マジンカイザーSKL(作品)

編集の前に参戦作品でガイドラインを読んでから編集してください。ガイドライン違反の内容は削除対象となります。

概要

2011年にOVAとして公開された「マジンガーZ」シリーズの新作。
アニメシリーズでは「ゴッドマジンガー」以来の兜甲児が登場しない状況で描かれている。
残酷な描写等は無いが、従来のシリーズより暴力的な要素が前面に押し出されており、
主人公の海動剣、真上遼の二人も容赦無く敵をなぎ倒していく。
そのため「マジンガー版漫画版またはOBA版ゲッターロボ」「ロボット版バイオレンスジャックまたはデビルマン」などとも言われる。
今作では原作終了後参戦。プロローグで重力炉での最終決戦が描かれている。

ストーリー

太平洋に浮かぶ孤島、「奇械島」では常日頃から「ガラン軍」「キバ軍」「八稜郭」による
三つ巴の戦闘行為が続いていた。 その最中、島にある重力炉が暴走し、地球の危機となる問題が発生。
しかし、戦う事が目的であるガラン軍、キバ軍が解決のために団結する事は無かった。
地球を救う為、島の外界から一機のロボットが血肉降りそそぐ地獄に乱入する。
―――否、乱入ではない。「「俺たちが、地獄だ!!」」

登場人物

海動 剣

  • カイザーの搭乗者の一人で白兵戦担当。剥き出しのナイフのような性格で、服役経験も持つ。
    • しかしその凶暴さと戦闘能力をWSOに買われ、現在の所属はデスカプリース隊特務中尉アモン6。
  • 序盤は真上と共に奇械島の戦いで行方不明扱い。しかしあるシナリオにおいて、とんでもないところから帰還・合流する事になる。
  • 精神年齢が近いせいか地球防衛組の諍いを横から煽る場面が割と多い。
    • ファンからの愛称である『地獄公務員』と、普通に善良な公務員である篠田先生や姫木先生との対比という点ではオイシイっちゃオイシイ。
  • こんな危険人物としか思えない設定だが、ファンからの愛称の一つは『善良な公務員』
    • 実際、味方や民間人の救助に関してはやり方はどうあれしっかり行っている。時には「自分たちごと敵を倒してくれ」と言った人質を身体を張ってを守り抜いた事も。「命をかけた奴らに、命をかけて応じたまでだ」
      • このようになんだかんだで紛れもなく「正義の味方」の側にいる。今回もある人物に「良き者」と評された。
  • あれこれ面倒な裏設定や特殊な才能は一切無く、「単純にただひたすら強い」というだけでカイザーを乗り回している。ある意味で一番の異能者なのかもしれない。

真上 遼

  • 海動と同じくカイザーの搭乗者で射撃戦担当。同じくデスカプリース隊特務中尉でコードネームはルシファー4。
  • 落ち着いた性格……と言うよりクールでニヒルな皮肉屋で、常に海動に喧嘩を売るような言動をとる。
    • が、キレると海動以上に性質が悪い。原作でカイザーの目に損傷を負ったのは概ね彼のせいである。

由木 翼

  • スカルフォース・グレンファルコン隊の技師。女性らしい優しさがあるが凶暴な海動達に怯まない度胸もある。
    • 原作終了後なので、UXの顔グラにマフラーが書き足されている。階級も大尉に昇進。
    • ついでにスカーレット隊長仕込みのドスの効いた海兵隊式怒声で海動・真上両名を黙らせるという場面も。彼女も修羅場を潜り抜けて色んな意味で成長したことをうかがわせる。
  • 本作では初期から参戦。ウイングルが修復されるまでは機体を運ぶキャリアーの操縦士も務める。戦術指揮も担当。

アイラ

  • 奇械島を守護する女だけの集団、八稜郭の指導者。人造人間「エルプズユンデ」の末裔である。
    • 今作では素性にクロスオーバーがかけられ、結果として神秘性が増した。

ハリケーン / フラッシュ / ミスティ

  • 奇械島を守護する八稜郭のお姉さんたち。
  • 原作終了後の本作ではWSOに所属して自軍をサポートしており、戦闘ではサイコギア隊でウィングルを支援する。
    • 残念ながら漫画版に登場するアイアンメイデンシリーズ(量産型ウイングル)は前作の使い回しもあり今回もお預け。許せ♡
    • wso所属だが制服は着ておらず奇械島にいた時の服装のままの模様。そのせいでディーヴァ整備班の若者の目の毒になって作業が滞ってしまったり……

キバ

  • キバ軍の悪漢達を束ねる荒くれ者。自分の事を見下す相手には容赦しない。
  • 奇械島でカイザーと戦い、アイアンカイザーと共に死んだはずだったが…
    • アイアンカイザーは失ったものの、生き延びておりDr.ヘル一派と合流している。
  • 今回はアイラ同様、素性にとんでもないクロスオーバーがかけられている。

登場機体

マジンカイザーSKL

  • 力と速さを兼ね揃えたスーパーロボット。漫画版では操縦者を選ぶような謎の意志が存在した。
  • 「マジンカイザーSKL」と呼称される事はかなり少なく、専ら魔神、カイザー、ドクロ等と呼ばれる。
  • 今作でCCに続いて別作品のマジンガーと共演。設定もクロスオーバーする事に。あと、例の二人はまたしてもガロウ・ラン認定された。
  • もう一つのマジンガーと違ってEN回復が付いていない点には注意が必要。まあ、弾数制武器も多いのでカバーは難しくない。
    • UXに引き続き地獄コンビのスキルパーツ共有の仕様は健在なので何はなくともSPアップと集中力を育成しよう。熱血・覚醒で真の地獄の幕開けだ!

マジンカイザーSKL(ウイングクロス)

  • ウイングルの飛行ユニットとウイングクロスし、本来の武器を開放した真のマジンカイザーSKL。
  • 新必殺技としてSKL-RR(通称馬イク)が登場。ますます悪魔じみてきた。悪魔じゃねえ。地獄だ!

ウイングル

  • カイザーをサポートする目的の女性型ロボット。単体でもある程度の強さは持っている。

アイアンカイザー

  • 死んだかと思われていたキバがガラン軍の基地より強奪したもう一つのカイザー。
  • 機体のモチーフは永井豪氏の漫画『手天童子』の戦闘サイボーグ「アイアンカイザー」であり、武装のモチーフはマジンカイザーを彷彿とさせる。
  • 重力炉での最終決戦で、カイザーによって破壊された。が、今回はとんでもないところから出現する。
    • 初登場時には真マジンガーのミケーネの戦闘頭脳ケドラに機体を支配されているという意外なクロスオーバーを見せた。
    • そしてケドラを除去した機体をキバが乗り込む事になる。あれ、原作と設定が変わっているのか?
      • というか今作のアイアンカイザーは ケドラの記憶の中に出てきた過去のイメージが現実に出てきたものである。 どういうわけだ。

GRK-7

  • キバ軍のロボット製造プラントで大量生産されるロボット。元ネタはガラダK7。
    • なんと本作では弓さやかに機械獣呼ばわりされる。あながち間違いでもないだろう。

DBR-2

  • キバ軍のロボット製造プラントで大量生産されるロボット。元ネタはダブラスM2。

過去参戦作品

  • スーパーロボット大戦UX
  • スーパーロボット大戦Card Chronicle