天空神ランサー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神姫エウロパに付き従った鉄の巨人『真機神』の一人。
伝承によると鳥の様に天空を翔け『両手に鉛の弾を放つ不思議な槍』を持って邪悪なる機神とその下僕たちを次々と薙ぎ倒していった軍神とされている。

考古学者の間では『不思議な槍』=『ショットガン』の事ではないかとされており、現実5年後には邪悪な機神たちに対抗するために銃器が発明されたと言われているので、可能性は高いとされる。

その遊侠ながらも奮迅する姿から傭兵に好まれ、『ランサー』の異名を名乗る者が結構多かったが、その殆どが名前負けしている程度の力量しか持ち合わせていないのが現状で現在ではその風潮は薄れてきている。