※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ―――星桜にたどり着いて、最初に目にしたのは…想い人のふくれっ面だった。

 

「…おっそいよー、もー!」

「ご、ごめん…」

 その剣幕に…というか、いつもどおりのテンションにちょっと戸惑う。

「まったく、女の子待たせるなんてサイテーだよ。好感度超ダウンだよっ」

「…面目次第も無い」

 そんなもんだから、俺も普段どおりのテンションで接してしまう。

 

 …だめだ。

 ここにいるってことは、とても大切なことなのに。

 

「…あの」

「……おかげでさ」

 かけようとした言葉は、急に沈んだこなたさんの声でさえぎられた。

 

 

「……どうやって声かけようか、わかんなくなっちゃったじゃん」

 

 

 拗ねたように、こなたさんが呟く。

 

 

「色々考えてたんだよ? キミを待ってる間。なんとなく、キャラじゃないよなーって思いながら」

 こなたさんの小柄な身体が、いっそう小さく見える。

 ふくれっ面はいつしか消え、寂しげな表情へ。

「―――告白だって、どー言おうかって。たとえばさ、“一万年と二、三年前から愛してる”とか」

 

 …いや、さすがにそれはどーかと。

 

「…うん、わかってる。こーゆーときまで、マンガとかから借りちゃダメだよね」

 ちょっと自嘲気味に、こなたさんが笑みを浮かべる。

「まぁ、そんなわけでさ。ぐるぐる考えてても君は来ないし。やっと来た! って思ったら、…何言おうとしたか、完全に吹っ飛んじゃってた」

 

 …きゅっ、と。

 

 こなたさんの小さな手が、制服の裾を掴む。

 

「…だからね」

 

 潤んだ瞳で、上目遣いで俺を見る。

 

「今から…言うけど。今想ってる事、そのまんま言うから。もしヘンなコト言っても…笑わないでよ?」

 

 …俺は、頷いて応える。

 笑うもんか。

 どんな言葉だって、こなたさんが、俺に向かって伝えてくれる言葉なら。

 

 

「…………キミが、好き」

 

 

 シンプル・イズ・ベスト。

 それ以上の告白の言葉なんて、多分無い。

 

 でもそれだけに……とてつもなく、恥ずかしい。

 

「……なんとか言ってよ」

 こなたさん、顔真っ赤。

「…うん」

 そして、俺も顔真っ赤。

 

 

「…………俺も。こなたさんのこと、好きだ」

 

 

 きっと、フラグなんてのは…

 とっくの昔に、初めて出逢ったあの瞬間に……立ってた。

 

 

「……ヘンだね。こーゆーの、ギャルゲーで何度も見てきたシチュなのにさ。…なんか、すごくドキドキしてる」

「それは現実だから? それとも…俺が相手だから?」

 

「……両方、かもね」

 

 にぱっ、と笑う。

 

 

 どちらからともなく、近づいて…

 

 ―――唇が、重なる。

 

 

 花火の音は、聞こえない。

 俺たちの時間は…ここから、動き出すんだ。

 

 

 

   らき☆すた~陵桜学園 桜藤祭~ After Episode

   想い出のつづき

   泉こなたの場合~だれよりきみを☆あいしてる~

 

 

 

 こなたさん―――こなたと恋人同士になった。

 …だからって、何かが変わったってわけでもない。

「おはよ、ゆーくん」

「おはよ、こなた」

 変わったのは、お互いの呼び方と…距離くらい。

 

「…って、それだけ変わってりゃ充分でしょうが」

 そう言ったら、かがみさんに突っ込まれた。

「まぁ、恋人同士だからって四六時中ベタベタするもんじゃないよ。なにごともギャルゲーみたいにはいかないのだよアケチくん」

「誰がアケチか。オマエは二十面相か」

「タケヤブヤケタ?」

「そりゃ二十一面相だっ」

 でも、それ以外は殆ど変わらない日常。

 こうやって、つかささんがボケて、かがみさんが律儀に突っ込む。

 みゆきさんが穏やかにニコニコ笑ってて、そんな彼女たちを見守ってる。

 そして、こなたの傍に、俺がいる。

 

