※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夕焼け、それは一日の終わりを告げる自然の知らせ。空はオレンジ色に染まり、太陽は無駄に眩しく輝いている。
夕方の住宅街の人通りは少ない。大抵の学生はまだ部活中で、すれ違うのはスーパー帰りと思われるおばちゃんくらいだ。
そんな中を俺とやまとはのんびりと帰宅していた。
やまとと俺は恋人同士だ。俺達は恋人になってからほぼ毎日かかさず一緒に下校している。
いつもと同じ道を通り、いつものように他愛ない会話を続けながら、いつもの場所で別れる。
手を繋いだり、腕を絡ませたり、軽く肩がふれあったりするのもいつものことだ。
楽しい時間はあっというまに過ぎてしまう。
とはいえ、土日ならいくらでもデート出来るし問題はない。
やまとと別れた後は、いつものように帰宅し、夕食を食べ、風呂に入り、しばらく机に向かって勉強し、やまとにメールして、寝る。

そんないつもと変わらない日常。
だけど今日に限ってはそうはならなかった。
ピンポーン

「しん、お母さん今、手が離せないから出てきて」
「分かった」

リビングで夕食までの暇を潰していた俺は、料理に忙しい母さんの代わりに玄関を開いた。

「はい、どちらさま。ってやまと?」

そこに居たのは、やまとだった。やまとは何回か俺の家に来た事があったけどこんな時間は珍しい。まだ制服姿なのを見るによほど急いでるみたいだ。

「いらっしゃい、どうしたの急に。何かあった?」
「少し頼みたいことがあって」
「俺に出来るならなんでもどうぞ」
「ええ、実は・・・」

そう言うやまとは、何処と無く暗い。元々無表情なやまとの雰囲気を読み取るのは、付き合い始めてから習得したスキルだ。
でも、やまとが暗いと俺まで不安になってくる。本当に何があったんだろうか。

「・・・泊めて欲しいの。今夜だけでいいから」

「そんなのお安い御用――って、ナンデストー!」

やまとが泊まる?俺の家に?今夜一晩?
おおおおぉぉ!一つ屋根の下に一緒に!今夜だけだけど一緒に寝れたりするのか!
いかん、落ち着け俺!やましいことを考えるな!落ち着けー!

ふぅ。クールダウン完了

「やっぱりダメ?」
「いやいやいやいや、そんなことないよ。ちょっとびっくりしただけだから。・・・ていうか、いきなり何で?」
「親が出かけてて、家に誰もいなくて・・・鍵忘れたの・・・」
「なるほど。俺はいつでも大歓迎だよ」
「本当・・・!ありがとう」

さっきまで暗かったやまとの表情に明るさが戻る。ほんの少しの違いだけどやっぱり俺にはわかる。笑顔でいてくれた方が嬉しい。

「上がって上がって。自分の家だと思っていいよ。俺は母さんに了解とってくるから」
「わかったわ」

その後、母さんの了解(一瞬でOK)をとりつけ、丁度夕食が出来たのでやまとと三人で食べることになった。
夕食を終え、俺とやまとは後片付け中だ。
蛇口から流れる水と食器のカタカタという音は、何となく生活感を感じさせる。
それは、やまとがずっと前から俺の家にいたような錯覚まで感じさせた。

「そういえば、やまとって料理とかよくする?」
「普通、かしら。手伝いするときもあるし、自分のお弁当は自分で作るときもあるわ」
「お弁当自分で作ってるんだ」
「そうよ」
「じゃあさ、もしよかったら俺の分とか・・・作ってくれないかな?」
「えっ・・・」
「ほら、こなたさんも『恋人なら手作り弁当は必須』みたいなこといってたしさ」
「で、でも口に合うかはわからないわよ」
「そこは大丈夫、やまとの作ったものならなんでもおいしいよ」
「・・・そんな恥ずかしいことよく言えるわね。いいわ、作ってきてあげる」

「やった、やまとのお弁当ゲットだぜ!」
「もうっ」

そう言って赤面するやまと。実に可愛い。普段、無表情だけにこういうのは破壊力が高い。こうかはばつぐんだ!
こんなに顔をされては・・・よし、今なら母さん見てないし――

「どうしたの、ぼーっとしてるわよ」
「はっ!いかん、何考えてんだ俺・・・」
「大丈夫?」
「な、なんでもないよ!」
「そう、ならいいわ」

またヤバイ方面に思考が走ってしまった。お泊まりというイベントのせいだろうか・・・
熱暴走寸前の頭を抱えつつ、俺は洗い終えた食器を片付けた。

 

