※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

estel 6
エステル6

43
xed rens, estel naon faxes main e veid. sae ik frem a lu s'ent, iosik amox lu.
エステル=ナオンは言葉もなくヴェイドの体を抱きしめていた。紗枝はゆっくりと彼女に近づき、隣で膝立ちした。
@#estel`
「……エステル」
@#`
「……」
@#pentant#mil non vanot vil dyussou veid`
「……ごめんなさい……ヴェイドさんを守れませんでした」
alwik@twa vanot s'enz lu siina, sae`
首を振って「あなたは精一杯やってくれたわ、紗枝」
@qm#mon non et avelant, tet xink non et diasomt xav`
「ん……私は死神だけど、実はその中でも夢織という存在なんです」
@tu et to?`
「それはいったい?」
@diasomt alxa fit fia e ladia l'el lfis sen ka. ol tyu lax dia, xom non sols tyu ikn ok dyussou kleet se nil, fien tu et diana#`
「夢織は、人が生きていられる夢の叶う世界を作り与えます。夢でいいなら、クレートさんと幸せに生きるようにしてあげられます」
@alfi#tu et fia e fie seet?`
「それって……嘘の世界なんでしょ?」
@ya, mon tu et fie niit tisse. tet ren lotil lfis alnod tur, estel. tu fia fuo xiit tyu a lfis kin tattaen lu yun yula t'avelant`
「はい、確かにそれは優しい嘘です。でもこれからの生活を考えてみてください、エステルさん。この残酷な世界は、死神の燈のようにあなたを彼のいない辛い生活にいざないます」
estel kuok se lis.
エステルは小さく呟く。
@fie niit#az fia xiit#xan`*7
「優しい嘘と……冷たい現実……か」
@tyu lax welB estel naon`
「どちらを望みますか?エステル=ナオンさん」
sae fremor sex a luut. tal sex luut somtik rens sa 1 larmelfi e sex serip e sae.
紗枝は彼女の唇に近づいてゆく。だが紗枝の湿った唇1センチ手前に迫ったところで、エステルの唇は言葉を紡ぐ。
@teere, sae. xel nolte e nainlizno t'arbazard, estel naon til na fan/vien tisse`
「結構よ、紗枝。エステル=ナオンはアルバザード警察庁の警部なんだから、心は強く持たないとね」
sae myuok sex, sinsik asex a lu.
紗枝は唇を離して微笑んだ。
@nee sae, non xilhi vil la avelant, xiki emi. on tu fia, lala la et to#?`
「ねぇ紗枝、わたしはあの詩姫とかいう死神が許せない。いったいあいつは何者なの……?」
@haas non oktat, la fian teu xiki et camia e xuuze tisse. la kyot nan et amel noan im ses, despat alhaik teu kaan noan`
「伝えた通りです。あの詩姫という子はシューゼの腹心で、かつて私の妹の振りをして、父のアルハイクを封印しました」
@twa#miva t'alhaik#seet`
「あなた……アルハイクの娘……ね」

