※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「第5話「銀髪の少女」」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

第5話「銀髪の少女」」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

+<br>
+「やさしく包み込む~」<br>
+<br>
+第5話「銀髪の少女」<br>
+<br>
+<br>
+翠星石たちの誕生日がおわり季節は夏・・・・・<br>
+<br>
+JUM「暑いな・・・・」<br>
+<br>
+翠「熱帯夜続きで寝不足ですぅ」<br>
+<br>
+蒼「同じく・・・・」<br>
+<br>
+熱帯夜続きで桜田家はしにそうだとかなんとか<br>
+<br>
+-教室にて-<br>
+<br>
+<br>
+JUM「(眠い・・・)」<br>
+<br>
+紅「あら、ジュン眠そうね」<br>
+<br>
+JUM「熱帯夜続きで眠れないんだよ・・・・」<br>
+<br>
+紅「あら、大変ねぇ家はエアコンあるから涼しいけどね」<br>
+
+<br>
+JUM「・・・・・(嫌味か?・・・・)」<br>
+<br>
+真紅の家は豪邸だとかなんとか<br>
+金持ちらしい・・・・<br>
+<br>
+-放課後-<br>
+<br>
+<br>
+JUM「なあ、荷物またすこしおおくないか?」<br>
+<br>
+また帰りに買い物した今日は卵がやすいらしい<br>
+<br>
+翠「男がうだうだいうなですぅ」<br>
+<br>
+蒼「あはは・・・・(翠星石絶対わざとだよね・・・)」<br>
+
+<br>
+ガヤガヤ<br>
+<br>
+翠「あれ?ちび兄貴、あそこにいつかの不良におそわれてる人がいるよ」<br>
+
+<br>
+蒼「ほんとだ、ジュン兄いあのひとたすけてあげて」<br>
+<br>
+JUM「ったく・・・・」<br>
+<dl>
+<dd>不良A「このアマァ!」<br>
+<br>
+不良が女の子をなぐろうとしたそのとき<br>
+<br>
+バシッ<br>
+<br>
+すかさずJUMがパンチをうけとめた<br>
+<br>
+JUM「よぅ、いつかの不良さん」<br>
+<br>
+不良B「ゲッ!いつかの激ツヨ男!」<br>
+<br>
+不良A「またお前か、だが今日は2人だけじゃないぞ!」<br>
+
+<br>
+JUM「・・・・・」<br>
+<br>
+不良A「おーい、野郎共こっちこい」<br>
+<br>
+不良達「おぅ、なんだ?」<br>
+<br>
+不良は計12人のようだ<br>
+<br>
+不良A「殺されたいやつがいるから」<br>
+<br>
+不良B「いたぶってやろうぜ」<br>
+<br>
+JUM「じゃあ俺はお前らをいためて不良炒めでもつくりますか・・・」<br>
+
+<br>
+不良一同「ぶっ殺す!!!!!!!!」<br>
+<br>
+JUMは木刀を取り出した<br>
+<br>
+JUM「・・・・・・」<br>
+<br>
+バシ!ボコ!ドス!<br>
+<br>
+以上、不良炒めの調理時間3分・・・・<br>
+<br>
+不良達「ぐえ・・・・」<br>
+<br>
+JUM「暴力はよくないよ君たち・・・」<br>
+<br>
+<br>
+JUMはからまれてた人にちかづく<br>
+<br>
+その人はきれいな銀髪で赤い目をしていた<br>
+<br>
+JUM「大丈夫ですか?・・・」<br>
+<br>
+銀髪の少女「あ・・・ええ・・・」<br>
+<br>
+JUM「よかったそれじゃいそいでるんで・・・」<br>
+<br>
+銀髪の少女「あ、まって名前は?」<br>
+<br>
+JUM「?、桜田ジュンですけど?」<br>
+<br>
+銀髪の少女「その制服・・・ってことは家の学校の2年生ねぇ」<br>
