スーパーハローワーク商業連合国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


国名

スーパーハローワーク商業連合国
略称は『SHW』


歴史

甲皇国、アルフヘイム、その他色々な国の亡命者などが集まって作り上げた港町がその発展の始まりとされる。[1]


政治

機構

複数の企業の集合体で構成される社団国家である。
機構としては、いわゆる事業部制組織の形を採っており[1]、「大社長」と呼ばれる独任制の元首が強大な政治的権限を有している。

内政

国家の枠組みに囚われない経済活動を方針としつつ[1]
経済の主体たる企業が所謂国営企業に相当する体系であることと、大社長が強大な権限を有すること、
同時に私有財産を認めていることから、実質的には無政府資本主義よりも国家社会主義ないし権威主義的性格がうかがわれる。
ただしリバタリアニズム的政治方針を掲げ、貧富の差が存在している[3]事からすると、福祉政策には拒絶的である蓋然性が高い。
早い話が「金儲けの得意な北朝鮮」が近い。余談であるが「国家=経済組織とすることを否定」「社会福祉・社会保障に熱心」という点で、同じ独裁国家でもナチスドイツとは正反対である。
また国家説明の機構図には行政機関(≒本社スタッフに相当する統括部門)などは見られないが、「副社長」なる存在が居る[2][4]事から、機構図には記載されていない統括組織が存在するのではないかと思われる。

外政

「国というものの実は大きな会社」[1]の説明の示す通り、金品と制海権を対価に他国の領海管理を請け負う[2]など
対外的には自由市場無政府主義的な立場を取っている。


軍事



地理



経済



社会



交通



国民



文化



出身者