※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

290 :名無しさん(ザコ):2014/05/01(木) 20:20:15 ID:ExsCIVhY0
   読んだの昔過ぎてうろ覚え
   
   裾野の森のレニフィル(レニフィルの冒険)
   本作のヒロインであるエルフ少女。
   回避型の砲台ユニットであり、威力1300射程1-4弾数24の弓矢による遠距離攻撃がメインとなる他、
   必殺技ポジションとして六本撃ち(弓矢と弾数共有。威力1700射程2-4弾数4)が気力105以上で使用可能になる。
   他にも無消費の小剣や1-2Pのフラム(火炎の魔法)も使用可能だが、後者は「後」属性であるため、
   武装としての使い易さがそれだけで台無しになっている上に、レニフィルの射撃(魔力)が118と致命的に低く、
   使い物になるとは言い難い。
   搦め手として防御力低下魔法であるハウロが使用でき、これは「劣L3」属性でCT+10となかなかの性能。
   …なのだが、射程1-3の全方位マップ兵器であるため、迂闊に使用すると味方を巻き込んでしまう(劇中でも
   初使用時に敵ごと主人公を防具解除=全裸にした)のが困りものである。
   基本的には前述のように砲台として運用し、隙あらば六本撃ちにSP幸運を重ねて資金をいただくのがベターか。
   エルフの基本能力として林や低木の地形適応を持っているので、そこに陣取って回避力を少しでも高めておこう。
   
   裾野の森のレニフィル(月のティアラ)(レニフィルの冒険)
   上記の形態からの変形で移行可能な状態。マジックアイテム「月のティアラ」を装着した状態で、これによって
   ダークエルフの魔法(SRCでは闇属性の遠距離攻撃)を吸収することができる。
   能力としては闇ダメージ減少のフィールドLv2と広域フィールドLv1であり、発動時にENが5~10回復する。
   闇属性武装を持つ敵が多い時には便利な形態だがそれだけではなく、射撃強化Lv4により魔力が138まで強化。
   更にフラムから後属性が外れている上に、即属性のドルドル(劇中では変身魔法)が使用可能になっているため、
   通常形態よりもザコ退治がやり易くなっている。また、合体攻撃も二種追加されているため、火力が大幅に向上した。
   …と、ここまで聞くと単純強化なのだが、インクルードによって「3マス以内の味方は闇属性攻撃使用不可能」
   と言う処理がされている。そのため、下手に発動させると味方(同フォルダのシルカとか)が弱体化するので注意。
   尤も、出撃メンバーを選べば単純強化なので、編成次第では常時こちらの形態にしておいても構わないだろう。