※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

桜藤祭。こなたさん達は歓喜に浸っていた。
「みんなお疲れーーーー!」
「なんとかうまくいったわね」
「拍手すごかったよねぇ」
「そうですね、とてもよかったですね」

チアダンスが成功し、各々喜び浸っているところに俺が出向く。
「みんな、お疲れ様。すごく良かったよ」
みんながありがとう、とお礼を述べてくる。みんないい表情をしている。
ふと、岩崎さんが俺に言う。

「えっと・・先輩も、がんばって・・・ください」
「あぁ。みんな、楽しみにしといてくれよ!」
そう、俺もこの桜藤祭で出し物をするんだ。学校の友人を集めて、バンドをやるのだ。
こなたさんがアニソンやるの?と聞いてくる。

するか!そんなの!
しかし俺は今日、ある決意を胸にこの桜藤祭を迎えているのだ。
ある人に想いを伝える・・・。

そして、出番がやってくる・・・。

出番10分前。やはり緊張はするんだなぁ・・・。
1組に与えられた時間は20分。単純計算して、3曲はいける。
ちなみに俺はヴォーカルである。

出番5分前。メンバーの一人が、舞台のそでから客席を見てみる。
「やっぱりいっぱい入ってるぞ」
生徒の座っている席を、目を凝らして見ていく俺。・・・いた。
想いを告げる人のいる場所を確認する。し終わると同時に、白石のアナウンスが響く。

「え~みなさん。楽しかった生徒の出し物も、次が最後です」
一気に緊張が高まる。幕を隔てて、もう向こうには何百人という生徒がいるのだ。
「こなたさん達、こんな空気のなか踊ってたのか・・・」
そう考えると、負けられない気持ちが湧いてきた・・・。

「よっしゃ!楽しもうぜ、みんな!!」
メンバーにそう声を掛けると、おぉ!という気合。
「3年生男子4人組、BATTです、どうぞ!!」

幕が上がっていく。同時に、歓声が耳に届く・・・。
見渡せば、こなたさん達は手を振ってくれている。それに応える俺。
ギターのチューニング音が、体育館に響く。
そして、始まる・・・。

ドラムの激しいリズムに合わせて、ギターとベースが続く。
客席を見れば、こなたさんと田村さんとパトリシアさんが目を輝かせている。
そりゃそうだ。1曲目は、アニメの主題歌にもなった曲だ。
アジカン、「リライト」

みんな割とのりが良く、1曲目から盛り上がってくれた。
演奏が終わると、一応リーダーである俺がメンバー紹介をしていく。
一通り紹介も終わったところで、2曲目に入る。

2曲目は、こなたさんからのリクエストに応えた感じになる。
再びこなたさん達の目が輝く。2曲目もアニメの曲だ。
涼宮ハルヒ(平野綾)、God Knows…

元々俺もお気に入りの一曲だったので、なんの抵抗もなく歌えた。
2曲目になると、もう生徒達もノリノリだ。手拍子も凄い音に聞こえた。
2曲目も終わった・・・。ついにその時がきた・・・・

「え~、次が最後になります」
そう言うと、会場からえぇーーー!という声。ちょっと嬉しかった。
といっても、俺にはいま、やらねばならない事がある。それをやらないと、今回出た意味がないのだ!

「最後の曲は、ある人に対する・・・俺の気持ちを唄います」
メンバー達は?の顔。この事は、メンバーにも内緒にしておいたんだ。
「今日俺は、この場でその人に・・・告白したいと思います」

会場、一気にヒートアップ!!メンバーもヒートアップ!!
見てみればこなたさんはニヤニヤしてる、かがみさんはビックリ顔、つかささんは紅くなってる、みゆきさんはオロオロしてる。

男子生徒が大声で聞いてくる・・・。
「その子のどこが好きなのーーーーー?」
「わかんねぇ。でも、ひとつだけ言えるのは・・・世界中の誰よりも、その人を愛してるってことだけだ!」

沸き返る会場。先生も慌てふためいている。でもそんなの関係ねぇ!
「1年D組!」
おぉーーーーー!と、再び沸く会場。そして、会場中の視線が、1年D組に注がれている。

そして・・・その子の名前を叫んだ・・・
「1年D組・・・・・岩崎みなみさん!」

みなみの名前を叫び、みなみの居る方を見る。
会場はなんともいえない熱気に包まれている。
肝心のみなみは・・・驚きを隠しきれず、顔を紅くしていた。

俺が言葉を言おうとすると、会場はシーン・・・。みんな空気をちゃんと読んでる・・・。GJ!
「大好きです!一生幸せにします!ずっと・・・ずっと一緒にいてください!」
言えた。みなみが入学してきてから、ずっと言えなかったことを言えた。
それだけで十分に満たされていた、不思議な感覚だった。

みなみの返事が帰ってきた・・・。手で・・○・・・。
みなみの為に唄う、最後の曲。
「愛唄」