黒馬車の伊達男


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・オラン中央地区、物乞いの元締めロッツの話

猫さらいの馬車に乗っていたのは……

身なりのいい若い男で、いかにも執事風なお仕着せ。
黒い外套を、襟を立てて着ていた。
なかなかの伊達男だった。
でもお恵みはしてもらえなかった。

馬車は……
4輪馬車何頭立てかまでは不明。
主人が乗るような余所行きではなく、従者が使うようなシンプルな黒い馬車。
『錨の上で翼を広げる鷲』の紋がついていた

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。