スキュラ・システム、タイプ『B』(バロック)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アマデウス・バロック博士が開発・考案したスキュラ・システム。
エリザベートのやり方自体に不満はあったものの、彼自身もスキュラ・システムの能力はマリ・コネの戦力増強に必要と考えていた事と、彼女の非人道な同システムに対抗するための手段として生み出された。
Gタイプとの大きな違いとしては、そのシステムを索敵機能と無線兵器管制に限定している事。
ただし、クルセイド・タイプのみは切り札として使うエリクシル・コンバータを追加しているが、彼の配下の中でももっとも高い精神力を持つシオン・クランが使用、加えて彼女の精神状態・健康状態を保護するため、メインパイロットを兄のリオン・クランに分担しシステム担当者の負荷を極限まで下げる事を大きく考慮している。