※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 九州工業大学
  • IN2002-206

2つの手法が提案されている

  • throughput-oriented機構
スループットの推定を行い,もっとも高いスループットが期待できるAPを選択

  • fairness-oriented機構
無線LAN網ないにおいて通信状況がもっとも悪いSTAに注目

最悪STAが接続しているAPをなるべく選択しないようにする

評価方法
シミュレータ(NS-2.1b9a)

スループット特性
平均スループット確率分布特性
公平性特性
過渡状態特性
定常状態特性