プレイレポート第一章後編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 今回は時間がないので短め!

    PC雑感
    アプリコット:スズシロさん
    今回も強かった魔法使い。つか、レベルが上がってくるにつれ魔法の傍若無人さが際立ってきます。
    でも、ディスペルマジックは成功して欲しかったなぁ(笑)

    アルヴェイン:竜也大次郎さん
    ザ・ニンジャ。動きはニンジャ補正なのかなんなのか、トンチキなこともありますがデータの作り方が相変わらず手堅いので戦力としての計算がしやすいありがたい人。

    ゴロッキー:YAMAさん
    いやー、なんだ。今回は暴れたねー。再生能力がついて巨大化までしていよいよ怪獣じみてきたよ。
    次回はいよいよPT初のプレステージクラスかな。

    ザーボン?:クラックさん
    痛くなければ覚えませぬとばかりに、前回痛い目にあった教訓を生かして作ったクレリック。
    いや、HP多いし硬いし強いし。さすがペイロア様。あと、マスレジストエナジーのレベルの見切りはお美事。

    レナ:Loose Leafさん
    レナレナ。もともとダンジョンハックを主体に組まれたデータだけにオープンフィールドではちょいと苦戦。
    まあ、ルールブックも買ったことだしこのまま終わるLoose Leafさんだとは思えませんけどね。

    ドーサン:しん
    今回はすっげえがんばった、このデータが今までで一番はまったセッションだった。オジランディオンに一番攻撃もらって、一番ダメージ与えた。巨人相手も人間相手も交渉は全部やった。俺がMVPCだ!


    とりあえずドラゴン一匹目! この後もまだまだ控えてる様子。D&Dの後のDをこれからも堪能できそうな感じ。

    交渉して戦闘して交渉して戦闘した後編でした。
    動きとしてはちょっと行き来に無駄があったかなぁと。前半含めて一回で行って帰ってしてもよかったかも。
    第一章は無事終了、DMのmisuzuさんお疲れ様でした。


    次回はレナレナの故郷ティリキトリ、でもレナレナはお休み。きっと力不足を感じたレナは故郷で修行してるのでしょう。
    -- しん (2008-07-21 03:16:29)
  • 基本的に後ろのほうでうろちょろしてましたが、斥候に出てみたり、竜のブレスに巻き込まれてみたり。いやぁ竜は強いですね。でもその分達成感があります。他にもマンティコアがわらわら出て18回攻撃とか、AC高めてきて良かった。とはいえ後ろから矢を撃つくらいでは猫の手レベルになってきてますね。アルヴェインが上位互換みたいな感じですし。レオナを見つめるマァムの気持ちが良く分かる。次は新必殺技を引っさげていきたいところです。

    MVPCはドーサンでしょう。戦闘でも交渉でも常に中心にいて引っ張ってましたし。サッカーならセンターフォワード。見事なポストプレイでした。 -- Loose Leaf (2008-07-22 23:49:03)
  • 前回の反省を活かし、新キャラのザーボンで参加した第一章後編、ようやっと専業クレリックの動きがわかってきた感じです。
    このままザーボンでいくにせよ、カーンに戻るにせよ、前回今回の経験を活かして動き方を精進して行きます。

    MVPCはドーサンかと。巨人との交渉・オジラディオン戦・渡しでの交渉と大活躍でしたし。 -- クラック (2008-07-23 23:27:42)
  • チクショーやっぱり先に弓兵撃ち殺しておくんだったぜ!
    やっぱりもう少し砲台としての自覚を持たねば。

    それにしてもパーティ自体が交渉事と基本戦術の核をドーサンに頼りきりな感がありますね。
    ドーサン死んだらどうすんの?的な。

    MVPC?は相手への脅威度からするとオジランディオンにへばりついてたヤなモンクと、橋の上でミンチ獄殺絵巻を展開してたゴロッキーのどちらかでしょうか。ホブゴブリン的に考えて。
    戦闘以外のことがあるので、結果的にドーサンになりますね。

    ああ、くうばくおもしろかったです。まる。 -- スズシロ (2008-07-31 01:05:07)
名前:
コメント: