※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「さっきのはちょっとドキドキしたな…先生とはいえ女の人なんだし」



「ぶっちゃけ人手が足りひんねん!こんなとこで休んでのうて、キリキリ働かんかいっ!」
「わかりましたよ。うう……人使い荒いなあ」
「うっさい。ほら、とっとと行くで!」
「ちょっ!?先生!腕、引っ張らないでくださいっ!ちょっ、先生」



結局あのまま教室まで腕を引っ張られてつれてかれた。
あんな近い距離で…なんか、いい匂いしたな…
「って、こんなこと思ってるのがバレたら。またからかわれるな…」
実際さっきは、こなたさんたちに勘づかれそうだった。

「○○君なんかニヤニヤしてるねぇ、なんかいいことでもあった?」
とか言われて…





「あかんな、あんなんでドキドキしてまうなんて…」
深いため息が出る。
「あてられたんかな、あいつらホンマ頑張っとったさかい、それ見てて青春でも思い出したんやろか…」
少しの沈黙のあと
あかんあかん!しっかりせえ自分、生徒なんかにときめいてどないする!」

「明日は休みやさかい、今夜はがっつりネトゲでもするか」
帰路につこうとした時に自販機のところにいる○○が見えた。



「おぉ○○今帰りか?」
「あっ、先生も今帰りですか」
「ん、なんや自分ノド乾いてるん」
先生が鞄の中からゴソゴソと何かを取り出し○○に投げて渡した。
「せやったら、それ飲み」
○○が渡されたものを怪訝そうに見る。
「た、炭酸青汁……しかも飲みかけじゃないですか」
「ああイマイチやったんや、なんや文句あるんか?うちの酒が飲めへんというんかぁ」
「酒じゃないですし、ちゃんと自分で処理してくださいよ」
「ええから文句言わんと飲みい!!」
結局そのまま先生に押切られる型で渡されてしまった。
そして先生が帰ったあと
「これって間接キスだよな……って、またこんなこと考えてるよ」
その味はなんとも言えなかった。



「あかん、さっきのって間接キスとちゃうか、あんな押しつけるようにして意識してるとか思われてへんやろな……いやいや考えすぎや、そんなんあらへん」
また深いため息が出る。
「あかんな~、思春期真っただ中やあるまいし、うち何考えとんのや…」

桜藤祭から少しして俺は黒井先生に呼び止められた。
「○○今度お前も遊び行かへんか?」
急なことで要領を得ないままでいると
「いやな、今度泉たちと遊びでも行こうてなってな、それやったらお前もどうかとな……ん、なんやその顔は?うちと2人きりのデートとでも思たんか?あかんでー自分、うちは先生でお前は生徒なんや、そんな禁じられた恋なんて…」
「あの先生、1人で突っ走んないでくださいよ」
「おお、すまんすまん、ということでよろしくな、後で泉たちからも話あるやろ」
そうして先生は去っていった。





「うちが27で、○○が18、9歳の差なんやな、デートとかもありえへんこともないな……って、あかん自分何考えとんのや…」

それから俺は泉さん達や黒井先生と遊ぶようになった。

そして、少しづつ先生のことが気になってきた。





「なあ○○年上の女って、どう思う?」
「なんですか、いきなり?」
「べ、別に深い意味はあらへんね…なんとなくや」
「そ、そうですか、ん~…年上の女の人ですか、そうですね……」
「おーい2人とも、そろそろ帰るよー」
俺が答えようとした時みんなが来た。
そして帰り道では2人でいたことをからかわれ、先生はとんだ笑い話やな~と言って笑い飛ばしていた。

そういうことが続き12月になった頃だろうか、先生が俺のことを避けてるような感じがし始めた。
「お前もうちなんかとあそんどらんと、あの4人の誰かでも誘わんかい」
などと言われあしらわれてしまう

「なんや泉?」
「先生は今年もクリスマスは1人ですか?」
「いきなり失礼なやっちゃな、ふざけたことぬかしてると修正したるで」
今にも殴られそうな雰囲気を遮るように
「○○君とデートでもしないんですか?」
「はあ~~~~~~」
廊下に響く程の大声
「いきなり何言うねん、うちと○○は」
「ちょっ、先生声大きいって」


先生が大きく深呼吸をする。
「先生落ち着いた?」
ふぅ~と一息ついた先生が「せやからな、うちと○○はなんもあらへんね…教師と生徒やし……」
だんだん声が小さくなりボソボソと聞こえるようになっていく
「ちょっと注意して見れば、わかりますよ、お互い意識してるの」
黒井が押し黙る。
そして意を決したように口を開く
「あかんことはわかってんねん、せやけど、なんかときめいたんや、いっつも自分にあかんことやって言い聞かせてんやけど……」
「なんで駄目なんですか!?」
影から急に○○が現れて黒井に向き合った。
「どういうことや泉?…って逃げるなー」
泉さんが走り去っていく
「俺が泉さんに頼んだんです。先生と2人きりになれるように」
今度は○○が意を決したように口を開く
「さっきの話聞いてて、嬉しかったです。先生が俺にときめいてくれたとか……」

この時どんなことを言っていたか、はっきり言ってテンパってて覚えていない、教師と生徒だからってなんなんです。とか恥ずかしいことばっか言ってた気がする。

そしてクリスマスの日
「すまん○○遅れてもうて」
この言葉のとおり先生は遅刻してきた。
まぁ、どうでもいいことだけど


本当にいろいろと話をした。
そして最後に2人で決めたことがある。
「なあ、○○やっぱりケジメはちゃんとつけなあかんと思うんや。せやから、つきあうっちゅうことは卒業するまで我慢せなあかんと思うんや」
そういう先生に俺も納得した。




卒業式が終わったあと星桜の木の下で先生と会う約束をしていた。
俺が黒井先生のことを好きになった、きっかけの場所
「先生遅いですよ」
「うっさい、色々忙しいねん、それに、やっぱ人目を避けるというか……あと迷ったんや、ホンマに行ってええんかとか…」
少しの間があく
「うちでええんかとか…こんな年の離れたヤツやなく、同じくらいの年のヤツの方がいいんやないかとか……ホンマそういうこと考えとったら、なんか怖なって………」
「先生…前に年上の女の人のことをどう思うか聞いてきましたよね」
○○が優しい声で語りかける
「その答え今話してもいいですか?……ううん、今話します。好きです、年上の女の人とかは関係なく黒井先生が好きなんです」



そこから先は言葉はいらなかった