※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「こなた」
「んー?」
「忙しい?」
「ちょっち」
「まあ、ゲームしながらでいいから聞いてよ」
「んー、なぁに?」
「俺達、付き合ってどれくらい経つっけ」
「半年ちょい、とか?」
「うん、半年だ。そこで相談なんだけど」
「…なにさ」
「あれ?ゲーム、やってていいよ?」
「やってたいけど、そんな感じじゃないじゃん」
「そうかな」
「…さっさと言いなよ。真剣な話とか、あんま好きくないけど」
「怖い顔しないでよ」
「したくてしてるんじゃないし。なに?私、やっぱりダメだった?」
「ダメって?」
「もう、好きじゃなくなったとか。なにせ、こんなんだもんね。せっかく遊びにきても、ゲームばっかりして」
「あのさ。言っていいことと悪いことがあるよ」
「…なんで、怒られなきゃいけないの?」
「…悪い。でも、それだけは絶対ない。誓って、ない。だから、そんなこと考えてほしくなくって。
こなただけは、死ぬまで好きでいる自信がある。出来るんなら、死んでも好きでいたい」
「ちょ、あ、えっと」
「こなた?」
「…なんか、卑怯だなぁ。カウンターでそういうこと言われると、すっごい効くじゃん…」
「っていうか、俺の切り出し方が悪かった。もっと、率直に言うべきだったね。…あのさ、こなた」
「…なに?」
「俺達、そろそろ、その。だから、つまり」
「すごく率直だね」
「…よしっ。こなた。俺、こなたの恥ずかしいところが見たいんだ!」
「恥ずっ」
「もっかい言おっか?」
「いい!聞こえた!聞こえたから、一瞬待って」
「うん」
「それはつまり、一言で言うと、アレする、ってこと…だよ…ね…?」
「たぶん、こなたの思ってることで合ってる」
「…そっか」
「やっぱり、まだ?」
「私で、そーゆーことを考えてたわけだ」
「…言わすかな、それを」
「考えてくれてたんだ?」
「…悪かったね。どうせ、こなたに出逢ってからはこなたでしか考えられなかったよ」
「私でしか…しかも出逢ってからって、軽く危険だね」
「茶化すなよ。俺は真剣だよ?」
「私だって、真剣だよ。キミがそんな風に見てくれるなら、そりゃすごい恥ずかしいけど、同じくらいなんつーか
…嬉しかったりもするわけだし。私って、ゲームのキャラみたいな理想的な外見してないから」
「ゲームとか、なんの関係もないと思うんだけど」
「…あれ。どうしたんだろ。本気で嬉しいな…」
「だから、ね?こなた」
「本当に死ぬまで好きでいてくれるんなら…いいよ」
「…ありがと。俺も、めちゃくちゃ嬉しい。今日はみんな遅いから、いまの内なら誰も帰ってこないよ」
「あーもうっ、わかったから、これ以上言葉はナシ!いいねっ?」
「…そうだね。じゃあ、早速やろっか」
「…やろっかって、生々しすぎ」
「にらめっこ」
「…ん?」
「こなた、にらめっこ超強いんでしょ?」
「…えっと」
「かがみさんから聞いてさ、ずっと気になってたんだよね」
「…なるほど」
「ん?なんか言った?」
「あのさ」
「なにか?」
「人中って、知ってる?」
「なにそれ。知らない」