※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アナザー1「突発的思考能力の危険性有り」
「はぁ、『海洋の星』ねぇ。」

見渡す限りの海。目の前に島一つないという辺鄙な環境に飽き飽きしてきている。

私?私の名前は「アズライト」。ツインテールの青緑色。

私がこの船に乗った理由、それは姉のゾイサイトを探すため。

姉が消えたのは1年前。姉も客船『天空の星』に乗ったまま行方を暗ませた。

怪奇現象だとなんだのと叫ぶ大人にうんざりだった。そんなこと言う暇あったら探せと言いたかった。

別に姉に未練があるとかそんなもんじゃない。ただ単に探したいだけ。

自分勝手で意味不明な行動をとるのが私と姉の共通点。

それと私と姉は双子。一卵性双生児だからきっとすぐに分かる。

私は絶対に姉を見つけて家に連れ戻す。なんとしても・・・。

「お嬢さん、お若いのにお一人ですか?」

妙に大人びたやつが私の後ろから話しかけてきた。

20代後半と言ったところか。いいところももう少しという感じの声だ。

「別に。一人でいることが私にとっての唯一楽になる空間よ。」

「それは寂しい人だ。人といることも楽しいですよ?」

なんだこの男は。なれなれしいな。

「おっと、大事なことを言っていませんでしたね。」

「何?あなたの様な人は大抵ナンパかなんかだと思うけど。」

私が振り向いた瞬間、その男は私に笑いながらこう言った。

「あなたが探している人はきっともう少しで会えますよ。」

「どういうこと?」

そう聞いた瞬間とてつもなく大きな揺れが。

ゆれだした瞬間にその男はゆっくりと消えていく。

「ちょっと!待ちなさいよ!まだ肝心なところを・・・・!」

次の言葉を言おうとした瞬間に暗闇が私を襲った。