やセンスを必要とするデッキタイプ。

キーカード

このタイトルを代表する『集中』持ちキャラ。
回収する対象が《魔法》全般なのでこのデッキに限らずあらゆるデッキに採用できる。強力な手札増強手段になるのはもちろん、時間遡行者 ほむらとの相性も抜群。



以下、コメント欄

  • ↑そんな当たり前のことは流石にわかってるよ。ただ握る要因の一つにはなるじゃんか。トリオなら、全てのタイトル絶殺マンにならないといけない訳じゃないし。リライト読み艦これ読みマドマギみたいな。トリオ結構入賞してるじゃん -- (名無しさん) 2014-08-03 12:24:11
  • 本当に艦これ多いのか疑問に思ってきた BCF前後の公認とか大阪BCF出てきたけど、艦これと当たったの1回、見たの1回だった むしろ、SAOとかラブラ、とあるの方が多かった ラブラ環境だろ今は -- (名無しさん) 2014-08-03 17:41:21
  • ↑お前がおそう思うんならそうなんだろう。お前の中ではな(ゆのっち略) -- (名無しさん) 2014-08-05 19:42:26
  • プレメモの方で追加来てしまったな....  こっちの追加は絶望的といっていいか -- (名無しさん) 2014-08-21 21:45:57
  • そもそも参戦した時もプレメモででからWSに来たわけだしブシ次第じゃないの いまはBFとか5Xで金なさそうだから難しそうだけど あと版権料とかにもよるだろうしな出せば売れるから出したいはず -- (名無しさん) 2014-08-21 22:08:44
  • 実は裏でほむほむが世界改変して追加ブースターを邪魔しているんだな!そうに違いない! -- (名無しさん) 2014-08-21 23:38:44
  • 悪魔ほむらちゃんのレベル3が欲しいなって -- (名無しさん) 2014-11-08 17:38:51
  • 戦い続けるほむらをコストに使うようなテキストなら原作再現っぽいかな? -- (名無しさん) 2014-11-08 19:26:01
  • 『もし』出たとしても、戦いほむほむをコストにした原作再現というってのが理解できない。そこは魔女ほむほむから早出しじゃね? -- (名無しさん) 2014-11-09 11:22:36
  • コストにするならアルティメットまどかの方が原作っぽいと思う -- (名無しさん) 2014-11-09 11:26:53
  • せやな -- (名無しさん) 2014-11-09 12:33:05
  • サインカードよりイラストちがいのアルティメットまどかが出たのが嬉しかった。 -- (名無しさん) 2014-11-22 11:27:43
  • 再現追究なら、場の戦いほむらと思い出のアルまどの両方コストにデビほむ+特徴魔法少女を持たないまどかを出す、でいいじゃない。誰がこんな面倒なことするんだではあるが。 -- (名無しさん) 2015-02-28 15:51:20
  • 追加決定!!!!!! -- (名無しさん) 2015-03-14 08:42:54
  • 流石ブシロード!! またもやプレメモを全力で潰してくスタイル! -- (名無しさん) 2015-03-14 11:20:24
  • ↑アホか。スポンサー契約が切れたからやっと契約にこじつけたんだよ。物語にせよまどかにせよプレメモは旬の時代に追加出してるぞ? -- (名無しさん) 2015-03-23 19:12:52
  • いや、それで痕から売上逆転するから言ってる揶揄……言わばネタコメにマジレスされても…… -- (名無しさん) 2015-03-31 20:22:06
  • ↑↑そもそも旬な時期に出したからどうだと?新鮮なのかな? -- (名無しさん) 2015-04-02 10:31:31
  • ↑絶頂期にその作品がすぐ参戦するっていうのは版権TCGで大きなアドバンテージだぞ。それが始めるきっかけにだってなる。お前だってシングル買いたい時いつでも品揃えのいい店の方が行きたくなるだろ?そういう事だよ。 -- (名無しさん) 2015-04-28 15:38:50
  • まぁ新鮮だよな。実際大事なことだし -- (名無しさん) 2015-05-04 14:33:38
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。