※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

今日は12月24日、クリスマス・イヴ。
今までは彼女がいない奴らと傷の舐め合いをする寂しい日だったけど、今年は違う!
今の俺にはつかささんという最愛の彼女がいる!つまり、今年のイヴは最高のイヴになること間違いなし!
だったのだが……

「体温は…38.5度か。はぁ、マジ最悪だよ……ぶぇっくしょんっ!」

そう、見ての通り俺は風邪をひいてしまったのだ。

話は昨日の放課後、つかささんと一緒に帰っていた時まで遡る。

「ねぇつかささん」
「うん?どうしたの、ゆうくん」
「明日ってクリスマスイヴじゃん?よかったら一緒に過ごせないかな~って。予定あいてるかな?」
「うん、全然大丈夫だよ。もし予定あったとしてもあけちゃうもん!それに…私もゆうくんと一緒に過ごせたらな~って思ってたし……えへへ」


そう言うとつかささんは顔を赤くしながら照れ笑いを浮かべた。
ヤバい、超可愛いんですけど!しかもこんな可愛い子が俺の彼女なわけで、しかもクリスマスイヴを一緒に過ごしたいと思っていてくれたわけで!

「…うくん?ゆうくん!」
「ふゎっ!?な、なに?」
危ない危ない。思わず妄想スイッチが入りそうになっちゃったよ。って、最近田村さんの症状がうつってる気がするぞ……。

「そ、それはそうと明日は何しようか?とりあえず、学校終わったら一旦帰って私服に着替えた方がいいよね」
「うん。あっ!そういえばお母さんから聞いたんだけど隣町の駅前、クリスマスイルミネーションがすっごい綺麗なんだって!」
「へぇ~、じゃあ見に行ってみようか。それと後は…クリスマスイヴなんだし、どっかでケーキ食べよっか」


「えっ!?ダ、ダメっ!ケーキ食べるのはダメだよっ!」
「えっ?けどせっかくだし」
「け、けどけど……と、とにかくダメなの!」
「?つかささんがそこまで言うなら…」
「うん、ありがとね。ゆうくん」

その後もあれやこれやと話をしてると、いつの間にかいつもの別れ道についてしまっていた。
俺とつかささんは、名残惜しそうな顔をしながら繋いでいた手を離した。

「それじゃまた明日、だね」
「うん。ってか、楽しみすぎて夜寝れるかちょっと不安かも」
「うぅ、私もだよ~。遠足の時とかも、いっつも明日の事考えて夜寝れなくなっちゃうの」
「あはは、つかささんらしいや。」
「うぅ…ゆうくんも人のこと言えないくせに~っ」
「違いないや。それじゃね、つかささん」
「うん。バイバイ、ゆうくん」

こうして俺とつかささんは互いに家路についたのだった。


それから時間は少し進み……

「う~ん……」

ベッドの中で、もう何度目か分からない寝返りをうつ。明日の服の用意を終えて、さぁ寝ようとベッドに入ってから既に一時間近くたっていた。

「……眠れない」

俺は最悪の事態に陥っていた。そう、明日が楽しみで全く眠れないのだ。
なんたって、生まれて初めて出来た彼女との初クリスマスイヴなんだよ!?そりゃワクワクして眠れなくもなるさ。
とはいえ、このままでは流石にまずい。

「……軽く体でも動かそうかな。」

俺は、上着を羽織りランニングに出かけることにした。しかし……
一時間半後……

「ゼェ…ハァ…た、ただいま……」

軽い運動どころか汗びっしょりになって帰宅するはめになってしまっていた。
因みに何があったのかというと、軽くランニング→ランニング中に明日の事を考え出しニヤニヤ→一時間してようやく我に返る→慌てて来た道を全力で帰宅、というわけだ。
我ながら不審者極まりないと思う。

「あ~…つ、疲れた」

俺は着ているものもそのままにベッドに倒れ込んだ。疲れもあってか、さっきと違い吸い込まれるように意識はなくなっていった。

そして今に至るというわけだ。

「う~、こんな事になるなら汗くらい拭いときゃよか…ぶぁっくしゅっ!……とりあえず着替えなきゃ」

ぼーっとする頭を振って目を覚まし…って余計にフラつくようになってしまったが、制服に着替え下に降りようとすると母親が階段を上がってくるところだった。

「あんた熱あんのにどこ行く気だい?」
「どこって…学校だけど?って何で熱あんの知ってるんだよ…」
「さっきあんたの部屋入ったときに顔赤かったから計っといたのよ。それより、学校だったらさっき休むって連絡入れたわよ」
「なっ!?大丈夫だってこれくらい!」


