※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある日の、できごと。

「・・・それにしても、峰岸さんと日下部さん、ホントに仲良いよね」
「んー?まーな。長い付き合いだからな~。」
「なんか、まるで姉妹みたいだよね。つかささんとかがみさんみたいな」

―――最近、良くみんなで居るようになって感じたことを、そのまま口に出してみる。
ほんとに、姉妹だって言われても違和感のないくらい、自然に感じる。見た目は全然違うけれど。

・・・と。

「あぁ。なんたって、近いうちにホントの姉妹になるんだからなっ。」
「っ!!み、みさちゃんっ!///」
「・・・・・・ハ?」

・・・今、なんつった?

「・・・いや、実はさ~、私の兄貴とあやの、付き合っててな、高校出たら結婚するんだよ」
「・・・マ、マジで!?結婚?ホントに?」
「・・・う・・・うぅぅ・・・//////」

真っ赤になる峰岸さん。
どうやら、卒業後すぐかどうかはともかくとして、かなり具体性のある話ではあるようだ。

「へー。結婚・・・かぁ。考えたこともないなぁ。凄いね、峰岸さん。」
「べ、別に私は何も・・・ま、まだ、ホントに何も決まった訳じゃないし・・・」
「いやいや、でもさ、そーゆーのを本気で考える位には、お互いを想ってるってことでしょ。」
「///うぅぅ・・・あんまり、からかわないで・・・///」

あらら、茹で蛸みたいにまっかっか。

「峰岸さんって、あんまり、こーゆーいじられるのって慣れてないんだ?
日下部さんとかかがみさんとか、ちょいちょいからかったりしないの?」
「・・・たまにはあるけど、女の子同士だし・・・男の子に言われるのって初めてだから・・・」

なるほど。たしかに、男に言われるのと女の子同士でからかうのとは違うかもなぁ。
・・・でも、なんか、良いよなぁ。

「・・・峰岸さんって、可愛いよね。なんか、その彼氏の気持ち、良く分かるなぁ」
「・・・っっっっっ!?!?!?」

・・・あら?止まっちゃった。

「・・・お前、やっぱりものすごい奴だな・・・」
「・・・・・・え?」
「・・・知るか、ヴァカ」

・・・?なんか悪いこと言ったか?俺
峰岸さんは、さっきみたいな赤い顔でも、普段の優しい顔でもなく、ただボーっと硬直している。

「・・・えぇと、ゴメン峰岸さん。なんか気を悪くしたなら謝るよ。」

俺の声に、ハッと気がつく峰岸さん。

「・・・ぇ、ううんっ。私こそゴメンナサイ。何でもないの。びっくりしちゃっただけで・・・」
「・・・そう?」
「うん、大丈夫。」
「・・・なら、よかった。嫌われちゃうかと思ったよ。
ゴメンね。いきなりちょっと遠慮がなさすぎたよ。」

こなたさん達と居る時なんかは、言いたいことははっきり言わないと、ペースを握られるからなぁ。

「・・・うぅん。それくらい、私達とも仲良くなったってことだもの。
きっと、良いことなのよね。」
「・・・うーん、まぁアレか、ダチに遠慮はいらねー、ってことにしといてやるかっ」
「・・・良かった、ありがとう二人とも。」

肩をなで下ろす。せっかく仲良くなったのに、よくわからないのに嫌われるところだったよ。

「・・・でも、友達が、家族になるって、凄いよねぇ。日下部さん、どんな気持ち?」
「どんな、って、別に変わりねーよ。お前だって言ったろ、今も姉妹みたいだって」
「・・・まあ、そうだけどさ。それでも、なんか思うことない?」

・・・俺の質問に、日下部さんはちょっとだけ考えて。

そして、口を開く。



「・・・まぁ、アレ、かな・・・。
もし・・・もしも、だぞっ、兄貴と別れちゃったらどうなるかな、って・・・考えたことならある」

「・・・えっ?」
「・・・みさ、ちゃん?」

・・・なんとなく真剣身を帯びた声に、俺も、峰岸さんも、声が止まる。

「・・・な、何固まってんだ。だから『もしも』って言ってんだろ。例えばの話だよっ!
悪いかよっ。私だって、真剣に悩むことくらいあるぞっ」
「・・・い、いや、いきなりすぎて、気持ちがついていかなかった。ゴメン」
「みさちゃん・・・」