44
@xink, non et almiva luut. non at lan tio. im xiki vandat papa, la fait ra lenan ento papa miyu lax non al avelant, veil non vort mil fai`
「実は、私は義理の娘なんです。私は昔はただの人間でした。詩姫はお父さんを襲ったとき、家に火をつけ、私は死神にならなければ死んでしまうような状況でした」
@soa e#twa tan tilat lfis kin ter, kok kleet. lu tan tilat lfis kin tisse. lu tilat minti sa akt non, fok miva tan teu xier, est kok al amel nort`
「そうだったの……クレートと同じようにあなたも辛い人生を歩んでいたのね。そう、彼も辛い人生を歩んでいた。わたしに会う前に妻と、わたしの妹と同じ名前のシエルという娘がいたの」
@tyu tilat amel xa?`
「妹がいたんですか?」
@ya, hixn du 3, 29 tea lfis tur. helB le veim yut fenzel alsaal#, la xat veimslak im le sel`
「えぇ、3歳年下で、生きていれば今29歳。あのフェンゼル=アルサールの事件のせいで……、あの日妹は事件現場にいたの」
@soa e#`
「そうですか……」
@xom nor lab miyu se vosk fein lana lados lu. hqq, dina lala es xier tenan et nels eya. aal xier luut le falsat voxfai`
「それ以降、わたしは彼女を弔おうと懸命に働くようになった。はぁ、それにしてもどうしてわたしたちのシエルは不幸なんだろう。特に放火で生き残ったクレートのシエルは」
ter fai, sae halik dapini kont helor amalis e nos.
火と聞いて自分のことを思い出した紗枝は眉を吊り上げた。
@lu xier tan xat veimslak e voxfai mian?`
「そのシエルさんも放火の事件現場にいたんですか?」
@ya, kokko laal luut`
「えぇ、母親と一緒に」
im tu, lanvem le teror xook luutes se seer mozik tu ok elet knoos lex
そのとき、2人の会話を黙って聞いていた青鴉が不思議そうな顔で口をはさんだ。
@saa, miva falsat fai fin laal vort mia?`
「その、母は死んだのに娘は生き延びたのか?」
@ya, tu et knoos, tet xier falsat tu fai xed total vix ter`
「そうなの、不思議なことに、無傷で生還したって聞いてるわ」
sae:tik po@xed vix#? alfi#im ses, xier malenalt falsat voxfai kont tifl laal. see lu setat yu homis xanxa im tu xelt*\?`
紗枝:首をかしげて「無傷で……?つまり……シエル=マレナルトは母を失った放火で生き残って、今月ホミス先生に殺された……?」
@ya, alson nor kaf la`
「えぇ、可哀想にね」
sae xtamik ok elet rana, in lanvem.
紗枝は真剣な表情で立ちあがって、青鴉を見た。
@xiel#`
「ひょっとして……」
@tee, an en na soa`
「いや、違うだろう」
tist@tet, tu et senxan xel veid liizel fitat eri t'avelant lana fonl miva vort, myul papa noan`
小声で「でも、ヴェイド=リーゼルが娘の死を忌んで死神の血を与えたというのはありえるわ。私のパパのように」
lanvem pio sae afrem tems.
青鴉は窓のほうへ紗枝を連れて行った。

45
@tu et alaxma. veid liizel mit ra im diret. son la alkat vil miva im tu. xier malenalt vortat s'aluut atu`
「論理的におかしいぞ。ヴェイド=リーゼルは放火があったときに家にいなかった。娘を助けることはできない。シエル=マレナルトはその場で死んだはずだ」
@tet#papa sot non sete?`
「でも……なら私のパパは?」
@tu et mesa enk, sae. tea xier malenalt emat avelant im tu, homis set vil la onna?`
「状況が違う、紗枝。仮にシエル=マレナルトがそのとき死神になっていたとしたら、ホミスは彼女を殺せないはずだ」
tal sae nav se xal loal e nos.
それでも紗枝は自分の推理にこだわった。
@son#tu et akB xel veid fitat seles e nos a miva le vortat mil voxfai`
「なら……こういうのはどう?ヴェイドは放火で死んだ娘に自分のセレスを与えたとか」
@hqn? ol soa, son ala es veid lfisat alkalt liset. la lfisat xed seles teal?`
「は?それならついさっきまでヴェイドはどうやって生きてきたんだ。セレスもなしに生きてきたというのか?」
in estel l'enar, sae tistik tu a lanvem lex
紗枝は泣いているエステルを見て小声で青鴉にこう言った。
@xom non asm lan xe a tyu lex, kaat seles e veid liizel xat am?`
「なら逆に聞くわ。ヴェイド=リーゼルのセレスはどこにあったの?」
@tu eks to?`
「どういう意味だ?」
@lena jales papa arat injin a xe, tet xiel, la aremat xe nonno?`
「私たちはパパが転生したと決め付けつけていたけど、憑依していたという可能性はない?」
ter tu, lanvem evik las a kuo.
青鴉は口に手をやった。
@ol arem, tu eks main e veid liizel tilat ta seles teu seles e veid liizel lunan/seles t'alhaik#nonno?`
「憑依したとするなら、ヴェイド=リーゼルの体は彼自身のセレスとアルハイクのセレスの2つのセレスを持っていた……どう?」
@#haan. kul tiil or#axma ter`
「……なるほど。お前の推理も……信憑性を帯びてきたな」
ok elet lek, lanvem kots di amen.
青鴉は混乱した表情で眉間をこつこつと叩いた。
@alfi, veid liizel fitat seles t'alhaik a miva le vortat ka fai lana fort lu#@lanvem nak hap@son tu eks seles le xiki sif veitat sa liset et#!`
「つまり、ヴェイド=リーゼルはアルハイクのセレスを火事で死んだ娘に与えて蘇生した……」青鴉ははっとして「とするとさっき詩姫たちが奪っていったセレスは……!」
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|