そう言って母親の横を通り過ぎようとした瞬間、俺の顔に母親の掌が被さった。そして

ギリギリギリギリ……
「っ!?あだだだだっ!」
「病人がナマ言ってんじゃないよっ!」
「な、なら病人にアイアンクローすなっ!いだだだっ!」

そしてアイアンクローのままベッドまで引きずられてしまった。

「いいかい。ちゃんと寝てなさい」
「けど…」
クイクイ←顔の近くでアイアンクローの動作
「わ、分かりました」
「よろしい」

そう言うと母はベッドの上に十秒チャージのあれとペットボトルの水、そして風邪薬を置いて部屋を出ていった。

「とりあえず、つかささんに連絡入れないとな……」

俺は携帯の電話帳を開きつかささんの番号を……押さずにメールにした。つかささんの残念そうな声を聞きたくなかったからだ。

「これでよし。……ごめんね、つかささん」

俺は携帯を置き十秒チャージのあれで朝ご飯を済まし、薬を飲んでから横になった。薬のせいか寝たりなかったのか、睡魔はすぐ訪れた。
俺は心の中でもう一度つかささんに謝り睡魔に身を委ねた。


同時刻、学校にて。

「おはよ~こなちゃん、ゆきちゃん」
「つかさ、おは~」
「おはようございます、つかささん」

私は教室に着いてからすぐ違和感に気づいた。

(あれ?ゆうくんまだ来てないのかな)

いつもなら私が来る時間にはいつも来ているはずのゆうくんがいないのだ。
しばらくたっても来る気配がなく、気になった私は連絡をしようと思い携帯に手を伸ばした。すると、

バルサミコ~酢やっぱいらへんね~♪

携帯が鳴りだした。開くと、まさに今連絡しようとしていたゆうくんからのメールだった。

(わわ、私達息ぴったりかも~っ)

そんな些細な偶然に少し嬉しい気分になりながらメールを見てみる。

「え~~っ!」

思わず声を上げてしまった。その様子にびっくりしたのかこなちゃんとゆきちゃんがこっちに近付いてくる

「ど、どしたのつかさ!」
「何かあったのですか?」


「こ、こなちゃんゆきちゃん!ゆ、ゆうくんが風邪ひいちゃったって!わわわ、どうしよう~」
「お、落ち着きなって。つかさ~」
「で、でもでも、ヒドい風邪かも知れないし心配だよ~!」
「つかささん。とりあえず電話をかけてみたらどうですか?」
「う、うん。ゆうくんの番号は……」
プルルルル…プルルルル…留守番電話サービ…ピッ
「ど、どどどどうしよう。繋がんないよ~!?」
「う~ん。トイレに行ったとか?」
「もしくは寝てしまったのかもしれませんね」
「………決めた」
「つかさ?」
「私、ゆうくんの看病に行くっ!」
「ちょっ!?つかさっ!?少し落ち着……」
「ごめん。それじゃあねこなちゃん、ゆきちゃんっ!」

ダダダダッ……

「………」
「………」
ガラ
「ほら早よ座れ~っ。ん?なんや、柊は休みかいな?」
「休みといいますか早退といいますか……」
「恋する乙女は風邪ひき王子様のところに行きましたよ~」
「…?なんやそりゃ?」


それから時間はたち……

「ん、ん~…。今何時だろ?」

俺は枕元にある時計に手を伸ばした。時刻は12時半、学校ではお昼休み真っ最中か。
体を起こしてみる。うん、朝よりは具合は良いみたいだ。
俺は携帯を開こうと思い手にとるが…置いてあった場所に戻した。つかささんからのメールがあるかもしれないけど、今は見る気になれない。

「はぁ…悪いことしちゃったな」

つかささんの悲しそうな顔が浮かびまた溜め息を吐く。その直後、コンコンとノックの音の後に部屋のドアが開いた。。

「どうかした、母さ…んっ!?」
「あっ!ゆうくん目が覚めたんだ!よかったよ~」

そこにいたのは母親ではなくつかささんだった。

「へっ?嘘っ!?いや、だって時間……」

今日は通常登校だから午後も授業があるはず。俺が混乱しているとつかささんが答えてくれた。

「……朝メール来てすごく心配だったから、あの後すぐ来ちゃった」

そい言って照れ笑い。うぁ、やっぱ可愛い…じゃなくてっ!