しばらくたった後、俺は今やまとに着替えを渡すべく脱衣所に向かっている。
因みに風呂の順番は

『どうする?やまと先入る?』
『私、着替えが無いし、邪魔してる身だから・・・』
『着替えは母さんが何とかしてくれるってさ』
『そうなの?でも、先に入っていいのかしら』
『大丈夫だよ、嫌なら先に入るけど。あ、一緒に入るというの――』
『先に入らせてもらうわ』

と、いうわけでやまと→俺→母の順になった。

「やまとー、着替え持って来た・・・よ・・・」
「えっ、あっ・・・」

ドアを開ければ、丁度風呂上がりのやまとがいた。
風呂上がり――要するにバスタオル一枚。
すらりとした体躯に白い肌、少し火照った顔と濡れた栗色の髪、揉みたくなるような綺麗な肩、そして隠しても意外とある胸。
俺の目の前にいた彼女はまさに女神とか天使とかそんな感じだった。
俺が我が身に迫る危機を忘れて見惚れるのも無理は無い。

「可愛――」
「きゃああぁあぁぁぁ!」

ヒュン
スコーン!
ガッシャーン!

「ごふっ!」

一つ目はやまとが入浴剤のを投擲する音。
二つ目はそれの直撃を受ける音。
三つ目は吹き飛んだ俺が背中から着地する音。
頭の中で、『らっきーすたー』と書かれた星が散るのをを見た。
ヒジョーに痛かったがとても良いものをみれたから、プラマイゼロだと思いたい。

何とか立ち上がると閉じたドアから、やまとが真っ赤な顔だけ出してこっちを見ていた。
しかし、明らか怒りのオーラがドア越しににじみ出ている。
・・・俺のするべきことはただ一つ。

正座↓
「本当に!」
即座に↓
「申し訳っ!」
土下座
「ありませんでしたっ!」

あれ?なんかデジャヴが・・・

「何でいきなり覗いたりしたのよ・・・」
「の、覗きたくて覗いたわけじゃないよっ!着替えを渡そうとしたら偶然・・・」
「あ・・・そうだったの・・・ごめんなさい、いきなり物投げてしまって・・・」
「いやいや、俺が注意してたら良かったんだ、ごめん」
「今度からは気をつけてよ」
「うん、ごめん・・・はい、着替え」

俺が着替えを渡すと、やまとは、ありがとう、ただし、次覗いたら・・・と言ってドアの向こうに姿を消した。
無論、覗けるわけもなく、やまとが着替えるのを待って俺は風呂に入った。
「なんか、色々ダメだな今日の俺・・・」

風呂につかりながら呟く。
やはり、やまとと一つ屋根の下というのはなんか色々と意識してしまう。
またオーバーヒートしないように、漫画のキャラみたいに頭の中にドライアイスでもいれてみようかな。
どうやるんだっけ、たしか『カパッ』て頭を開くんだったかな。
確実に冷却出来そうだけど、命が危ない。

などと、実にくだらない事を考えながら風呂を上がる。
リビングに出ると、母さんとやまとが何やら話し込んでいた。

「・・・卵焼きはしっかりと火を通す、ただし焦げないように、ですか」
「そうそう、後はたっぷり愛情を込めなさい」
「あ、愛情ですか・・・」
「んー、やまとと母さん何話してるの?」
「た、大したことじゃないわ」

そう言って慌てて手元のメモのような物を隠すやまと。
何なのか気になったけど、母さんが自分の部屋を片付けなさい、と言ってきたので渋々自分の部屋に向かった。
階段の途中で母さんの、素直じゃないのね、という声がしたが何のことかサッパリ分からない。

それから、俺の部屋で遊んだりお喋りしたりして気がつけば12時すぎだった。
真っ暗な俺の部屋、俺のベッド、俺の布団の中にやまとと一緒に横になっている。
一人用の布団に二人なので身体はほぼ、密着している。普通に考えれば至福のひとときなのだが

「・・・」
「・・・」

背中合わせという何とも言えない体勢なのだ。
最初は向かいあってたけど、モーレツに恥ずかしくなってまともに寝れず、二人して反対側を向いてしまったのである。
変なとこで暴走していた頭はわりかし落ち着いている。
これは喜ぶべきなのか・・・
それでも、背中越しにやまとの鼓動か感じられるので、それはそれでいいかもしれない。
でも、もっとやまとを感じたかった。だから俺は思い切った行動にでる。

