ヘイス・アーゴイル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【出身世界】アースF(ファンタジー)
【名前】ヘイス・アーゴイル
【性別】男
【年齢】250前後
【職業】武器屋店主
【特徴】肩まで伸ばしたグレーの髪、エルフ耳で赤と青のオッドアイ
【好き】技術、知識の習得
【嫌い】人間、魔族
【特技】武器、防具の開発
【趣味】世間の情報の収集
【詳細】
かつて人と魔族が争っていた時代に暗躍していた武器商人。
人と魔族の合いの子であり、当時は両者分け隔てなく商売をしていた。
アーゴイル商店の武器は質が良く安いと有名であり、様々な人間や魔族の戦士が彼の売った武器で殺し合った。
基本的に彼の店の武器は自作であり、より良い武器を作るために魔法を用いたものや
他の世界では電気工学と呼ばれるものまで膨大な知識と技術を修めている。
現在では表舞台から姿を消しており、一説ではまた新たな戦争を起こすために暗躍中なのではないかとも言われている。
【備考】
幼いころに村を魔王軍に滅ぼされており、落ち延びた先の人間の村でその外見から凄まじい差別を受けた経験を持つ。
武器商人を始めたきっかけは人も魔族もすべて消え去ってしまえという呪詛めいた憎悪からである。
ただ戦争後記には本人も自覚はしていないが周囲からはよく丸くなったという反応をされて戸惑っていた。
職業上、勇者時代のジル・ド・レェとは面識があり、またリロゥ・ツツガに寄生した魔剣の制作にも関わりをもつ。