※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

480 :名無しさん(ザコ):2014/06/30(月) 01:37:51 ID:aF3zSTOE0
   ガクセイバー(流星機ガクセイバー)
   機体性能やパイロット性能だけをみるとスーパーロボットとしては弱い方に入る
   しかし8人乗りという強烈な利点でその弱点を補うことが可能になっている
   分離も可能だが分離するとほぼカカシなのでここでは説明しない
   あとコミック版等の青バージョンは全く違った機体なのでこれも説明しない事とする
   
   
   機体性能を見てみるとHPこそ高いが低装甲低運動性であり
   HP回復を持っていることを差し引いてもかなり脆い
   移動力は空陸3とLサイズスーパー系としては並レベルか
   武器はパイロットの想像した武器を生成するという原作描写に合わせて
   多種多様な武器とその全てがEN制というのが特徴、しかもENは無改造で300もある
   武器の種類が多いだけあって半分くらいは死んでいるが
   消費10で2P縛+20のセイバーリボンや2000射程1のセイバーサーベル
   気力110で1900射程4消費20のセイバーボウなど使い勝手の良い武器に
   消費は160と非常に重いが2400射程3M扇L2のグラビトンストーム
   消費70で3100射程4のオーロラストームなどの大技も所持している
   
   そしてこのロボ最大の売りであるのが8人のパイロットである
   精神時代のデータなので2.0以降実装のSPは無いものの再動挑発祈り脱力を1~2人が持っている
   ただし8人いるとはいえ戦闘用と補助用のSPの配分には注意が必要である
   最大の長所であるSPの配分がこのユニットの価値を決めると言って過言ではないのだ
   ちなみに8人全員にパイロット性能が設定されているが乗り換えそのものがシナリオ制御だし
   原作メインの吉村学以外は長所以上に短所が気になるので平凡な吉村学メインで問題ないと思われる
   
   総合して機体性能的には物足りないしパイロットも微妙だが
   8人もいるという点を活かしたSPで出撃枠を確保する機体だと言える
   強化パーツをつけるのなら移動面とEN回復、命中強化と言ったところだろうか