“多才能力者”木山

RG/W10-031
カード名::“多才能力者”(マルチスキル)木山
カテゴリ:キャラクター
色:緑
レベル:2 コスト:1 トリガー:1
パワー:6500 ソウル:1
特徴:《科学》《超能力》

【永】他のあなたの《超能力》のキャラすべてに、パワーを+X。Xはそのキャラのレベル×500に等しい。
【自】あなたのクライマックス置場に「せんせいの執念」が置かれた時、あなたは自分の控え室の《超能力》のキャラを1枚選び、ストック置場に置いてよい。

この街の全てを敵に回しても止まる訳には
いかないんだっ!!!

レアリティ:R

  • 10/04/13 今日のカード。

一つ目は、《超能力》限定のレベル*500パンプ。
《超能力》のカードプールはそこまで広くないが、禁書目録&超電磁砲での大幅な増加が見込める。
特定の条件下でレベルが4以上になるキャラも存在しているので、それらと組み合わせることでかなりのパンプが期待できる。

二つ目は、CXシナジーで控え室からの《超能力》限定ストックブースト。
アタック時でなくCXが置かれた時であるため、後列にいてもシナジーが発動できるのは一つ目の能力と噛み合って便利である。
能力者達の思念の塊とされる幻想猛獣へと繋げる原作再現ともなっている。

通常、端のレベル3/10000に+X応援を2体つけてようやく端11500・中央13000。
一方このカードは全体パンプ故に2体並べると、どの列でもレベル3/10000は13000となる。
端の±1500の差は大きく、一つ屋根の下 美琴&黒子のパンプ&バーンは無論のこと、水着の初春も全面で14000となり他タイトルが太刀打ちしにくいラインを誇る。

2/1バニラからパワー-2000であるため、三体目以降を前列に置けばアタッカーとしても運用できないこともないので、ネオスタンで緑が絡むなら4積みすることも十分考えられる。

特徴限定ではあるものの舞台全体へのレベル応援という強力なカードであり、このタイトルを象徴するキーカードであったが、2012年下半期の制限改定で選抜制限の1枚に選ばれる。
このカードを使用すると以前から使用不可能だった“冥土帰し”に加えてレベル1帯での主力だった常盤台のお嬢様 黒子一つ屋根の下 美琴&黒子の早出し元であるパジャマの美琴といったカードが軒並み使用不能になったことから、従来のデッキ構築は変更を余儀なくされることとなった。

2015年前期の制限改訂では“冥土帰し”との2種選抜に変更し、同後期から制限解除された。このカードも幾分か採用しやすくなったといえる。

・対応クライマックス
カード名 トリガー
せんせいの執念
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。