+
+<br>
+JUM「あ、はいそうですがなにか?」<br>
+<br>
+銀髪「私の名前は水銀燈薔薇丘高校の3年よ、よろしく」<br>
+
+<br>
+JUM「あー先輩さんでしたか、こちらこそよろしく」<br>
+<br>
+翠「JUM兄いーなにあぶらうってるですかー」<br>
+<br>
+蒼「はやくかえろーよー」<br>
+<br>
+JUM「ああ、いまいく」<br>
+<br>
+銀「あ、それじゃさよなら」<br>
+<br>
+JUM「さよなら」<br>
+<br>
+銀「(あの子きにいっちゃった)」<br>
+<br>
+後日わかったことだが・・・<br>
+水銀燈先輩はミス薔薇丘学園に選ばれたこともある<br>
+すごい人らしい・・・・<br>
+<br>
+さてさて、とある日のとある商店街の<br>
+とある福引<br>
+<br>
+ガラガラ<br>
+翠「あああああ!!ティッシュですぅ!」<br>
+<br>
+ガラガラ<br>
+蒼「僕もティッシュみたいだ・・・」<br>
+<br>
+ガラガラ<br>
+JUM「あ・・・・」<br>
+<br>
+カラーンカラーン!<br>
+<br>
+「おめでとうございます一等賞です」<br>
+<br>
+JUM「・・・・・」<br>
+<br>
+翠「ちび兄貴のわりにはすごいですぅ」<br>
+<br>
+蒼「ジュン兄いすごい」<br>
+<br>
+一等賞はというと・・・・<br>
+<br>
+-北海道ぶらり一周の旅!4泊5日の旅<br>
+家族最高で5人まで参加可能 だとか・・・・<br>
+<br>
+JUM「夏休みのようだなこのツアーは」<br>
+<br>
+翠「北海道は涼しいらしいですぅ!ぜったいいきたいですぅ!」<br>
+
+<br>
+蒼「そうだね、兄妹で旅行なんてあんまいかないからね」<br>
+
+<br>
+JUM「そうだなぁ、いくか?」<br>
+<br>
+翠・蒼「もちろん!(ですぅ)」<br>
+<br>
+学校にて・・・<br>
+<br>
+笹塚「えーまじかよいいなぁ北海道」<br>
+<br>
+巴「北海道は涼しそうね」<br>
+<br>
+JUM「ははは・・・」<br>
+<br>
+紅「なにやらおもしろい話をしているわね」<br>
+<br>
+笹塚「ああ、ジュンが福引にあたって北海道いくらしいんだよ」<br>
+
+<br>
+紅「へぇーたのしそうね、私達もいきたいわね」<br>
+<br>
+JUM「へ?」<br>
+<br>
+紅「旅行は人数おおいほうがたのしいでしょう?」<br>
+<br>
+前にも説明したが真紅の家は金もちらしいと<br>
+きいてたが・・・まさかね・・・<br>
+<br>
+JUM「自腹でいくのか?」<br>
+<br>
+紅「フフ、巴達のも私が払うわ」<br>
+<br>
+巴「えーホント?!雛苺もつれてっていい?」<br>
+<br>
+笹塚「真紅ちゃんは太っ腹だなぁ」<br>
+<br>
+JUM「・・・・・(福引であてないといけない俺の立場は・・・)」<br>
+
+<br>
+その話を影でこっそりきいてたひとがいるとか<br>
+<br>
+銀「ウフフ、きいちゃったきいちゃった♪」<br>
+<br>
+<br>
+<br>
+次回第6話「北海道の旅」に続く!<br>
+<br>
+番外編「やさしく包み込む~」<br>
+<br>
+第2話「誕生日プレゼント2」<br>
+<br>
+<br>
+紅「私のプレゼントはこのくんくん人形よ」<br>
+<br>
+巴「私はこの木刀」<br>
+<br>
+笹塚「あ、プレゼント忘れた・・・・」<br>
+<br>
+雛苺「雛はうにゅーあげるのー」<br>
+<br>
+翠・蒼「みんなありがとう(ですぅ)」<br>
+<br>
+JUM「(変なプレゼントのやつがいる・・・)」<br></dd>
+</dl>