Skip to: Site menu | Main content

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開発環境

Java

Java への移行が正式に決定しました。
  • NetBeans IDE 6.1 (Build 200805300101)
  • Java 1.6.0_06

以下の内容は古いです。

Ruby の実装による違い

  • ruby 1.8.6 (2007-03-13 patchlevel 0) [i386-cygwin]
    • 送信者と受信者が同じ場合でもソケット通信可能
  • ruby 1.8.6 (2007-09-24 patchlevel 111) [i386-mswin32]
    • 送信者と受信者が異なる場合のみソケット通信可能
Win32ネイティブ版はIO待ちがスレッドをブロックしてしまうようだ(Win32ネイティブ版Rubyの互換性問題)。mswin32でうまく動かない原因はおそらくこれだろう。

wxRuby

実行サンプルが無く分かりにくい公式リファレンス
何か部品の使い方が知りたい時は wxRuby の samples 以下のファイルから部品名(ListCtrl など)を検索するとよい。本家 wxWidgets と関数の命名が異なる(例:GetValue → get_value)ので注意する。

デザイナ

wxRuby で使用できるGUI部品デザイナは2種類ある。
  • wxGlade
  • VisualWX

wxGlade でのGUI実装

使い方はwxWidgets でクロスプラットフォーム GUIアプリを作ろうの wxGlade の項を参照。
wxGlade で部品を配置したら XRC に出力し、プログラムに読み込む。
読み込み方などは wxRuby の samples/xrc を参考にする。