勝つためには


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

試射会前の最初心者の方は先に試射会で勝つためにを読みましょう。

勝つための結論を言ってしまうと「相手の行動を潰し、自分の行動を通すこと」です。
どういった手法でその行動ができるようになるかを以下に記載します。

  • マップを見る
戦況確認が一番大事。
特に目の前の敵を倒していたら勝った、というゲームではないので。

  • マップを覚える
戦況確認と移動できる場所(抑えておくべき場所)を記憶に入れておく、は違うもの。
マップを見るのは戦況確認。
マップを覚えるのは迅速な行動を取り優位を得るため。

やはり正面の打ち合いに勝てたほうが、良い。
しかし、なるべく正面の打ち合いにならない状況を作り出すほうが大事。
一人モードなどで修行しよう。試し打ちも活用したい。

  • 打ちっぱなし、移動しっぱなしはよくない。たまには隠れよう。
エイムを鍛えるの項目にある「正面の打ち合いにならない状況を作り出す」というのはこういうこと。

  • リロードはこまめに
隙さえあればチャポンとリロードしていい。
敵と対峙している時の球切れは最悪だ。
インクさえあれば勝てた、という状況にならないようにしたい。

  • 倒すつもりならアタマを狙おう
このゲームはヘッドショットは無いが、相手がジャンプしたときに安定してあたるのはアタマを狙っている時だ。
足元を狙っていたら、相手がジャンプすると当たらなくなる。相手が引こうとした時にも足元を狙うよりダメージを与える可能性が高くなる。

  • 自信がないなら足元を狙おう
他のゲームには殆ど無い「攻撃武器でありながら補助(移動速度ダウン)武器である」というのが特徴。
その特徴を活かして、相手の移動速度を下げてから体を打つなどすると、相手を倒しやすくなる。

  • マップ、武器ごとのテッパンを覚える
中央を制圧しなければならないマップで、悠長に自陣周辺を塗っている暇は無い。

  • ローラーを確実に潰す
自分がローラーを使っていなければ、正対した際殆どの武器で有利を取れる。
放置すると取り返しがつかないほど塗られることがあるので、なるべく見つけたら倒すように。
ただし深追いのし過ぎは禁物。有利な位置に陣取られ、やられてしまえば元も子もない。

  • 相手の行動を予測する
ありとあらゆる状況で相手の行動を予測することは重要。
「おそらく隠れるであろう場所にボムを投げる」
「おそらく逃げるであろう先に向かって銃を打つ先を読んで打つ
「おそらく敵が来るであろう場所で待ちぶせをする」
自分が相手の立場になって「自分がこの状況であれば、こう動くから、きっと相手もこう動くだろう」
と予測すれば、危険を回避したり、優位に立つこともできる。
もちろん相手も人間なので、すべての行動を予測することは不可能だが、何も考えないよりは、とっさに反応できる。

  • 試合終了直前、インクが余っていればボムを投げよう
試合終了後に爆発したボムでも、面積にカウントされます。0.1%でも多く陣地を広げたい。

  • 開幕、両チームの武器を確認する
自分が持っている武器が、相手が持っている武器よりも射程が長いなら、戦いを有利に運べる
自チームにローラーが多いから、最後の30秒で一気に塗り替えせるようにバリアを溜めておこう。
相手にチャージャーが多いから、安易に狙われるラインでヒト状態にならないようにしよう
などなど、ゲームが始まる前から作戦を立てられる。