四代目

 

 あの後五回ほど任務をこなし、アカデミーでは普通くらいでつき通した。

 

 本当に面倒だ。

 実力を隠すのは時によって疲れる。

 特にいじめっ子っぽい奴らに囲まれた時とか。

 後は担任とかいう役職が怪訝な視線を飛ばしてきた時だ。

 

 

 そんな退屈なアカデミーよりも、嫌な事があったな。

 

 

 

 新しく就任した四代目火影とかいう奴だ。

 見た目がもう拒否反応起こしておる。

 ……だから嫌なんだ、金髪は。

 見ただけでこうなるからな。

 しかもフワフワしていて、少し落ち着きがない。

 また勘になってしまうが、コヤツも長生きしなさそうだな。

 あの兄と名乗った者のように殉死してしまうのではないか?

 まぁ、今は大丈夫だろう。

 銀髪の少年が守っているからな。

 だがその同僚は死したという。

 金髪にとってはその死した者も銀髪も弟子とか何とか。

 ……メンタル面大丈夫だろうか。

 俺は全然笑い飛ばせるくらいの図太い精神だが(悪だしな)、この世界の者はそうでもなかろう。

 瑠威は別だろうがな、あいつも異世界出身だ。

 さらに俺は輪廻を巡ってきたものだから、死には慣れた。

 

「今日も任務だけど、慣れた?」

『微妙だな。もう少しすれば慣れるであろう』

「流石は魔王。で、アカデミーの方は?」

『慣れんな。あれは俺にとって拷問に近い』

「……自由大好きだからなぁ。ずっと縛られてる教室は嫌いか。実技とかどうしてんのよ?」

『普通くらいを保っている』

「あらら……。でも嫌な目が向けられるよりかはいいか。成績良すぎると後々一気に仕事回されるだろうし、過労死しないでね?」

『一日に五件の裏仕事を入れる瑠威よりかはいいかも知れぬが……。そうだな、忙しすぎるのは性に合わん。普通のままで通す』

 

 控室でそう話す。

 ここは俺と瑠威の為だけの控室だ。

 いろいろ特殊な俺らの部隊は、暗部の中でも異様であった。

 火影から火影へと脈々と受け継がれている謎の部隊であり、密かに火影の七不思議のひとつに数えられてる。

 七不思議と言っても、どうでもいいやつや信ぴょう性の薄いものもあるが、俺らの部隊に関しては謎すぎるらしいので、少し神話っぽくなっている。

 

『それで、帰ってきてすぐここに来たのだ。任務内容くらい話せ。ここは防音完全完備だろう』

「まぁね。幻術とかトラップとかいろいろ仕掛けてあるからね」

『……部下に欲しかったくらいの優秀な奴だな』

「誉めてくれてありがとう。でも、倒されるから嫌」

『で、あろうな』

「任務としては今日は暗殺が三件。明日がとある女性の警護。アカデミーは休みだし、大丈夫でしょう」

『……立て続けか。まぁ、暇よりかは良かろう。しかし、女の警護ゴトキに暗部を使うとは、それだけ重要なのか』

「この里にとっては。私にとってもだけど」

『そうか』

 

 これ以上は教えてくれぬだろう。

 だが、その警護対象とやらが何らかのキーとなるのであろうと推測はつく。

 どのようなキーかは知らぬが、な。

 

 


 

 

 

 暗部の任務も終わり、一度家に帰ってから空に報告して引き続き幻術を頼む。

 

『夜通しで任務とは、この先が思いやられる』

 

 そう呟いて戻り、控室で仮眠をとった。

 

 

 ほどほどにやっておかねば、この忍びという職業は過労死する。

 

 夜明けとともに瑠威と警護に回った。

 警護対象の女は美人の類に入る赤髪の20代だった。

 

 しかし、なぜに誘拐されてる場面なのだ、警護の意味がないじゃないか。

 

 瑠威は素早く動いて相手の忍びに追いついた。

 俺も追うが、その後ろから黄色が追い抜いていき、相手の忍びに肉薄する。

 ああ、黄色じゃなく金色か

 てことは四代目か。

 

 敵は瑠威が屠った。

 見事に首が飛んでいく。

 

 俺もやった事はあるが、改めて見るとグロいな。

 それよりも警護対象は無事か?

 ……無事だな。

 あの金髪四代目が介抱している。

 

 ……この雰囲気やばいな。

 大嫌いな甘ったるい空気だ。

 

 

 

 この後、警護対象の女と金髪四代目が婚約発表した。

 

 

 

                    次ページ:襲来の空

 

 *って、事でクシナさん来たー―!これで最速だと来年ナルト生まれるなぁ。この二人の場合スピード結婚のできちゃった婚だよ。

   ま、互いが惚れてからだから四代目だけは念願叶ったり!って感じなのでしょうけど。

   で、やっぱり瑠威の方は四代目の速度よりも速い。鍛えた方が、二代目ですもんねぇ。実は記載していないだけで、柱間さんも数回鍛えるのに参加したりしています。この兄弟微妙にドSだからなぁ……。

   ガロは、もう上忍レベルくらいまで行ってるんですよね。アカデミーでもそこそこの成績をもって、イケメンの類(将来ダンディなおじさま)だから、モテてはいるんですが、当の本人はそういう雰囲気が大嫌い。勇者と女神のアレルギーの副作用みたいなもんで、恋愛ごと大嫌いです。もしも治るならかなりの年月がないと、ムリでしょう。

   

 

 


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|