【FF11】国民生活センター活用の手引き【改善】 OS破壊Wiki残骸保管所
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スクウェア・エニックス社製オンラインゲーム「FINAL FANTASY XI」において、
アンインストーラーを使用し上記ソフトを削除した場合、OSの構成ファイルを巻き込んで消去し、OSのデータ破壊を招く不具合が報告されています。
公式ではOS破壊とアンインストーラーの関連性については書かれていません。



現在公式では
2006年2月21日(火)に実施いたしましたファイナルファンタジーXIの更新により、クライアントプログラムのバージョンアップが行われます。このバージョンアップのデータダウンロード時において「スキップ処理」が発生する場合がございます。

この「スキップ処理」が画面に表示されますと、一時的に画面表示の変化がなくなり、データダウンロードが止まっているかのように見えます。同時に「中止」ボタンも押せない状態になりますが、その間もバージョンアップは正常に進行しておりますので、そのまましばらくお待ちください。

なお、この「スキップ処理」が表示されている間に、ファイナルファンタジーXIの強制終了を行われますと、ファイナルファンタジーXIの再インストールを求められるメッセージが表示され、プレイできなくなる場合がございます。その際は、お手数ですが再度ファイナルファンタジーXIのインストールを行っていただきますようお願いいたします。



と、問題回避のための方法を載せていますが、「スキップ処理」に関しては事前の説明が一切無かった事や、続報
で完全にFF11自体をアンインストールする方法が書かれていない事を始め、情報収集手段を持たないプレーヤー(FF11はPS2版とPC版が運用されている)に対する配慮は杜撰で、以前から問題になっていたスクエニ社自体の隠蔽体質が潜在的な問題となっています。

現在はFFのファイル自体の削除を出来なくしてOS破壊を防いでいる模様。
3000ファイルくらい残るとかなんとか。