※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ブースター わざ構成論 その2


 ブースターは確かに物理型ポケモンですが、ほのおポケモンのお約束として特殊型でもいけます。むしろ、特殊型の方が使えるわざが多く、そちらに活路を見出すのがよさそうですね。


特殊型


 特殊型として使えるのはこんなわざ。

わざ名 タイプ・分類 いりょく 命中 PP 効果
かえんほうしゃ ほのお・特殊 95(142) 100 10 10%でやけど
シャドーボール ゴースト・特殊 80 100 10 10%でとくぼう↓

 これプラス、ノーマルわざがあります。
 ものすごく少ないように感じるかもしれませんが、これでダメージ0倍と1/4倍の相手はなく、ダメージ1/2倍も「いわ・はがね」ハガネール、「ほのお・あく」ヘルガー、「みず・はがね」エンペルト、「みず・あく」サメハダーといったところ(厳密にはヒードラン、ディアルガ等伝説も一部)。
 これらにダメージを通すためにも、できればかくとうわざが欲しいところ。困った時の【めざめるパワー】です。これで苦手はなくなります。

 仮に【めざめるパワー】を使うのがためらわれる(面倒などの理由で)のであれば、わざわざ狙わなくともノーマルわざで充分です。依然ハガネール、エンペルトあたりに弱いままですが、もともとフルアタではないので、一部の苦手は仕方が無いとしておきましょう。

 残るわざはどうしましょう。ブースターはやはりみず・じめんとメジャーなタイプに弱いのが最大の弱点といえます。これを何とかするためにも、いくつかの方策が考えられますが、まずはみず対策として【にほんばれ】を取得するか、あるいは晴れパーティーに組み込むのがひとつあります。


 もしくは、もう一発屋という認識で行くためにも、あえてわざを極限まで減らして耐久を一切なくし、両刀として【オーバーヒート】+【とっておき】というのも面白い運用です。「しろいハーブ」とあわせれば【オーバーヒート】も2回使用できますし、なにより【とっておき】連打は種族値130のブースターには非常に強い味方です。
 ちなみに、最大威力を考えると、

とっておき 威力130×種族値130=16900
かえんほうしゃ 威力95×種族値95×同属性1.5=13537

 となり、下手にかえんほうしゃを撃つよりも強くなるわけなんです。



わざ構成・最終回答1(フルアタ型)

わざ名 タイプ・分類 いりょく 命中 PP 効果
かえんほうしゃ ほのお・特殊 95(142) 100 10 10%でやけど
シャドーボール ゴースト・特殊 80 100 10 10%でとくぼう↓
はかいこうせん ノーマル・特殊 150 90 5 次ターン行動不能
めざめるパワー かくとう・特殊 70 100 20  

 基本はもらいびを受けて、あるいは【にほんばれ】後の登場による、火炎放射の乱打。苦手のみず・じめんに【はかいこうせん】。こういった感じの運用で特攻すれば、ある程度の効果は望めるが、スピードに欠けるうえ強力な物理攻撃力も活かせず、ややつまらない。


わざ構成・最終回答2(とっておき型)

わざ名 タイプ・分類 いりょく 命中 PP 効果
オーバーヒート ほのお・特殊 140(210) 90 5 自身のとくこう↓↓
とっておき ノーマル・物理 130 100 5  
 
 

 【オーバーヒート】で一発巨大なダメージを印象付けたあと、全ての技を1度以上という条件を満たさないと出ない【とっておき】で押すという素敵ブースター。「しろいハーブ」があればもう一度【オーバーヒート】もアリ。完全なる特攻隊。常に【オーバーヒート】を先に使用しなければならないという点には注意。


能力論


 フルアタならばとくこう。さらに物理防御力を高めるか、素早さを少しでも取るかの2択となる。
 とっておき型ならば、僅かな一瞬に命をかける意味でもとくこう・こうげきに全振りがいいだろう。



持ち物


 とっておき型ではやはり「しろいハーブ」。これは相手が鋼パーティである場合に効果絶大。
 もしも晴れパーティーに入れるというのであれば、突かれる弱点であるじめんを消して長く攻撃するためにも「シュカのみ」(効果抜群のじめん技を半減)を持たせるという運用もありかと思います。




.