宮沢 有紀寧

&autolink
CL/WE-25
カード名:宮沢 有紀寧
カテゴリ:キャラクター
色:青
レベル:1 コスト:0 トリガー:0 ●
パワー:1000 ソウル:1
特徴:《本》《おまじない》

【自】[① 手札を1枚控え室に置く]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を見て《不良》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。
【起】● 助太刀1500 レベル1 [手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500)

今日はどうかされましたか?

レアリティ:C
illust.

  • 10/05/03 今日のカード。

《本》を持った助太刀。《本》のキャラ自体はかなりの量があるが、《本》持ちの助太刀は未だに少ないので貴重である。
みくるは緑だったが、こちらは青なので《本》デッキに採用しやすい。
スタンの《本》デッキならシリルとどちらを採用するかはお好みで。
CLANNADでは演劇部部長 渚で持ってこられる第2の助太刀となる。
《おまじない》の方は現状使い道はないので気にしないでおこう。

《不良》をサーチするという、ゆきねぇらしい自動効果も持っているのだが、《不良》のカードは少なく、CLANNADでは朋也か春原しかいない。
例え今回《不良》が増えたとしても、助太刀使用時ではなく登場時のため、助太刀とかみ合わない。
ハンドアドは取れないが、手札交換ができると考えれば手札事故を防ぎつつサーチもできるため悪くも無いとも思える。
カムバックキャンペーンで登場した仲良し夫婦 渚&朋也をサーチできるため使いやすくなったとも言える。

この効果が本領を発揮するのは、やはり【杏&智代】デッキであろう。このカード自身が《本》であり、サーチ先が《不良》なので杏&智代の効果の発動条件がかなり満たしやすくなる。

自動効果は無視して純粋に助太刀として使っても十分役立つだろう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。