たこ伝(Abata Dolphins)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Abata Dolphins(阿畑ドルフィンズ)はたこ伝のコンテンツ「一日一歩精進」内にある作品で、
「阿畑ドルフィンズ」という架空の野球チームを題材にした野球小説である。
実況パワフルプロ野球シリーズのサクセスに登場するキャラクターが多く登場する。
著者は阿畑球で全102話である。


あらすじ

「ワイはプロ野球界をギャフンと言わせる計画をたてたんや。その名も”阿畑ドルフィンズ計画”」
入団していたチームを解雇された阿畑やすしは
日本プロ野球界を見返すために「阿畑ドルフィンズ」というチームを結成し
「世界アマ野球選手権」という大会に参加することを決意する。
自称主人公の阿畑やすし、こちらも自称主人公小波、そして矢部の3人からスタートしたチームも
個性的かつ実力あるメンバーを加え大会に臨むこととなる。
しかしこの世界アマ野球選手権の裏ではプロペラ団が暗躍していて…
阿畑ドルフィンズは世界アマ野球選手権で優勝することができるのか、
そして徐々に明らかになっていく”阿畑ドルフィンズ計画”の真の目的とは…
ホントに笑えて楽しい野球はここにあった!
史上最強の迷作ここにあり!!

※以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が多少明かされています。

キャラクター


阿畑ドルフィンズ


  • 阿畑やすし
本編の主人公であり、「阿畑ドルフィンズ」の設立者であり、監督兼選手である。
オリジナルナックルの「アバタボール」を中心とした投球が武器。
全日本戦では、完成させた新球「ラピッドアバタボール」で全日本打線を5連続三振に切ってとるピッチングを見せるも
そのボールの肩への負担からマウンド上に倒れてしまう。

  • 小波
本編のもう一人の主人公で彼の語りで進む話も多い。
ポジションは外野で主にセンターだが、全日本戦ではライトを守る。(ライトの守備に問題がありすぎたため)
走攻守そろった選手ではあるが、特にその打撃は、パピヨンに
「このチームで1番打撃が上手いといったら滝本だろうが、打撃の天才といわれると小波になるだろうな」
といわれるほどの逸材。
だが「世界アマ野球選手権」予選はケガ(嵐暴コーチのスパルタ練習による)のため出場できず、
その上、退院後には一時的なスランプに陥ってしまう。
矢部と一緒に行動することが多く、そのせいかよくトラブルに巻き込まれる。

  • 矢部
「阿畑ドルフィンズ」最初のメンバーの一人でポジションは外野。
パワプロシリーズに主人公の友人として登場する眼鏡の男と同一人物であると見られる。
ガンダーロボの限定プラモデルを買いに行く様子などを見ていると、いわゆる「オタク」であると思われる。
自らを俊足巧打の外野手とうたっているが、打撃のほうはさっぱりで、
三振したにもかかわらず、ダイヤモンドを一周する場面や、
「矢部矢部スイ~ング」なる打法で併殺に打ち取られている場面からそれが読みとれる。
守備の方も描写はないが、山口が「ライトが小波に代わったのなら安心して投げれるな」と言っていることを見ると、
さほど上手いと言うわけではなさそうだ。
トラブルメーカーで、日常にシーンで主に小波がその被害に遭っている。

  • 猪狩守
猪狩兄弟の兄。
自らのことを「ボクは未来のスーパースター猪狩守様さ」
というほどの自信家であるがその実力は本物で甲子園20勝している上
全編通してチーム中でも1,2を争う登板回数を誇る。
本格派の左腕である上、
打撃センスも高いものを持っている。
ドルフィンズ解散後はプロへ進んでいる。




その他