「だからって学校休むことはなかったろうに…」

そう言うと、つかささんは急に泣きそうな顔になってしまった。


「だって…メールが来た後すぐ電話したのに繋がんないし、ゆうくんの家に来る途中も電話もメールも返事なくて……ぐすっ、私すっごく心配したんだよ?」

つかささんは、泣きながらも今までの事を話してくれた。母親に頼んで看病をしてくれてたこと、全然目を覚まさなくて心配だったこと、寝てる間に手を握ってくれていたこと。

「でも目を覚ましてくれてホント安心し……」
ギュッ
「えっ?ふぇぇ~!?ど、どうしたのゆうくん」

俺はつかささんの事を抱きしめた。

「ありがとう。つかささんの気持ち、ホントに嬉しいよ」
「あ、当たり前だよ。だって私、ゆうくんの…か、彼女さんなんだから…」
「うん。こんな素敵な彼女さんがいてくれて俺、すっげぇ幸せだよ」
「ゆうくん……」

顔を真っ赤にしたつかささんと見つめ合う。どちらともなくお互いの距離が詰まりそして、俺はつかささんの唇に自分の唇を……

ガチャ
「………母さん邪魔だったかねぇ」
バタン
「………ふぁ」
「………くぁ」
「「~~~っ!」」

重ねる寸前で妨害されてしまったのであった。


それから数時間後……

「じゃあ私はお夕飯の材料買ってくるね~」
「うん。気をつけてな」

母親の妨害から立ち直った俺達は、いつものようにまったりと過ごしていた。
体も大分楽になったので、元々の予定だったクリスマスイルミネーションを見に行こうと誘ったんだけど、

「風邪は治りかけが一番危ないんだから今日はゆっくりしなきゃダメだよっ」

と言われてしまった。
一人ですることもないのでぼーっとしてると玄関のドアの開く音と「ただいま~。じゃなかったや、おじゃましまーす」と、つかささんの声が聞こえた。
二階に上がってくる音はしない。多分台所で夕飯を作ってるんだろう。
暫く待っていると夕飯が出来たようで、つかささんが部屋に入ってきた。手には小さな鍋がある

「お待たせ~」

作ってきてくれたのは雑炊のようだ。

「ありがとう。それじゃ、いただきますっ!」

早速食べようと思いスプーンをとろうとしたが、それは既につかささんの手に握られていた。

「えっと…つかささん?それないと食べられないんだけど……」
「え、えと……わ、私が食べさせてあげるね」


「えっ!?い、いやけど悪いって!それに恥ずかしいし…」
「い、いいのっ!ゆうくんは病人なんだから言うこと聞くのっ。…もしかして嫌かな?」
「そ、そんなことないよっ!」
「ならほら。あ、あ~ん」
「いやでも…」
「あ~~ん」
「………ぱく」

恥ずかしさと嬉しさで味が分かんなかったのは言うまでもない。

夕飯を食べ終え、

「食器片付けてくるね」

と下に降りたつかささんが戻ってきた。手には2つのケーキと紙袋があった。

「ケーキ買ってきてくれたんだ?」
「ううん、私の手作りだよ。昨日から用意してたのを買い物帰りに取ってきたの」
「そっか。だから昨日ケーキ食べにいくのダメって言ってたんだ……。ありがとね、つかささん。でもそうなら言ってくれれば良かったのに」
「だってびっくりさせたかったんだもん。それとこっちはクリスマスプレゼントだよ」

そう言って紙袋を渡してくれるつかささん。中身を見てみるとマフラーだった。

「ごめんね。私ぶきっちょさんだから綺麗に出来なくて…」「そんなことないって、凄い嬉しいよ。それに…」

マフラーを巻いてみる。首もとだけじゃない、体も心も全部がつかささんの優しさに包まれた感じがする。
「つかささんの俺への気持ちがこもってて、心もぽかぽかしてくるよ」
「そ、そうかな…。えへへ、ありがとゆうくん。さ、ケーキ食べよ?」
「うん。…あ、ちょっと待って」
「んく…。どうしたの?」

一口食べてしまったケーキを飲み込みながらつかささんがたずねる。

「俺からもつかささんにプレゼントがあるんだ」

俺は机の引き出しに入れていた小箱を取り出してつかささんに渡した。

「嬉しいな~。ね、開けていい?」
「もちろん」

箱を開けるつかささん。中を見た瞬間、いつもの可愛い笑顔を俺に見せてくれた。

「わぁっ!綺麗なペンダント~。あ、この花ロケットになってるんだ~。ねぇゆうくん、これって何て花なの?」
「その花はね、睡蓮って言うんだ」
「スイレン?」
「うん。つかささん誕生日7月7日だったよね、その日の誕生花なんだ。睡蓮って」
「誕生日、覚えててくれたんだ…」
「そりゃ大切な彼女さんですから。ちなみに花言葉は優しさ、清純な心、純情だって。つかささんに似合いすぎてビックリだったよ。」
「ふぇぇっ!?そ、そんなことないよ~」


「ううん、ぴったりだよ。だってつかささんの優しいところと、今日みたいな相手のことを大事に想ってあげられるところを俺は好きになったんだから」
「ゆうくん……」

俺は顔を赤らめたつかささんを抱きしめた。

「大好きだよ、つかささん。これからもずっとそばにいてね」
「うん。私も…私もゆうくんの事大好きだよ……」

どちらともなく俺達は唇を重ねた。互いの想いを全部伝えれるように、互いの想いを全部受け止めるように長く………。

FIN