※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


緑がまぶしいサッカーコート。
大観衆の中で、ひときわ輝く選手達がいる。
それは、現代におけるヒーローたち。
中でも、相手ゴールを割って得点した選手など、英雄そのもの。

もし、彼らが必殺技を持っていたら?


『蹴り穿つ死翔の槍(ゲイ・ボルク)―――!』

'*『ああー!!!!人壁が次々と吹き飛んでいくーっ!!ボールはGK森崎くんの正面だー!!』

森崎「そうなんどもぬかれてたまるかー!」

'*『森崎くんキャッチ、いや、倒れた!ボールはまだ生きている!!』
'*『入ったーッ!!!!ゴオオオール!!!』
解説『GKは非常に惜しかったな』


もし、なのは達が、こんな風に戦うならば、いったいどんなことになるだろうか。
これは、そんな妄想である。





【サッカーをしよう!~三人娘の必殺シュート~】


『真・ソニックフォーム!!』

森崎「こんどこそ、みきってやる!」

'*『フェイトが脱いだー!!!彼女は本気だ!!』
'*『速すぎるボール運び!!GK森崎くん混乱しているぅ!!』

森崎「くそっぜんぜんみえない!」

'*『ん?これは……入ってるぞ!!』
'*『いつの間にかゴールしている!入った!ゴール!!』
'*『解説さん、これはどういうことでしょうか?』
解説『私の眼には全てが見えていた。すごくドキドキした』



『スターライトォ、ブ、レイカー!!!!!』

'*『ジャンピング・ボレー・シュート!!』
'*『激闘で荒れたコートの芝生がめくれ上がり、ボールに吸い寄せられていく!!』

森崎「とまれー!」

'* 『巨大な塊となったボールが、GKごとゴールポストを吹き飛ばした!』
'* 『これは、ゴールです!!ゴールゴールゴーーール!!!!』
解説『これは、死んだな』


『響け終焉の笛(ラグナロク)!』

審判「試合終了!」

'*『あーおしかったですねえ八神選手』
解説『技の名前が悪かったのではないかな。アンリミテッドとか付ければよかったのに』