※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


エーフィ わざ構成論


 エーフィはとくこうにおいては種族値が130と、伝説系のポケモンを除けばフーディンの135に次ぐ数値であり、すばやさにおいてもかなり優秀な数値を誇っています。防御面でもとくにとくぼうで高い数値を記録しており、普通に考えれば速攻フルアタタイプとして活躍させたいところです。

 しかし、エーフィはその覚えるわざの偏りから、通常の活躍をさせるのは非常に難しいと言わなければなりません。


準フルアタ型


 エーフィの高いとくこうを活かすためには、やはり何らかの攻撃わざを主体にすべきです。そこで、エーフィが覚え、なおかつメインあるいはサブを張れるような特殊わざを一覧にしてみました。

名前 タイプ・分類 威力 命中 PP 備考
サイコキネシス エスパー・特殊 90(135) 100 10 10%で相手とくぼう↓
シャドーボール ゴースト・特殊 80 100 15 20%で相手とくぼう↓
くさむすび くさ・特殊 - 100 20 相手が重いほどダメージ大


 これだけです。【くさむすび】は便利なくさわざですが、威力は完全に相手次第です。まあ強いポケモンほど重いわけですから、ある程度は運用に支障がないとは思いますが。
 これをどう運用していけばいいでしょうか?

 もっとも簡単なのは、単純に【サイコキネシス】【シャドーボール】を入れてしまうことです。そして、これによって対処できないはがね、あくなどに対して効果のあるほのおあたりを【めざめるパワー】で補うことです。

 普段、【めざめるパワー】といえば敬遠されがちですが、エーフィでは是非狙いたいところです。否、狙わなければならないと言っても過言ではないと思います。なぜならば、一点で狙う必要がないからです。威力がある程度(最低でも60以上、欲を言えば65以上)はあれば、タイプにはそれほどこだわらないからです。

 やはりメインウェポンであるエスパーわざが効かないあく・はがねに対処できるものがベスト。最高はかくとう。次点がほのお……となるでしょうか。今作ではめざパはどれを出しても特殊系として計算されますので、エーフィでは主戦力となりうるわけです。

 そして、3つを兼ね備えたら残りはどうするか。エーフィの防御性能は特殊受けに偏り、守備力とHP不足が心配です。そんな時のために、専用の回復手段として【あさのひざし】を持っておくやりかたもありますし、フルアタの友【めいそう】で威力の底上げを兼ねるという判断もあります。【リフレクター】で守備力アップという判断も有かと思います。


わざ構成・最終回答1(めざパ型)

わざ名 タイプ・分類 いりょく 命中 PP 効果
サイコキネシス エスパー・特殊 90(135) 100 10 10%で相手とくぼう↓
シャドーボール ゴースト・特殊 80 100 15 20%で相手とくぼう↓
めざめるパワー かくとう・特殊 70 100 15 ほのお・じめん・みずも有
リフレクター ノーマル・変化 - - 10 5ターンの間物理攻撃を半減

 理想的なタイプ。【めざめるパワー・かくとう】で弱点をなくし、【リフレクター】で苦手の物理攻撃をシャットアウトして安心攻撃。ただし弱点属性だと一撃で吹っ飛ぶ可能性もある。


わざ構成・最終回答2(めいそう型)

わざ名 タイプ・分類 いりょく 命中 PP 効果
サイコキネシス エスパー・特殊 90(135) 100 10 10%で相手とくぼう↓
シャドーボール ゴースト・特殊 80 100 15 20%で相手とくぼう↓
めいそう エスパー・変化 - - 20 自身のとくこう↑とくぼう↑
メロメロ ノーマル・変化 - - 15 異性をメロメロ状態

 【めいそう】を積む時間がどれだけ残されているかが最大のポイント。そのためにも、一発逆転【メロメロ】が面白い。かかればかなりの足止めとなる。



能力論


 もはや語りつくされたことですが、エーフィのような速攻型にとって、相手よりすばやく行動することは至上命題です。防御にいくら努力値を振ったとしても、先攻【リフレクター】の前には意味がありません。
 しかし、かといって無為に素早さに努力値252というのも、ある場面では無駄となります。あくまでも相手との兼ね合いなわけです。

 できれば特攻は252が望ましいですが、めいそう型であればそのこだわりは軽くできるでしょう。どちらの場合でも、紙のような守備力ではなく、HPに努力値を振るほうがいいと思います。


持ち物


 めざパ型はそうそう簡単には完成しないでしょうが、完成の暁には「ひかりのねんど」でリフレクター持続時間を上げるのが手でしょう。それほど気にしないのであれば、やっぱり「ひかりのこな」あたりがベスト。あと一押しには「ものしりメガネ」、単純に考えて「ピントレンズ」なども悪くない選択か。
 今作ではあく技が物理になり使用頻度が増えたため、対策として「ナモのみ」(効果抜群のあく技を半減)で時間を稼ぐという手も。


.