「やまと、寒くない?」
「大丈夫よ」
「俺はちょっと寒いかな」
「そう?」
「だからさ・・・」

身体を180度反転、後ろからぎゅっとやまとを抱きしめる。

パジャマ越しにやまとの体温を感じる。
やまとも同じだろう。

「っ!」
「こっちのほうがあったかいだろ?」
「でも・・・ううん、こっちの方がいい・・・心臓の音、聞こえてくるわ」

そんなに俺、ドキドキしてるのか・・・

「しんくんの身体あったかい・・・」

人前ではクールでも、二人きりの時は普段は見せない弱さや甘さを見せるやまと。
俺だけが知っている、と言うのは少し傲慢かもしれない。

「俺もだよ、やまと・・・」

身体が温かいのは体温のせいだけじゃない。
心が満たされる温かさがある
これが幸せというやつだろうか。

「ねぇ・・・しんくん、聞いてくれるかしら?」

暗闇の向こうの顔は見えない。その声だけが俺に伝わる。

「ん、何」
「私、最近不安だったの」
「不安?」

やまとが何を考えているのか、大体分かる気がする。
不安――それは俺も、ときたま感じていたものだ。

「私はしんくんと付き合い始めてから、色々あって、楽しくて、凄く幸せだわ
でも、ある日しんくんが、何処か遠く離れていってしまうかもしれないと考えると、凄く怖い
いつか、突然、居なくなってしまうと思うと、胸が苦しいわ。
私にはそんなの耐えられない。一緒に居たい。
今の幸せをずっとしんくんと一緒に、分かち合いたいの・・・」
「俺もだ、やまと・・・」
「だから・・・」
やまとが身体を回した。暗闇にやまとの輪郭が浮かび上がる。
俺のパジャマの胸がぎゅっと捕まれる。
二人とも考えていたことは同じらしい。

「だから、もっと抱きしめて。絶対に離れないように・・・」
「やまとっ!」

やまとの目尻に浮かぶものを見たくなかったから。
何故か俺の目から流れる液体を見られたく無かったから。
俺は強く、力強くやまとを抱きしめた。

「絶対に離さない。何があっても絶対に」
「約束、して・・・」
「約束する・・・俺はやまとが大好きだから」
「私も、大好き」

腕の力を抜く。視界一杯にやまとの顔が映る。
もう何も言うことはない。

俺達はそっと目を閉じ、唇を重ねた。

大丈夫だよ、やまと。俺は何処にもいかない。ずっと君のそばにいるから。
この絆は絶対に切れないものだから。

おやすみ、やまと
また明日

 

朝、カーテンがあるにも関わらず眩しい日光に目を覚ました。
一緒にいたやまとは先に起きたみたいで、既に部屋にはいなかった。
パジャマの胸の生地が妙にのびている。
寝てる間ずっと掴んでいたんだな・・・
とりあえず、寝ぼけ眼をこすりながらリビングに出る。

「ふぁ、おはよー」
「遅い、もう8時よ」

出迎えはエプロン姿のやまと。朝から良いものを見た。
おかげでバッチリ目が覚めた。

「まぁまぁ、土曜日なんだしさ」
「そうね、はい、朝ごはん」
「やまとが作ったの?」
「ええ、そうよ」
「ならば、一刻も早く食べないと!」
「ふふっ」
「なっ、今笑ったな」
「これからは私がしんくんのお弁当つくるのよ。焦らなくてもいいじゃない」
「・・・確かにそうかも」

やまとのお弁当、考えただけで涎が・・・
いかんいかん。
朝食を食べた俺は今、家の前にいる。
今日はデートする予定だからだ。
空は素晴らしき晴天、降水確率ゼロ%、絶好のデート日和。
なにより朝からずっとやまとと一緒ににいられる。
こんなチャンス滅多に無いといっていい。

「お待たせ」

制服姿のやまとが駆け寄ってくる。
その手を自然と握る。

「じゃ行こうか」
「ええ」

繋いだ手を引き歩き出す。
何処に行ってもこの手は離さない。

いつもと変わらない日常がまた始まる。
歩く時の距離も、肩の距離も、顔と顔の距離も、変わらない。
でも、ほんの少し変わったものがある。

それは、俺達のココロの距離――