9月;


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日からまた新学期が始まった。
まだまだ残暑が厳しい中学校へと向かう。
約1ヶ月ぶりに見る校舎は懐かしくも何処か新鮮だ。
久しぶりに会う友達と挨拶を交わしつつ教室へと向かった。



空は雲一つない快晴。
そんな天気に恵まれた中、今日は体育祭が行われるらしい。
らしい、とそんな他人事のように思っても、結局出場するのは自分達生徒なのだから、他人事になるはずもなく。

(それにしても、暑い…)

もう9月下旬だと言うのに、この天気の所為なのか8月と変わらないような暑さだ。
それが根こそぎやる気を奪っていくようで、少しうんざりする。
別に体育祭自体が嫌なわけではないのだが、この気候はいかがなものか。
周りを見てみれば、やる気のある者、ない者、それぞれいる。

(でも、まあ、楽しまないと損だよな…)

きっと、これも後から振り返れば良い思い出となるのだろう。
そんなこんなで体育祭は始まった。



開会式での先生方の無駄に長い話も終わり、始終ぐったりとしていた生徒達も競技が始まりだせば活気を取り戻す。
面倒くさがっていた生徒達も、初めからやる気満々の生徒達も気が付けば一緒に熱中していた。
自分の出る競技、友達の応援、全てが一生懸命だ。
もちろん俺も例外ではない。
盛り上がる空気。
それを体中で感じながら、この一時の思う存分楽しんだ。



主「っあー、疲れた。けど、楽しかったな」
羽「はは、まあな」

そんなこんなで体育祭も終了した。
身体に程よい疲れを感じつつも、ぞろぞろと校舎へと戻っていく生徒の流れに沿いながら歩く。

(あれ………)

ふと何気なく校庭を見る。
すっかり人気のなくなったその場所に、たった一人分、ぽつりと影が見えた。
見覚えのあるその姿はうちのクラスの灰塚リヨ、その人だ。
両手いっぱいに、つい先ほどまで使われていたカラーコーンを抱えている。

主「…悪い、羽生治。先教室帰っといて」
羽「ん?どした?」
主「いや、ちょっとな…」

俺の視線に合わせ羽生治も校庭を見やる。

羽「ははーん、なるほど」

羽生治はニヤリと笑い、何か言いたそうな目でこちらを見つめてくる。

主「な、なんだよ…」
羽「いやいや、あの灰塚さんなんて●●も変わった趣味だなー、と思いまして」
主「あのって何だよ、あのって!」
羽「ん?まあそのままの意味だ」
主「何だよ、それ。言っとくがな、リヨさんはお前が思ってるよりよっぽど可愛い…」

そこまで言いかけ、はっと我に返る。
が、すでに時遅し。
羽生治は先ほど以上にニヤニヤと笑っている。

羽「なーるほどねー」
主「う、うるさい!」

自然と顔に熱が集まる。
それだけ言い残すと、俺はその顔を見られないようにと踵を返す。

羽「まあ、頑張れよー」

後ろからまったく心のこもっていない声援が聞こえたが、それを無視し校庭へと足を進めた。



何時からだっただろうか、リヨさんのことが気になりだしたのは。
けして目立つ存在ではなかったが、何事にも真面目で、少しきつめの外見とは裏腹に優しい心を持っている。
そんな彼女を知ってから、気が付けば目で追うようになっていた。

主「リヨさん、手伝う」
リ「え…」

俺が声をかけると少し驚いたように振り向くと、戸惑うような仕草を見せる。

リ「えっと…」
主「ほら、遠慮しないで」

手に抱えられたカラーコーンを奪い取るように持つ。

リ「あ…」
主「これ、倉庫で良いんだっけ?」
リ「あ、はい…」

倉庫へと足を向けると、また別のカラーコーンを持った彼女が後ろから追いかけてきた。
そのまま二人で倉庫へと行きカラーコーンを元の位置に戻す。

リ「その、すみません…」
主「謝んないでいいって。それより片付けってリヨさん一人?」
リ「はい、そうですけど?」

そう平然と答える。

(…また、押し付けられたのか?)

