+ セリフ一覧
Grand summon
召喚 「アサシンのサーヴァント、佐々木小次郎。
 ここに参上つかまつった」
Synthesis
レベルアップ 「ふむ……男前が上がったかな」
霊基再臨 1 「月見に一杯。いやぁ、実にめでたい」
2 「太刀捌きに幅ができたようだ」
3 「涼やかだな、マスター」
4 「剣気、精妙に達し申した。礼を言うぞマスター。我が剣、存分に使うがいい」
Battle
開始 1 「では、果たし合おうぞ」
2 「落としがいがある首よ」
スキル 1 「さて……仕掛け時と見たが如何に」
2 「石火春雷……一刀にて証を示す」
コマンドカード 1 「承知」
2 「ふっ……」
3 「心得た」
宝具カード 「ここが勝負どころよな」
アタック 1 「ふっ」
2 「はぁっ!」
3 「遅いな」
エクストラアタック 「見せ所よな!」
宝具 「秘剣『燕返し』!」
ダメージ 1 「何と……!」
2 「ちっ」
戦闘不能 1 「あっけないものよ……」
2 「不覚をとったか……」
勝利 1 「一念鬼神に通じる。人の身と侮ったな」
2 「刀身に歪みなし、まったくの無傷であった」
My room
会話 1 「そろそろ出立かな。こちらの準備は出来ているぞ」
2 「不満はないのか、と? これといって誇る武も無し、マスターの指示に従おう」
3 「私の事は、刀の一振りとでも思ってくれればよい」
4 「何の因果か…またあの女狐と縁があるとは。しかしキャスターめ、いささか……いや、別人の様に変わってはいないか? うーむ、言いたくはないが……可憐だ」(メディア〔リリィ〕 所属)
5 「いや、拙者は真の小次郎ではないゆえ、彼の剣聖殿と出会うたことはないのだが……事実は小説より奇なりというやつか。手合わせをしたいような、したくないような……」(宮本武蔵 所属)
好きなこと 「求めるものか……日がな一日、刀を振るっていれば満足だが」
嫌いなこと 「何を嫌悪するか、と? 醜悪なものは見るに堪えん。姿ではなく、心の話よ」
聖杯について 「聖杯……月見には大仰過ぎる杯よなぁ。 髑髏 (しゃれこうべ)の方がまだ気が利いている……」
Lv.1 「佐々木小次郎と名乗りはしたが、さて。これが拙者の真実かどうかは自分にも判らぬのだ……いやぁ、刀に命を捧げた酔狂者らしい末路よな」
Lv.2 「マスターに不満はないぞ? 其方には、魔術師特有の驕りが無い。私にはそれが好ましい」
Lv.3 「某も自由人の自覚はあるが、主殿もなかなよなぁ。世界を救うという使命を背負って尚、軽やかとは。 いや良い、実に良い」
Lv.4 「道具には道具の幸せがある。私は人間としては破綻している身ゆえ、其方の様な者に使われるのは心地よい」
Lv.5 「どうだ、たまには月を肴に酒盛りでも……なに? 未成年? まだ飲めない……? それはしたり。ではあと数年、気長に待つとしよう。それまでこの小次郎、其方の守り刀としてあり続けるさ」
イベント開催中 「む……尋常ならざるこの気配!」
誕生日 「今日が主殿の祝い日であったか。良き一日であると良いなぁ」