|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メインショー1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メインショー DVD書き起こし



『「炎のマジックシアター」では、8人の俳優が主役のコージを演じ、185日間の会期中、5400回を越える公演を行った。』

ステージ裏(スクリーン裏)ジャケットを着て、頭をポンと叩くコージ(長縄コージ?)

燃八「ほほほほ、入ってる入ってる。いひひひひ」
久保木コージ「うわぁ、お客様がいっぱいだぁ。うわ~もぅお師匠は来ないし。」
マジック道具を点検するコージ
燃八「お集まりの紳士、淑女の皆様」
久保木コージ「ぅえ?!」
燃八「大変長らくお待たせいたしました。ファイヤーマジックショー、はじまりはじまりー!」
久保木コージ「うわー誰だー!?勝手にそんなことをー」
燃八「イッツ ショータイム(久保木コージ「ぅぁー」) レディース エン ジェントルマン ヒヤカム ザ "ダイマジュツシ" ヒヤーカム ザ "ダイゲン・ホムラ" ザ・ファイヤー ザ・ファイヤー ザ・ファイヤー ザ・ファイヤー マジックショー!」
久保木コージ「よし、もうしょうがなーい!!」
マジック道具の箱を押してはけるコージ
ステージ幕が上がる

ー入れ替わり

河田コージ登場
お辞儀→手品スタート
「フリント ファイヤー フー」の掛け声と共にロウソクに火を付ける→失敗→チャッカマンで火を付ける
ステッキを火にかける→ピンクのハンカチに消える
1本のヒモを燃やす→黄色いハンカチが出てくる→ハンカチを左手に入れる→手からハンカチが消える→帽子から黄色いハンカチが出てくる
燃八「やるなぁ、コージのやつ。ちょっと見ない間に随分と腕を上げたか?」

ー入れ替わり
久保木コージ、黄色いハンカチを燃やしてステッキを出す。
ロウソクの火を消してお辞儀。
久保木コージ「あ!見える、見える!!今、皆さんたちの周りに炎の種が浮かんでいます。今からそれを貰いに行っちゃいます」
客に絡む久保木コージ「こんにちは、ちょっとそのままで。皆さん!ほら、ありました。(客に向って)ありがと。
(別の客に向って)あ、ちょっと失礼します。おでこにホラ」
炎の種を取っていくコージ
久保木コージ「ありました。ありがとうございます」

ー入れ替わり
園田コージ「さぁ皆さん、今ここに小さな炎の種が集まりました。 今度はコレを(ステージを指す)向こうまで飛ばしたいのですが、それには皆さんのお力をお借りしたいんです。」
燃八「なに?!」
園田コージ「この炎を飛ばすには、秘密の呪文が必要です。それは『フリント ファイヤー フー』これを僕と一緒に唱えて、一斉に吹いて欲しいんです。その力で炎が飛びます!!
では行きますよー!フリント ファイヤー フーー...あっ」
燃八「言わねーっつうの」
園田コージ「みなさーん、何で一緒に言ってくれないんですかぁ」
燃八「くわぁー日本人はノリ悪いね」
園田コージ「じゃぁ、はい!呪文が分からないという方いらっしゃいますか?(手を挙げる園田コージ)」
燃八「大体さぁ、お客さんに物頼むか?普通」
園田コージ「フリントファイヤーフー、大丈夫ですね?大丈夫ですね?」
燃八「コージお前もまだまだだねぇー」
園田コージ「よーし、じゃぁ『せーの』でいきます!!」

ー入れ替わり
宮瀬コージ「せーの、『フリント ファイヤー フー!』 うわぁー、皆さんありがとう!ほら炎が飛びました!ご覧下さい、炎の輪舞です」
曲が流れ、燃八のヒゲに炎が燃え移る
燃八「アツ、アツ、アッツ!私のトレードマークが!!」
スクリーン裏で踊る宮瀬コージ
宮瀬コージ「さぁ出て来い! 炎の妖精たち!」
妖精がスクリーンに映し出される
宮瀬コージ「うわぁ~」
コージの座っている椅子が浮き上がり驚く
宮瀬コージ「え?!うわ~」
ホットブックを閉じ、椅子から降りてポーズを決める

ー入れ替わり
矢野コージ「♪指先ひとつで 炎のいのちが めざめる きらめく ぼくはマジシャン! それ!」
ー入れ替わり
矢野コージではあるがホットブックを持ってない
「♪ 歌え 踊れ 空を舞え」
ー入れ替わり
ホットブックを持ってない宮瀬コージ「♪美しく描け さぁ地上のオーロラー」
ー入れ替わり
ホットブックを持ってない矢野コージ「♪フリント ファイヤー フー ほら思いのままさぁ」あははと喜ぶ
ー入れ替わり
ホットブックを手に持った矢野コージ「♪ほら思いのままさぁー」
矢野コージ「あはは...あれ? あれ?どうしたの? あー!ちょっと待って、行かないでよ!! あれ?うわー!」
手に持ってたホットブックに火が付く、慌てて本を閉じ火を消す
矢野コージ「あらららら...本が... あれ?」
妖精を探すコージ

ー入れ替わり
しゃがんでた久保木コージ、立ち上がる
久保木コージ「消えちゃった...なんで?!」
慌てて炎の種を集める棒を取りに行く
久保木コージ「フリントファイヤーフゥ、フリントファイヤーフゥ...あれ?付かない...付かない。
あ!?お客様すいません、今ちょっとした手違いがありまして。ショーを続けます!」
燃八「何だよコレ、もう飽きちゃったよ。ねぇ」
気を取り直して呪文を唱える久保木コージ
久保木コージ「フリント ファイヤー フー!」
炎の種が一つ付くがすぐ点滅する
久保木コージ「あ!付いた...あれ?消えそうだ。あ、お客様」

ー入れ替わり
宮瀬コージ「この火をちょっとフーフーフーと吹いてもらえますか?」
燃八「それじゃぁ消えちゃうじゃん」
炎の種を客に吹いてもらうが、消えてしまう
宮瀬コージ「あ、消えちゃった」


メインショー2へつづく