峰岸さんが、日下部さんを見つめる。
その目には、何がこめられているのか。俺には、わからなかった。

「う、いや、だってさっ。付き合い始めの頃の話だぞ?
百パーセント絶対にない、なんて考えらんないだろ。」

峰岸さんに見つめられて、たじろぐ日下部さん。それでも、なんとか言葉を続ける。

「あやのは、私の友達だよ。それは、その時だって一緒だったさっ。
・・・でもさ、もし、兄貴と別れちゃったら、私とも気まずくなったりするかもしれない。
・・・だから、別れて欲しくなんかない。このまま、ずっと一緒で、兄貴と結婚して。
そんで、私とも家族になって、ずっとずっと一緒にいるんだ。

・・・そんな風に考えて、わるいかよっ」

プイッ、と顔を背ける日下部さん。
・・・それを見つめる峰岸さんの表情は、さっきと特に変わってはいない。

・・・でも、今度はわかった。峰岸さんの気持ち。

・・・それはまるで、幼子を慈しむ母親のような、無限の・・・愛情。

「・・・もう。みさちゃんったら」
「・・・あやの」

峰岸さんが、日下部さんに優しく語りかける。

「・・・たとえ、そうなったとしても、みさちゃんとはずっと友達だよ。
今の私がいるのは、誰よりも、みさちゃんのお陰、なんだから。」
「・・・あやの・・・グスッ、あやのぉ・・・」

・・・抱き合う、二人。

「・・・うぅ、ゴメンあやのぉ」
「ううん、いいのよみさちゃん。」

ポンポン、と背中を叩く峰岸さん。やっぱり、母親みたいだ。


・・・しばらく抱き合って、離れる二人。
日下部さんは、少し気まずそうに俺をみている。

「へ、へへ・・・恥ずかしいトコ、見せちゃったな・・・」

鼻をかく日下部さん。その姿は、とっても・・・可愛く見えた。

「・・・そんなことないよ。二人はホントにお互いが好きなんだな、ってわかったもの。」
「っ///バ、バカっ!!」
「・・・ウフフッ」

照れる日下部さん。微笑む峰岸さん。

・・・うん、やっぱりいいな、この二人。

「・・・あ、そうだ、あのさ・・・今の二人、写真に撮っていい?」
「・・・え?い、今?」
「うん。俺さ、最近写真にハマっちゃって。今の二人なら、きっとすごくいい絵になるよ。」
「・・・そ、そうか?」
「・・・うん、撮ろうよみさちゃん」

ちょっと困り顔の日下部さん。乗り気の峰岸さん。

「はいはい、撮るよー。笑って日下部さ~ん」
「え、ちょ、待て、そんないきなり笑えるかっ」
「聞こえませ~ん。ハイっ撮ります。3、2、1、・・・チーズっ!」
「・・・いや、だから待っ―――」
「・・・ちーずっ!!」

―――バシャッ

「・・・ハイおっけ~、ナイスでした~」
「・・・バカっ、アホっ。見せろ、ぜってー変な顔してるだろっ」
「いやいや、そんなことないよ~。二人とも、良い顔・・・プッ」
「なんだ今の笑い!?見せろっ!!」
「・・・いやいやいや、これは俺の大事なコレクションだからね。見せられませーん」
「ふざけんなっ!あやのもなんか言ってやれ?」
「・・・えーと(汗)ど、どんなだった?」
「峰岸さんには良いよ。ハイこんな感じ」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・クスッ」
「・・・あやのまで!?!?」
「ご、ごめんみさちゃん。でもこれ・・・プッ」
「う が ~ ~ ~ ~ ~ ~ !!見ーせーろー!」
「やばい、にげろ峰岸さんっ!」
「・・・ごめんねみさちゃ~ん」
「待てコラ!二人ともっ!待てってば!!」


・・・今日は、この二人の絆を再確認できた気がする、そんな1日だった。

「良いから見せろってヴぁ!お願いだから見せてよ~~~!」

・・・ちゃんちゃん。