育成型


四大資質の1つ、育成が自前で「A」ランクに達している者を育成型と呼ぶ。
「ポケモンを強くする」ことに長けている者。
資質が高いほどレベルが上がりやすく、ポテンシャルの質も高まる。

レベルの暴力は単純かつ、対処法のない原初の理屈。
いかに種族的に強い選手を揃えても、育成が未熟では勝ちの芽は無い。

そのため一定以上の水準を超えると「ブリーダー」が育成するケースがスタンダード。
しかし、自分の手持ち以外への育成ではどうしても伝達に齟齬が発生してしまう。  
なので、ワンランクダウンした育成しか施せない。 

  • 『種族ポテンシャル』
    →『第一階梯』… どんなポケモンでもLv100程度で覚える。
    →『第二階梯』… どんなポケモンでもLv150程度で覚える。
    →『第三階梯』… 基本、育成「B」以上のトレーナーの下で覚える。
  • 「育成:A+」は「得意分野」があることが多く、その「得意分野」に限っては「本来の育成力」を発揮出来る。
    一部育成型が持つ『PTポテンシャル』も、その場合だと与えることが出来る。
  • 極めて高い育成力により、「わざマシン」は選手から抽出される。
  • 高水準以上の育成によって、「特性」は多少の融通は効く。
    「特性」を鍛える育成方法というモノも存在し、高位の育成型の選手には強い「特性」を持つことも多い。
  • 平均レベル帯…
    上級生下位のライン
    田中の壁(育成:AA)
    勝ってる育成型(桂言葉やツナシ・タクト)
    主席&次席、そこそこの育成型(やる夫がここ)
    中堅の育成:Bや勝ってる育成:C
    以下略
  • 「育成:AA」以上
    『極○回避』… 相手の「○」技を低確率で回避する。
    『極○耐性』… 相手の「○」技のダメージを半減する。


育成型… 高いほどレベルが上がりやすい。
C=
B=   『第三階梯』習得可能。
A=
AA=
AAA=
S=

育成:A


育成:A+


育成:AA


育成:不明