その『目』が映すもの ◆DGGi/wycYo

○がつ×にち  はれ

めがさめたらまよなかで、でっかいたてものがめのまえにありました。
ひかねぇがいっていた、すごくあごをあげないとみれないたてものでした。
うえをみていると、だれかがふってきました。

―――

「んなっ!? 人が降ってきたのん!?」

知らない場所で、知らない人。
宮内れんげには、映る全てが目新しすぎた。
何か物音がしたかと思うと、突如降ってきた1つの影。
影はすぐさま体勢を整えて、れんげをちらっと見る。

「・・・・・・どちらさまですのん?」

建物から漏れる光で、顔は確認出来そうにない。
が、少なくとも知り合いではないということは何となく理解した。
影はれんげの質問に答えることもなく、どこかへ歩き始める。

「ちょっと待つのん! 質問にはちゃんと答えろって教えられたのん!」

影に追いついたれんげは、腕にしがみついて食って掛かる。

「・・・・・・君、ここがどこか分かってる?」
「質問を質問で返しちゃいけないん!」

影はハァとため息をつき、答えた。

「僕は神威、これでいいかな? 
 もう1度訊くけど、ここがどこか分かってるかい?」
「全く分かりません!」

自信満々に答えるれんげに頭を抱えた神威。
上から見えた人影が、こんな年端もいかない子供だったとは。
だが神威にとって、腕にしがみつくれんげは邪魔でしかない。

「……可哀想に。子供は殺したくないんだけどね」

突然しがみつかれている腕を振り払い、投げ飛ばす。
飛ばされたれんげは、数メートル先にある本能字学園の壁に激突。
ある程度手加減したつもりだが、少しやり過ぎてしまったようだ。

「君は殺し合いというものを理解していないんだね。
 どうやらここはそういう場所のようだ。
 弱い奴は次々死んでいく、ただそれだけだよ」

笑顔で語り、その場を後にしようとする。
どんな人生であれ、最期は笑顔で見送り健やかに死なせる。
それが神威なりの殺しの作法だが、僅かにその笑顔は歪んでいた。

―――

気が付いたら、吹き飛ばされていた。
激突の衝撃で、意識が消えそうになる。
それでも、宮内れんげは生きていた。

神威が振り返り、こちらを見てにこやかに微笑む。

「おー驚いた、子供相手にやり過ぎたと思ったけど丈夫だ。
 壁にぶつかってまだ生きていたなんてね」
「う……ぁ……」

だが、れんげは動けなかった。
何か言葉を発しようにも、口からは荒い息と、少量の血。
そして呻き声が出て来るだけだった。

男はこちらを笑いながらじっと見つめる。
流石のれんげも、何が起こるか直感で察した。

「や……め……」

せめてもの足掻きと言わんばかりに、右腕を男へ伸ばす。
男を睨みつけ、精一杯抵抗する。
それが、意味がないものと分かっていても。

「……やっぱりいいや。
 今ここで君を殺すのはやめておくよ」

だが意外なことに目の前の男は、くるりとれんげに背を向け、

「もう一度言っておくよ、俺は神威。
 君とはまたどこかで会うことになりそうだ。
 それから、いきなりぶん投げてごめんね」

と言い残し、悠々と歩き去っていった。

「待つ……の…………ん……」

ふってきたひとは、とてもこわいひとでした。
いきなりうちをなげとばして、またあうだなんていっていました。
もしかしてあれは――

ほんもののうちゅうじんだったのん?

宮内れんげの意識は、そこで途絶えた。

✻ ✻ ✻

女と子供は、これまで殺そうとはしなかった。
女は強い子供を産む可能性があるし、子供は将来強くなるかも知れない。
だが、この場においては生き残るのは1人だけ。
ここではそんな美学も、意味を為さないのであろうか。


(……惜しい逸材だったかもねぇ。あの目は本物だ。
 将来大物になれたかも知れないけれど……)

神威はれんげに危害を加えたことを、やや後悔していた。
こんな場所といえど、子供を攻撃するのは抵抗がある。
だから殴るのではなく、投げ飛ばしたのだ。
何より、最後に睨み付けてきたその『目』は――。


殺し合い自体は今まで何度も演じてきた。
実の父親や妹を殺そうとしたこともあった。
夜兎とは、昔からそういう種族だった。
神威はその血を忠実に受け継いでいる、ただそれだけ。

だが、今回は違った。
己の血の命ずるままに行うわけではない。
繭とかいう女の手で『用意された』戦場、『強制された』殺し合い。
まるで、ふざけたお遊戯ではないか。

アホと踊るよりとんでもないアホと踊った方が楽しい。
だが、踊らされるのは面白みがない。
いつかはあの主催も殺さなければいけない。
まあ、それでも。

「……彼らもいるみたいだし、別にいいか」

名簿を見ながら思わず口元を歪める。
血の繋がった妹、神楽と、江戸の侍、坂田銀時。
この場にいない高杉を殺せないが心残りだが、別に構わない。
あの夜王鳳仙を倒したほどの修羅。
その『目』、決して忘れてなどいない。

(僕は好物は最後に取っておくタイプだからね……
 最後まで死なないでよ? 神楽、お侍さん)

存外、踊らされるのも悪くはなさそうだ。

【B-6/本能字学園付近/一日目・深夜】

【宮内れんげ@のんのんびより】
[状態]:ダメージ(中)、気絶
[服装]:普段通り
[装備]:なし
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(10/10)、青カード(10/10)
     黒カード:不明支給品1~3 枚
[思考・行動]
基本方針:???
   1:いまの、うちゅうじんなのん?
   2:……。
[備考]
※骨が折れない程度に手加減はされました


【神威@銀魂】
[状態]:健康
[服装]:普段通り
[装備]:なし
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(10/10)、青カード(10/10)
     黒カード:不明支給品1~3枚
[思考・行動]
基本方針:殺し合いを楽しむ
   1:最終的に主催も殺す
   2:あまり女子供に手は出したくないけど……


時系列順で読む


投下順で読む


宮内れんげ 024:あいあいびより おおきなやまをみた
神威 042:神威純潔(かむいじゅんけつ)