“迷惑少女”葉留佳

&autolink
LB/W06-066
カード名:“迷惑少女”葉留佳
カテゴリ:キャラクター
色:赤
レベル:1 コスト:1 トリガー:1
パワー:3000 ソウル:1
特徴:《ビー玉》《双子》

【永】 アラーム このカードがクロックの1番上にあるなら、あなたのキャラすべてに、パワーを+500。
【自】 アラーム あなたのクライマックス置場に「えすけーぷっ!!」が置かれた時、このカードがクロックの1番上にあるなら、あなたのキャラすべてに、そのターン中、次の能力を与える。『【自】[①]バトルしているこのカードがリバースした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードを手札に戻す。』

勿論無許可ですヨ、やはははっ

レアリティ:C
illust.なつめえり

珍しいアラーム能力2つ&アラーム時のCXシナジー持ち。
サイズも0/0バニラ並で戦う事も出来るという良カード。

一つ目のアラームはレベルや色指定が無いため+500という残念な数字。
ただし、赤にはバニラが多く、僅差での戦いでならば使えなくは無い。
また、パワーパンプ系のアラームは基本緑であるため、少々珍しくはある。

二つ目のアラーム効果が目新しく、まさかのCXシナジー。
効果としてはタカヤの互換ともいえる「バトル敗北時に自力バウンス出来る」と言うもの。
上記のカードと違い、色指定無しと便利ではあるが、CXが必要という点でどちらが良いか判断は分かれるだろう。
コストはかかるもののアタック時にたまる分と同量であるため、0コストキャラならば実質ループが可能。
終盤のチャンプアタックや超魔王バール等の能力発動に一役買える。
しかし、終盤になるとクロックに置くにしろダメージで出るにしろ苦しくはなるため、何枚入れるかが考え所だろう。
また、CXを置いて能力を使うと、相手ターンにダイレクトアタックを受ける事になるので、
デッキに何枚CXが残っているか予め覚えておかなければ寧ろ逆効果となる可能性も低くは無い。

所詮はアラームと思われるがパワーが足りない場合と多色デッキで置いて2ドローのキャラ要員としては優秀といえるだろう。
ただし、レベル1帯を圧迫してまで使うべきか…というと少々難しくはあるのだが。

・対応クライマックス
カード名 トリガー
えすけーぷっ!! 2

・関連ページ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。