アルフヘイム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


国名

精霊国家アルフへイム


歴史



政治

内政

種族毎の自治共同体の集まりで構成される連邦国家。
各自治共同はそれぞれの種族の族長と呼ばれる存在が治める。
国を取りまとめる最高意思決定機関はエルフ族のみで構成されているが、
「他国との戦争や大きな祭り事の際は各族長同士で合議を行う」とされる。
臨時会の詳しい規定については不明。[1]

ミシュガルド開拓

5年前に停戦した甲皇国との戦争の影響で失われた木々の復活を期待している。
国家としての目標が、入植なのか、砂漠化した土地の再生を可能にする種苗の発見/開発なのか、
それ以外か、いずれをも含むのかは不明であるが、現時点で目的は「調査」とされている。[1]


軍事

甲皇国に並び、世界でも飛びぬけた軍事力を有するとされる。
核兵器相当の技術(=「禁断の魔法」)を所有している。[2]



地理

先の戦争で領土の3分の1が不毛の地と化している。[1]


経済



社会



交通



国民

三大国家の中で最も亜人種が多い。[1]


文化



出身者