小さな使命

 

 さがすのは僕のいのちじゃない。

 となりで、手をつないでいるカギといわれた彼の方。

 僕はいちど死んでるからだいじょうぶ。

 えーっと、黒い人はふたりかぁ。

 龍のお面と狼の面かぶってる。

 ?

 祭りじゃないよね?

 

『彼によう?』

「いいや、君らに用だ」

「ビャクが連れてきたレイスケとやら。我らとともに、彼の部屋へ行こうか」

『お兄さんトラのことだね?いいよ、君らから悪いけはいしないもん』

 

 だてに殺し合いの世界にいたわけじゃないよ。

 

「お、おい!レイスケ、おまえ!!」

『だいじょうぶだよ、君は』

「そうじゃなくて!お前の身が!」

 

 必死ににぎってくる彼の顔は、最初のときには見られないような”へんか”があったことをものがたっていた。

 これ、彼にとって良かったことかな?

 

「君は、ナルトくんだね。彼はもともと僕らの仲間なんだ。だけど一度ばらけてしまってね、彼にも家族はいない」

「心配せずとも、火影のところに挨拶してくるだけだ」

『だいじょうぶそうだよ!』

 

 お兄さんトラの言ってたせんぱつ隊の人かな?

 

「どうしてホイホイしんじるんだってば!」

『?彼らがね、もしわるい人ならもっとマシなウソをつくよ?』

 

 いつもそういう奴らといたし、そういう世界でがんばったよ。

 死んだけど……

 

『彼はつれていけないの?』

「火影のところまでならいい」

「明日も遊べるよ?」

『じゃ、いっしょにいこう!』

 

 

 僕は彼にもう片方の手を差し伸べた。

 

 


 

 

 ほかげ(?)っていうのが、えらい人だっていうのはなんとなく分かった。

 ナルトと言ったかなこの子もすこし安心してるみたいだし。

 しんようできるかな?

 顔見てから考えよう。

 ひゃくぶんは一見にしかずって、言うし。

 

 で、そのほかげのお部屋の前まで来たけど、入ってすぐにナルトが軽ーくしっしんさせられた。

 聞かせたくないのか~。

 

「さて、話をしようかの。わしはこの里の三代目火影、猿飛じゃ」

『こんにちは、火影さん?さるとびさん?』

「どちらでも。それで、君もこの二人の仲間だと聞いたが」

【それについてはワイが教えよう】

 

 いつの間にかお兄ちゃんトラが、トラから人にもどっている。

 

「貴方は……」

【ワイは察しの通り、先にここにきているであろう六と天の同類】

「あー、その二人はここじゃ、アルトゥと空って呼ばれてるから」

 

 お兄さんトラの言葉を聞くと、龍のお面の人がそう答える。

 

「なんと!という事はもしや……」

【ふむ、真名によって縛られぬようにしたか。そうかならばワイもビャクと呼んでくれ】

「ビャク殿も神なのでありますか?」

【もちろんだ。ワイが司るのは風だ。移動や探索は得意だな】

「では……」

【この子は今三歳児だが、もとは五歳。話も通じるし、考え方は少しエリート思考であったが、一度死した身であってな。かなり丸くなっておる】

「そうか…………」

『気にしてないよ?僕はあの世界じゃもういらないブヒンだもん。親は死んだし、いい家族じゃなかった』

 

 そう言えば、ほかげと言うおじいさんは顔をしかめた。

 

『僕をあわれまないで、僕のいた世界では殺し合いの神のイスうばいあいだったんだ。ここ、まだらくだよ』

「世界は広いという事じゃの。……こんな事を頼むのは気が引けるが…………」

『いいから言ってよ。たぶんたいはんのコトはできるよ?』

「ナルトのことを頼みたい」

『そこでねているきれいな髪の子?』

 

 せいかくには眠らされた子ども。

 僕と同じ一人ぼっちであそんでいた子。

 

「そうじゃ。この子は特殊でな、彼はとあるものの器になっておる。それがもとであらゆるものから狙われる、そして忌み嫌われる」

『じぶんと同じものじゃないと思うから、イシツだと思うから、だね』

「この子の友達兼護衛役になってほしい。小さなうちからすまん」

『さるとびさんはあやまりすぎ。かなしみすぎ。……いいよ、友だちにはなる。けど、ごえいやくなんて、やれるの?』

 

 さつじんきと化していた僕でも、もっとおさなくなってしまった今はもっと力がない。

 

「それは私たちが教えるからね、大丈夫だよ。ああ、申し遅れてたけど、私は威守瑠威。アルトゥが連れてきた者」

「俺はガロ。賭けをして負け、その結果、空が連れてきた者」

『……わかった。ルイねえちゃん、ガロ兄ちゃんよろしく。ビャクもよろしくね』

【ああ、改めてよろしく】

 

 

 

                 次ページ:特訓と二人の時間

 

*来ました。三人目です。お気づきの方もいるかも知れませんが、レイスケ君はフルネームが豊穣礼佑です。

 某バトルロワイアル形式漫画の神候補の一人ですね。もちろん一周目の。

 で、ナルト君の幼馴染フラグです。五歳(アニメ版)であったのがもっと若くなっての登場。三歳児。

 ビャクはいわゆる白虎ですねぇ。なぜか自分のことを”ワイ”と言っているのは、彼の個性です。

 面倒なのはレイスケ君の話ことばが、難しいものは漢字変換できないこと。

 小学生中ごろまでの漢字レベルくらいだから、面倒なんだよね……。

 

 


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|