面倒

 

 監視の目がうざい。

 養父のせいだろ?俺のせいじゃねぇ。

 

 ……この世界に来て、身体も若返ったからか言葉遣いが微妙に違うな。

 いや、若返ったというより全くの別物なのだが。

 まぁ、いいか。

 ある程度は好きにして良いと空も言っていた。

 悪であるはずの俺からすれば、世界征服とかすんなという事だが……

 この世界に関しては俺はどうでもいい。

 あの世界だけが特別だったのだ。

 この世界で興味があるのは……強いもの。

 空に聞くと、先陣の仲間とやらも強いらしい。

 今は子供とはいえ、いずれはそういう輩とも手合わせしてみたいものだ。

 

 で、そのためにも今目の前に立つ建物へ歩を進めた。

 

 今は戦争時ではないが、いつそうなっても可笑しくないという。

 だから小さい俺のような孤児は、普通の家庭がある子供たちよりも早く教育を受けるのだ。

 まぁ、俺に普通は必要ないがな。

 ……いや、このアカデミーとやらでいきなり本気出したらダメだろう。

 爪を隠すか…………そのためには”普通”が必要になるか。

 あー、どう隠そうか。

 ……たぶん俺のほかにも同じような奴はいるだろう。

 そいつらの実力より下であればいいか。

 下に見られる屈辱はいやだが、しなかった場合に降りかかる面倒ごとの方が嫌だ。

 

 監視どもがいるからな、今までの行動以外は怪しまれる。

 ……女神どもよりは楽だな。

 

 とりあえず、授業とやらを受けてみるとするか。

 

 


 

 

 ……結論を言おう。

 

 かなり面倒だ

 ここの教師は肝心なところは最後あたりに話す。

 ポイントをきっぱり教えろ。

 面倒くさいだろうが。

 早めに入学させるほどに人材不足ならば、効率よく教育すべきじゃないか。

 全ての文章を覚えるつもりないぞ。

 だから、概要説明はやめろ。

 

 と、心中で叫んでも意味はないな。

 

 仕方ない、適当に流そう。

 しかし”普通より下”の設定は難しい。

 これくらいか?とクナイを投げたら岩にヒビを入れてしまった。

 ……無理そうだ、この設定。

 中の下じゃなく、中の上なら何とかなるくらいだな。

 あまり監視どもに警戒されたくはないのだが………………

 

 できないのだから仕方ないな。

 

 で、アカデミーではそれでいくとして……

 自習は必要だろうな。

 絶対にここでやるのは基礎だろう。

 だが俺はそんなもので満足などしない。

 精神年齢はかなり行っているからな。

 

 ……しかし、そんな資料は隠されているだろう。

 一人暮らしになる際も引っ越しを強いられたくらいだしな。

 ダメかも知れぬが、空に頼み込んでみるか…………

 

 

                  次ページ:邂逅

 

 

 

 *相変わらずのガロ。

  というか、怒ってますねぇ。

  支配者として、教育体制が嫌のようです。

  まぁ、開き直ったようですがね。

  さ、次行こう。

 

 


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|