MKT-173 凋落-ノンオリジナル-

番号: MKT-173

分類: 異常存在

WUMAR基準: H

概要: MKT-173は、異常存在とその周囲にのみ適用される異常な法則です。
MKT-173の存在は、「異常存在にまつわるエピソード、及び公式文書の大部分が『娯楽コンテンツ』としても成立している」と指摘された際に認知されました。
検証の結果、我々が保有する文書の██%が「怪奇創作」としての閲覧に耐えうる物であると判断されています。
MKT-173による「娯楽性の付与」は
  • 「どんでん返し」を目的とした予期せぬ事案の誘発
  • 「推測の余地を残す事」を目的とした情報の欠落
といった弊害をもたらすため、無力化へ向けた研究が行われました。

数々の困難を乗り越えて、我々の研究は実を結びました。
MKT-173の性質は無力化され、我々や異常存在の振る舞いに「文学的な面白み」を付与される恐れは無くなりました。
多くの異常存在もまた無力化され、この世界の安全は確立されました。


それは大きな間違いだった。
MKT-173は無力化されてなんかいない。
「つまらない物とつまらない話で埋め尽くされる」
それが今この世界に働く法則、「MKT-173」だ。
我々は間違っていた。
この世界には「打つ手の無い脅威」が多過ぎる。
この世界には「人類を守る手段」が少な過ぎる。
当然だ。我々が拒んだのだから。「やり過ぎでない脅威」も。「ユニークな対処法」も。
我々は終わる。じきに。つまらない怪物の手で。終わる。終わる。

ゆるしてくれ。