 そんな、ゆるーりまたーりな日常。

 

「…そんなわけで、放課後ウチに寄ってってね?」

 

 ―――そんなもんだから。

 

「ん、わかった」

 

 こなたの重要な発言も、俺たち全員完全にスルーしてたわけで。

 

 

  *

 

 

「……だ、大丈夫かな」

「ゆーくん、緊張しすぎだよ」

 放課後、泉邸前。

 いつの間にやらこなたのお父さんに会う、という話になってた。

 俺、思いっきり寝耳に水状態。

 まぁ、スルーしてた俺が悪いんだけど。

「そりゃ緊張もするさ。仮にも彼女の父さんに会うんだぜ?」

「だいじょーぶだよ。いきなり結婚の許しを得たりするわけじゃなし」

 しかも聞いた話じゃ、随分と娘=こなたを溺愛しているときてる。

 マンガで良くある「娘はやらん!」みたいなタイプを容易に想像してしまう。

 普段空けてる学ランのボタンをしっかり留めて、深呼吸。

 

「……OK、落ち着いた。…多分だけど」

「んじゃ、行こう?」

 

 

  *

 

 

 想像に反して、お父さん…そうじろうさんは温厚そうな雰囲気を纏った男性だった。

 作務衣姿というゆったりとしたスタイルで、これまたえらく気さくに話しかけて来た。

「や、はじめまして」

 抱いてたイメージ、一瞬で蒸発。

 ……ところでこの人、どっかで見たような?

 なんかミスコン的な場面で。…気のせいかな?

 

「まぁま、そんなカタくならんと。こなたと同世代の男の子と話す機会なんてめったになくてね」

 

 そう言って互いの自己紹介から始まり、自分の仕事のこと(小説家やってるのは初耳だった)や、学内での俺のことなど、こなたを交えて軽い談笑が続いた。

 最初は一人称を“僕”に代えていたのが、いつの間にか“俺”に戻ってしまうくらい、自然な会話が一通り終わったあたりで、そうじろうさんが急に真顔になった。

 

「…ところで」

 その声で、いよいよ本題に入ったことを察した俺は、若干崩していた相好を直す。

「……こなたの、どこに惚れた?」

「ちょ、おとーさん!?」

 なんとも直球な質問に、こなたさんも慌てる。

「……」

 じっと、そうじろうさんの目を観る。

 本気の問いだ。

 

「…どこって言われると、正直答えられません」

「……キミにとってこなたはその程度だと?」

 眉根が釣りあがる。

「……全部、好きだからです」

 これ、正直な話。

「…ゆーくん」

「どこが好きってワケじゃありません。もし、どこか欠けたとしても、俺…僕は、こなたさんを好きになったでしょうし」

 

 そうじろうさんが、俺を射抜くように見る。

 

「たとえば、ちまっこいトコとか、胸が小さいトコとかも好きですよ」

 視界の端で軽くこなたさんが傷ついてたが今は無視。ごめん。

「でも、僕はそーゆーパーツでこなたさんを好きになったわけじゃない」

 今思えば、いわゆる“萌え”っと思ってしまうところはいくつもあったけど。

 

「僕が好きになったのは、“泉こなた”です。それ以上でも、それ以下でもなくて」

 

 そうじろうさんが、大きく息を吐いた。

 

「……本当に好きなんだな、こなたが」

 

「…はい」

 

 今度は俺が大きく息を吐いた。

 一番肝心な言葉を、言うために。

 

「俺は、世界中で一番…こなたを愛してます」

 

「……ふぁっ」

 

 こなたが、真っ赤になった頬を手のひらで押さえた。

 

 

「…………そうか」

 重々しく呟くように、そうじろうさんが頷いた。

 俺が言った言葉を、噛み締めるように。

 

 ・

 ・

 ・

 

「……だが」

「?」

 

「こなたを世界一愛してるのは俺だぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

 そうじろうさん、いきなり咆哮。

「いくらお義父さんでも、そこは譲れないっスぅぅぅぅxッ!!!」

 負けじと俺も。

「だれがお義父さんかぁ! 一億と二千年早いわぁぁぁぁぁぁ!!!」

「八千年過ぎたころからもっと恋しいンですよぉぉぉぉぉぉ!!!」

「ワケわからんわぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

 

 子供のような不毛な言い争いは、こなたの必殺お玉クラッシュによる両成敗に終わるまで、小一時間続いた。

 

 

   *

 

 

「…もぉ、おとーさんもゆーくんも。ご近所迷惑ってゆーか恥ずかしいよ」

「ごめんごめん」

 こなたの自室で、反省会。

「まぁ、思ってたより平穏に終わってよかったよ」

 アレを平穏と言っていいのかこなたくん。

「前に『彼氏でもつくって思い出づくりしよっかな~?』なんて冗談で言ったらマジ泣きされたことあったもん」

 …なるほど。

「ってかさ、結局そうじろうさんは俺のコト認めてくれたのかな?」

「んー…多分」

「多分って」

 よいしょ、とベッドに腰掛けた俺のひざの上にちょこんと乗っかるこなた。

 二人きりのときの、これがデフォルト。

「だって、『絶対ダメ』とは聞いてないよ?」

 ……なるほど。

「それに、嫌ってる人に向かって『今夜メシ食ってけ』なんて言わないでしょ?」

「そりゃそーだ」

 外を見ると、もう冬の星座が降りてきていた。

 

「……ね」

「ん?」

 背を俺に預けながら、こなたが問いかける。

「さっき言ってたこと、本気?」

「何が?」

「トボけないでよ」

 何を言いたいかは解ってる。まぁ、ちょっと照れくさいからさ。

「ん。本気も本気、大本気」

 こなたの華奢な身体を抱きしめる。

「……まったく、キミは素直ヒートの鑑だねぇ」

「褒めてんのそれ?」

「一応ね」

 てゆーか素直ヒートって何だ。

 

「~~~~♪」

 薄い蒼紫色のロングヘアを撫でる。気持ちよさそうにこなたが顔をほころばせた。

 

 

   ふわり。

 

 

 ふと、レースのカーテンが風に舞う。

 …あれ?

 今、窓閉めてるよな?

 

 

  ―――ゆうき、くん。

 

 声が、聞こえた。

 

「…え?」

「何?」

「…今俺のこと呼んだ?」

「んーん?」

 気のせいかな…?

 

  ―――ゆうきくん。

 

 いや、気のせいじゃない。

 こなたさんには聴こえないのか、リアクションをとる気配は無い。

 

   ふわり。

 

 また、カーテンが舞う。

 気付くと、うっすらと女性の姿が浮かんでいた。

 底抜けの優しさと、一抹の寂しさをたたえた瞳。

 その姿は、こなたに良く似ていて。

 

  ―――こなたを愛してくれて、ありがとうね。

 

 人影が、穏やかに笑って言った。

 

  ―――この子には、私以上に幸せになって欲しいから……。

 

 こなたの頭を優しく撫でる。彼女は気付かない。

 

 …あぁ、そうか。

 

 この人、こなたの……

 

 

  ―――こなたのこと、お願いね。

 

 

 そう言うと、その人は現れたときと同じように、いつの間にか消えていた。

 

「……はい。きっと、幸せにしてみせますよ」

 その想いを、しっかりと受け止めて、俺は頷いた。

 

「……誰と話してるの?」

 頭越しに、こなたが問いかける。

「ん…ナイショ」

 ごまかす様に、頭を撫でる。

「いつか教えるよ」

 

 ……俺が、俺自身の力で。

 キミを一生幸せにできるようになる、そのときに。

 

「……こなた」

「んー?」

 

 

 

 

「だれよりきみを、あいしてる」

「……うん」