※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放課後、教室にて。

ゆたか「・・・・・・」
みなみ「・・・・・・」
ゆたか「・・・・・・」
みなみ「・・・・・・」
ゆたか「・・・・・・」
みなみ「・・・・・・(汗)」

ゆたか「・・・みなみちゃん・・・それって・・・ちょっとまずくない?」
みなみ「・・・ぅ・・・やっぱり・・・?」

昼休みの後、私の様子がおかしいことを察知して訊ねてきたゆたかに、先ほどのことを相談することにした。

簡潔に言えば、告白、されたのだ。私が。
相手は他のクラスの一年生で・・・、一目惚れ・・・らしい。

ゆたか「・・・なんで、すぐ断らなかったの?」
みなみ「・・・ぅ・・・だから、その、なにがなんだか分からなくて混乱してる内に、行っちゃって・・・」
ゆたか「・・・みなみちゃん・・・」
みなみ「・・・ぅぅ・・・」

他に誰もいない教室で二人、頭を抱える。
ちなみに、先輩は今日用事があるらしく、先に帰るとメールが来た。
・・・今日はその方が助かる、なんて考えた自分が、情けない。

みなみ「・・・ど、どうしよう・・・」
ゆたか「どうって・・・断らないの?」
みなみ「そ、それはもちろん。でも、どう言えば・・・」
ゆたか「・・・うーん・・・」

ゆたかが、視線を宙に漂わせる。
私は、逆に視線を地に伏せる。

少し考えた後、ゆたかが、一言。

ゆたか「やっぱり、正直に『恋人がいるからゴメンナサイ』って言うのが一番じゃないかな」

一番無難で、一番簡潔な答えをくれる。
私も、それが一番だとは思う。

でも。
みなみ「・・・やっぱり・・・そうかな・・・」
ゆたか「でも・・・『じゃあなんであの時言わなかったのさ?』って・・・怒られるかな?」
みなみ「・・・う」

そう。それが問題。あの時、あの場で言ったのならともかく。
一度時間を置いてしまうと、言いにくい答えでもある。

ゆたか「相手の人、凄く期待してるだろうし、凄く勇気のいることだったろうし」
みなみ「・・・ぁ・・・ぅ・・・」
ゆたか「それでしばらく待たされて、答えが『実は彼氏がいるからダメ』ってのも・・・」
みなみ「・・・うぅぅ・・・」

自己嫌悪。
やっぱり、情けない。少しは成長したつもりだったのに。

しかし、ゆたかの追い打ちは続く。

次の言葉が、私を・・・全力で打ちのめした。
ゆたか「・・・先輩が知ったら、なんて言うかな・・・」
みなみ「・・・っ・・・!!」

そう、それが一番恐れていること。
先輩が、どう思うか、どう感じるか。

先輩に、私の、先輩への想いを疑われること。

―――それが、一番の恐怖。

みなみ「・・・ど・・・どうしよう、ゆたか」
ゆたか「・・・・・・」
私は、恐怖でひきつった顔で、ゆたかに訊ねる。
いや、もう『すがる』と言った表現の方が正しいかもしれない。

ゆたかは、私を見て。

一瞬、目を閉じて。

再び、私を見て。




―――そして、笑顔。

ゆたか「大丈夫だよみなみちゃん」
みなみ「・・・ゆたか・・・」

ゆたかの、笑顔。
それは、最近良く見せてくれるようになった、

・・・優しい、微笑み。

ゆたか「・・・先輩が、みなみちゃんを嫌いになることなんてないから」

ゆたか「だから、大丈夫」

ゆたか「今は、どうやって断るか」

ゆたか「それだけ、考えよう?」

ゆたかの、優しい声。私の中に染み込むような、ゆたかの優しさ。


最近、こんな場面が増えた気がする。
私が慌てて、ゆたかが笑いながら私を落ち着かせてくれる。

あいかわらず、体調を崩しやすいのは変わらないけれど。

・・・きっと、もう、私なんかよりずっと大人。

みなみ「・・・うん」
ゆたか「じゃあ・・・断り方だけど・・・どうしようか?」

みなみ「それは―――で―――」
ゆたか「―――そう―――じゃあ―――」
顔を向き合わせながら、あれこれと意見を交換する。
時には真面目に、時にはちょっぴり変な答えを。
ゆたかは、やっぱり私のことのように真剣に考えてくれる。




私がその人と付き合えば先輩は一人になるのに。

・・・なんて、冗談で言ったら怒られた。
勝負は正々堂々だよっ、って。

・・・嬉しくてちょっと泣いた。やっぱり私は子供だ。

ゆたか「・・・うーん、やっぱり、何にも言わないで『ゴメンナサイ』ってだけ言うのがいいのかな?」
みなみ「・・・うん・・・」
ゆたか「先輩のことは・・・その内知られちゃうかもしれないから。早めに断った方がいいかも」
みなみ「・・・うん。明日・・・昼休みに言うよ」
ゆたか「・・・大丈夫?私ついて行こっか?」

ゆたかが、不安そうに私を見る。

・・・私は、笑顔。

みなみ「ううん、大丈夫。言えるよ」
ゆたか「みなみちゃん・・・」
みなみ「それに、側にいなくても、ゆたかは一緒だから。だから、大丈夫」
ゆたか「・・・うんっ」

今度は、二人共、笑顔。

大丈夫。

ゆたかが、いてくれるから。

勝負は、明日。