そう考えると、少し腹が立った。
今まで自分達が使っていたものなのに、終わってしまえば知らん振り。
しかもよりにもよって女の子一人に全て押し付けている。

(しかも、リヨさんに…なんか、イライラしてきた)

リ「あの、○○さん?」

名前を呼ばれ我に返る。

主「あ、ごめん、何?」
リ「いえ、その…何だか申し訳ないと…すみません」
主「はは、いいって。俺でよかったらいつでも頼っていいから」
リ「でも…」
主「それにリヨさん、嫌な事はちゃんと嫌って言った方が良いと思う」
リ「え…」
主「リヨさんだって別に片付けしたくてしてるわけじゃないだろ?」
リ「…………」
主「まあ、断りづらいのは分かるけどな。だから、そういう時は俺頼って良いよ」
リ「…………」

そう言うとリヨさんは黙り込んでしまった。

(…どうしよ…気まずい)

自分的には励ましつつも、それとなく自然にアピールできたつもりだったのだが。
もしかして逆に追い詰めてしまったのか。
それとも、今がその“断りづらい”ときなのだろうか。
マイナスな考えばかりが頭の中を巡る。

リ「そ、その…」
主「え?」

またしても自分の世界に入っていた俺を連れ戻したのはリヨさんの声だった。

リ「どうして…私なんかをそこまで…」
主「…………」
リ「…そこまで、気をかけるんですか?」
主「え…」

その表情はどこか苦しそうな、それでいて泣き出しそうだった。
どうして気にかけるのか。
正直に言ってしまえばリヨさんのことが好きだから。
それだけのことだ。
それを口に出すのは簡単なのだが、それと同時にとても難しい。
口に出した後はどうなるのか。
そればかりを悪い方向へ悪い方向へと考えてしまい、結局は言い出せなくなってしまう。

主「あ、えっと…」

思わず口篭る。
そんな俺を彼女は先ほどの表情のまま睨む。

リ「同情なら、やめて、ください…」
主「や、そんなつもりじゃ…」
リ「…初めから、期待なんて、させないでください…」
主「え?」

ふと聞こえてきた言葉。
それは、思わずこちらが期待してしまうような。

リ「………………」

聞き返す言葉もむなしく、彼女はそれ以上口を開こうとしない。
あの表情は崩さないまま黙り込む。
それを見ていると、いてもたってもいられない。
何か、何か言わなければと言葉を捜す。
しかし、その何かはもう分かりきっている。

(ここで言わなきゃ男じゃないな…!)

意を決して口を開く。

主「…リヨさんが好きだから」
リ「………」

そう言葉にすると、彼女はゆっくりと顔を上げる。

主「リヨさんのこと、ずっと気になってた」

その表情は先ほどまでと違う。
驚き、戸惑い、そして少しの期待に満ちていた。

主「良かったら、付き合ってください」
リ「あ…」

みるみるうちに赤くなるリヨさんの顔。
その顔に心臓がどくりと跳ねる。

リ「そ、その…」
主「ど、どうかな…?」
リ「えっと…」
主「…………」
リ「…私で、良いん、ですか…?」
主「…リヨさんが良い」
リ「私…上城さんみたいに可愛くないですよ?」
主「リヨさんは可愛いよ」
リ「茨さんみたいに人当たりも良くないです」
主「でもリヨさんは優しい」
リ「垂髪さんみたいに運動神経が言いわけでもないですし…」
主「そんなのは気にならない」
リ「背も大きくて、有栖川さんみたいに守ってあげたいタイプでもないです…」
主「俺はリヨさんの方がよっぽど守ってあげたいけど」
リ「ホントに…ホントに…私で、良いんですか?」
主「ああ、リヨさんが良い」
リ「良かっ…た…」

そう言って目に涙をため、今まで見たこともないような笑顔で微笑む。
そんな彼女を見ながら、改めて好きだと気づかされた。