※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

先輩、仰天。

「こ、告白って・・・え、岩崎さんが?ぇえ?」

先輩、動揺。

みなみ「・・・落ち着いて下さい。もちろん、明日、断ってきますから」
「ぇ・・・あ・・・そ、そうね。ア、アハハ、ハハハ、・・・はぁ・・・びっくりしたぁ」

先輩、安堵。なんか可愛いかも。

・・・いや、今はそんな場合じゃない。
みなみ「・・・先輩・・・・・ゆたかに、告白された時・・・・どう、感じました?」
「・・・・・・えっ?」
聞き返す先輩。繰り返す私。
あの時は、聞かなかった。
・・・今は、聞きたい。あの日の、先輩の思いを。

みなみ「何を、考えました?教えてください・・・あの時、何を、思っていたのか―――」




「・・・・・・・・・」
みなみ「・・・・・・」
―――質問の後から、先輩は、しばらく目を瞑っている。
私は、一瞬『やっぱり・・・』と、すぐ謝る気持ちになったのだけれど。
今は、黙って待っている。

・・・ただ、待つ。先輩の言葉を。

「・・・岩崎さん」
みなみ「・・・は、はいっ」

先輩が目を開ける。その目は、やっぱり、いつも通り、とても優しくて。

・・・最近の、ゆたかの目によく似ていた。

・・・・・・違う、逆。

ゆたかが、先輩に似てきたんだ。

私が、ただ、先輩の優しさを享受しているだけの間に、

・・・ゆたかは、大人になったんだ。先輩の背中を追って。

・・・私も、いつかはこんな目ができるようになるのだろうか?

・・・道は、果てしなく遠い気がした。

―――そして、先輩が言葉を紡ぐ―――

「・・・あの時」

「・・・小早川さんに、呼び出された時」

「最初は、一体なんだろうって思った。」

「別れる前に色々あったし、なんだか二人とも様子が変だったから」

「ひょっとしたら、喧嘩して相談にでも乗ってほしいのかな、なんて考えてた」

・・・そう、あの日、先輩には悪いことをしたと思う。
とても心配をかけて、そのくせ勝手に『二人にしてほしい』なんて。
・・・結局、後で謝った時にも、先輩は笑って許してくれたけど。

先輩の言葉は続く。

「・・・そしたら、いきなり」

「『先輩が、好きです。』って」

みなみ「・・・・・・」

先輩は、微笑んだまま。

でも、やっぱり、さっきよりは、困ったような笑み。

「・・・すごく驚いたよ」

「ずっと、妹みたいに思ってたから」

妹。ゆたかも、最初は、先輩をお兄さんみたいに思ってたのかもしれない。
・・・でも、ゆたかは、それ以上を望んだ。

「・・・でも、なんとなく、なんとなくだけど、納得できた」

「いや、その、自慢とか、自惚れとかじゃなくて」

「・・・よく、わからないけど、なんていうか」

「ひょっとしたら、そんな『可能性』もあったんじゃないか、っていう」

「・・・ごめん、これじゃやっぱり自惚れかな」

そういって先輩はさらに困ったような顔をする。
自分でもなんて言ったらいいかわからない、というような顔。

・・・でも、なんとなく、なんとなくだけど、私にもわかるような気もした。

・・・可能性。
例えば、どこからか同じ人生をやり直せるとして、数回、数十回と繰り返したなら、その中には。

・・・きっと、私以外の誰かが先輩の隣にいる時もある。

いや、私がいる可能性こそ、本当は少数派なのかもしれない。

数限りない、無限の可能性の中の、ほんの一筋の流れ。

・・・そこに、今、私はいる。

「うーん・・・」

先輩はまだ、どう言えば良いか悩んでいるようだ。
とりあえず、私は先を促すことにした。

みなみ「・・・大丈夫です。なんとなくわかりましたから。続けてください」

「・・・あ、うん。まあ、その、そんなわけで、告白自体は、なんとか飲み込むことができたんだ」

「・・・そしたら、当然、今度は考えなくちゃならなくなった」

「どう、すればいいか」

「どう言えば、良いか」

「・・・小早川さんは、どんな答えを望んでいるのか。」

みなみ「ゆたかの・・・望み・・・」

きっと、それは・・・

「・・・ちょっと考えれば、わかることだったんだ」

「小早川さんが、何を考えてるのか」

一瞬、目を閉じる。



・・・次に開いたその目は、きっと、ゆたかを。

「小早川さんは、断って欲しかった」

「断って、諦めさせて欲しかった」

「俺に、岩崎さんがいるから諦める、っていうんじゃなく・・・」





「・・・俺の口から、はっきりと断って欲しかったんだ、と思う」