※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「なにそれっ。要するに、ナンパされたってこと?」
「…こう。声が大きいわ」
「へえー。ナンパかあ。今時ねえ。ふむ。やまとがねえ」
「ねえ、聞いてる?」
「聞いてる聞いてる。カラオケなんだから平気だって」
「…そういう問題じゃないわ」

 この子は、興奮するといつもこうなる。そう思いながら、やまとは軽い溜息をついた。
 自分のことで、あまり騒がれるのは好きではない。声が大きいというのはそういう意味だ。
 ただ、今だけはそのうるささが楽しかった。こうが、中学の頃とまるで変わっていない。そう思えるからだ。

「で、どんな人だったの?変なことされなかった?」
「大丈夫よ。だけど」
「だけど?」
「陵桜の人かもしれない」
「え、ウチの?なんで?」
「学生服だったの」
「…ははあ、なるほど。でも、それだけじゃわかんなくない?学ランのトコなんて、いくらでもあるし」
「そうね。なんとなく、思っただけ」
「まあ、うちはフィオリナと近いからねえ。案外あたってるかもしれないけど。しっかし、制服着てナンパとは、大した度胸だわ」

 こうは腕を組み、なにやら思索している。彼女には、腕組みが似合わない。胸が邪魔で、それを抱えるような格好になる。

 路上で、男の子に声をかけられた。昨日の話で、学校から帰る途中のことだ。
 すれ違う直前に、相手が立ち止まった。なにかと思いよけて通ったところを、後ろから話しかけられたのだ。
 道でも訪ねられるかと思ったがそうではなく、動揺した声でこちらの名前を訊き、次に自身が名乗った。
 わけがわからなかったが、不思議と怖くもなかった。他には、なにもされなかったのだ。

「それで、その人はなんて言ってたの?一目惚れしたから、毎朝みそ汁を作ってくれ、とか?」
「…展開が無茶苦茶ね。別になにも。名前を訊かれただけよ」
「名前、言ったの?」
「ええ。言ったけど」
「あのねえ、やまと。そういう時は、適当なこと言ってはぐらかさなきゃ。女子高の周りウロウロしてる奴なんて、ロクなもんじゃないよ?」
「…そんな感じでもなかったけど。なんというか、普通の人」
「いやいや、そいつはきっと、日頃からフィオリナの生徒をチェックしているに違いないね。
でもって、これはという女の子に声をかけてかどわかすわけだ」
「こう、また妄想?」
「なんかあったら、すぐに言いなよ。なんなら、明日から一緒に帰ろうか?やまとに付き纏う奴には、ロケットシューズかましてやるから」
「…靴を飛ばすのは、はしたないと思う」

 一緒に帰るというのは、冗談半分だろう。しかし、悪くないと思えてしまう。学校にも友達はいるが、行き帰りはひとりでいることが多い。
 進んで時間を分け合いたいような人間には、高校では出会えなかった。自分にとって、そういう存在はこう以外にいない。
 このところ、彼女との寄り道が増えている。学校が違うのだから、わざわざ示し合わせるような感じになるが、それを面倒に思うことはなかった。

「ナンパ、っていう感じでもなかったけど」
「ナンパでなけりゃ、ストーカーだね。うーん、陵桜の人かあ。ウチの学校、でっかいからなあ。変態の五人や十人は、いるかもなあ」

 なにかあると、こちらが照れくさくなる程に親身だった。そういうところが、こうはすごい。
 今も、自分のことのように悩んでくれている。嬉しくもあるし、大したことじゃないのにと、少し恐縮もする。

 昨日のことを思い返す。あれは、なんだったんだろう。妙に自然だった。怖さもなく、逃げたくもならない。
 危険な人ではないと、わかっていたような気がする。でも、知らない。確かに、知らない人だった。

「名前は、なんつってたの?まあ、知ったところでって感じだけど」
「そんなに、大したことじゃないから」

 心配してくれてありがとう。それは、思っても口にしない。声に出さないまま、伝わるものもある。

「うーん、そっかあ。しかし、気になる。やっぱり、そいつの名前だけ訊いていい?」
「まあ、いいけど」

 男の子の名前は、淀みなく出てきた。多分、単純な名前だからだろう。
 告げた瞬間、こうが固まった。

「…それ、マジ?」
「ええ。間違いないわ。こう、どうかしたの?」
「私、その人知ってる」
「…え」
「…まこと先輩、なにやってんすか」

 こうは、ソファにもたれかかった。似合わない腕組みをしている。
 呆れ果てたという顔で、いない人物に向かって話しかけていた。